[前月号へ] [次月号へ]

2013年3月 素うどん湯あたり号 No.357

3月 素うどん湯あたり号 No.357
定価:700円
取次搬入:2013年2月12日
(一部地域では2,3日遅れることがあります)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS
>> ブックサービス

21世紀も、はや13年め。なのに、今日も満員の電車で通勤とは......いつになったら我々は一人乗りカプセルでびゅんびゅん空を飛んで移動できるのか! そうだ、SFの人に聞いてみよう! というわけで(どういうわけ?)、本の雑誌3月号の特集は大森望SFサクセス伝説! なんと生きるSFレジェンド・大森望氏を徹底分解する世界で初めての特集だ。英保未来(本名)はいかにして大森望になったのか、に迫るインタビューから、大森望を作った100冊にお仕事日記、とり・みきのモーフィング漫画に読者のお悩みにずばり答える質問コーナー、さらに岩郷重力から恩田陸まで、知る人しか知らない大森望の裏の顔集に、おじさん二人組の仕事場探検と、大森望一色の29ページ。本誌初!の見開きグラビアにはいったい何が写ってるか、ショックで気絶しないように気をつけて見てくれぃ!

新刊めったくたガイドは矢口誠が二転三転の警察小説『喪失』がすばらしいと絶賛すれば、佐久間文子は七百六十二ページの大部『フリーダム』で読書の醍醐味を堪能! 大森望が鮮やかに未来を描き出す『クラウド・アトラス』に太鼓判を捺せば、関口苑生は『幸』の新しい香納諒一を見よ!と絶叫。間室道子が小池真理子の衝撃作『沈黙のひと』に鳥肌立ちまくりなら、ハマザキカクは洗浄便座の使いすぎに警鐘を鳴らしまくり。そして北上次郎は『展覧会いまだ準備中』の「ザ・本物」が気になって、さあ、どうする? おっと、「ザ・本物」とは何か。気になる人は46ページを開こう!

今月のプロフェッショナルの流儀は、現役ボクシングジムの会長が登場! 百田尚樹の出世作『ボックス!』にクロスカウンターだ。さあ、あしたのためにその1でえぐりこむように打とう。そして今月は古本漫遊男・北原尚彦が襲来。なんと2012年を豆本で振り返る超偏向回顧録だ。10円玉と比べて驚こう。さらに本誌初登場の倉本さおりが江國香織の10冊に迫れば、宮田珠己の読書録はますますひるね優先。吉田伸子が神去村のクリスマスのおいなりさんで「食えばわかる!」なら、西葛西焼肉大将のねぎタン塩は焼き方がわからない! ハードディスクレコーダーの倍速を駆使すれば、気分はすっかりタイムマシン。速読ならぬ速見で時短の本の雑誌3月号で、あしたはどっちだ?

目次

今月の一冊

新旧いろいろ面白本/超大国が作った超人たち 椎名 誠
ひるね優先読書録 宮田珠己
黒豚革の手帖/恥、晒しました 内澤旬子

特集:大森望SFサクセス伝説!

ロングインタビュー/大森望のできるまで
コラム/大森望を語る! 岩郷重力/恩田陸/さいとうよしこ/小浜徹也/北上次郎/堺三保/豊﨑由美
大森望を作った100冊 
読者アンケート/大森望さんに聞きたい!
大森望について私が把握しているたった二つの事柄 とり・みき 
狂乱西葛西日記リターンズ! 大森 望 
大森望@仕事場 齊藤 正 
おじさん二人組、大森氏の本棚を直す!

吉野朔実劇場/占いはお好きですか? 吉野朔実
超偏向豆本回顧二〇一二 北原尚彦
活字に溺れる者/山に登って、小舟を漕ぐ 荻原魚雷
プロフェッショナルの流儀/冷酷で明確な勝負の世界 井上 匡

新刊めったくたガイド

二転三転の警察小説『喪失』がすばらしい! 矢口 誠
『フリーダム』で読書の醍醐味を堪能! 佐久間文子
鮮やかに未来を描き出す『クラウド・アトラス』 大森 望
『幸』の新しい香納諒一を見よ! 関口苑生
小池真理子の衝撃作『沈黙のひと』に鳥肌! 間室道子
洗浄便座の使いすぎにご用心! ハマザキカク
『展覧会いまだ準備中』の「ザ・本物」が気になる! 北上次郎

オーストリア発のサイコスリラー『夏を殺す少女』/穂井田直美
僕にはわからない。/大井潤太郎
安倍晋三の「き」が気になる!/渡邊十絲子
言語をテーマにしたC・ミエヴィルの本格SF/山岸真
分類ごっこ/浅生ハルミン
シマック『都市』のせつない古書価/水鏡子
「すばる」が僅差で押し出し!/榎本文昌
石みたいに硬くてお尻丸出し!?の『ギャートルズ』/津田淳子

トヨザキ社長の「寄らば斬る!」/少し複雑なバーンズの「成熟」 豊﨑由美
百歳までの読書術/背がちぢまった。2 津野海太郎
坪内祐三の読者日記/『名寄岩 涙の敢斗賞』に主演していたのは名和宏だったのか 坪内祐三
連続的SF話/幸せな気分 鏡 明
南の話/ぼくは覚えている  青山 南
吉田伸子の「食えばわかる!」/クリスマスのおいなりさん 吉田伸子
ベストセラー温故知新/ノストラ万博のパビリオン 入江敦彦
日本SF戦後出版史/[日本SFシリーズ]産みの苦しみの巻 高橋良平
山田風太郎の輪郭 円城 塔
とことんブラックな伝説のカルト医療マンガ 風野春樹
ヘリオット先生で心晴れ晴れ! 池澤春菜
あこがれの英国警察博物館ガイド 柳下毅一郎
今月書いた人
今月本の雑誌に遊びに来た人
掲載図書索引

続・棒パン日常/優先度 穂村 弘
三角窓口/謎の古本屋「書肆ひぐらし」店主の真相! 他
子どもの寝てる間に 古幡瑞穂

新・キムラ弁護士のありふれない一日/マインドコントロール2木村晋介 
歩く旅/北京1966沢野ひとし 
江國香織の10冊/ぞっとするほど美しい言葉の力倉本さおり 
後記

[前月号へ] [次月号へ]