『おしりたんてい むらさきふじんのあんごうじけん』トロル

●今回の書評担当者●文信堂書店長岡店 實山美穂

  • おしりたんてい むらさきふじんの あんごうじけん (おしりたんていファイル)
  • 『おしりたんてい むらさきふじんの あんごうじけん (おしりたんていファイル)』
    トロル
    ポプラ社
    1,058円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 祝・テレビアニメレギュラー放送!
 2018年5月に初めてアニメ化され、夏にも新作アニメを7週連続放送し、子どもたちの人気をさらった『おしりたんてい』がとうとうレギュラー化です。

 第1作が世に出たのは、2012年10月。絵本『おしりたんてい』でした。表紙のインパクトは絶大で、ジワジワと感染者を増やし、よみもの『おしりたんてい むらさきふじんのあんごうじけん』が発売されたのは2015年8月。

 本編に少しだけ触れると、ストーリーの冒頭で、女性がおしりたんていの事務所を訪ねてきます。その女性の依頼で、おしりたんていは謎を解いていくのですが、その過程で、依頼の裏に隠された悪事を明らかにします。さて、その悪事とは?......それは読んでのお楽しみ。見どころは、おしりたんていが悪者をこらしめるシーン。名台詞「しつれいこかせていただきます」の後にくり出される必殺技には、悪者だけではなく読者も完敗のはずです。ここで説明しても面白さは全く伝わらないので、本で直接確認して下さい。

 迷路があったり、おしりを探すクイズがあったり、ストーリーを楽しみつつ、おしりたんていと一緒に謎を解いて、伏線を確認するためページを戻ったり、カバー裏まで楽しめるつくりになっています。

 アニメも見ました。毎回録画して、休みと重なったラッキーな日には、テレビのリモコン片手にくぎ付けです。見ている人がリアルタイムで参加できる仕掛けが、たまりません。全国の子どもたちが同じように楽しんでいることを想像すると、店で『おしりたんてい』を買う子どもたちにも仲間意識が芽生えてきます。バスの中で、カバンから『おしりたんてい』を出して読み始めた小学生には、さすがに声はかけませんでしたが、感動しました。

 絵本もよみものもアニメも、順調にファンを増やし続けていくことでしょう。"おしりたんてい"のますますの活躍が楽しみです。

« 前のページ | 次のページ »

文信堂書店長岡店 實山美穂
文信堂書店長岡店 實山美穂
長岡生まれの、長岡育ち。大学時代を仙台で過ごす。 主成分は、本・テレビ・猫で構成。おやつを与えて、風通しの良い場所で昼寝させるとよく育ちます。 読書が趣味であることを黙ったまま、2003年文信堂書店にもぐりこみ、2009年より、文芸書・ビジネス書担当に。 二階堂奥歯『八本脚の蝶』(ポプラ社)を布教活動中。