『サッカーデイズ(小学館文庫)』

著者:杉江由次

定価626円(税込)

2016年2月5日搬入

やりたいことはただひとつ。 子どもとサッカーがしたい。

 

soccerdays.jpg

父と娘の熱くて愛おしい日々を綴るエッセイ、待望の文庫化。


小学生の娘が入団した、地域の少女サッカーチームのコーチになってしまった父。サッカーは見るのもやるのも大好きだけれど、人にものを教えることは大の苦手という彼が、やがて子どもたちのプレイに夢中になり、仕事以外の時間のほとんどを練習や試合に捧げるようになる。運動が苦手だったはずの娘は、悔しさやチームメイトの信頼と友情を糧に、レギュラーを勝ち取るまでに成長していく──。平凡だけれど時に泣きたくなるほど愛おしい、サッカーをめぐる父と娘の日常を描いたエッセイの文庫化。解説は『オシムの言葉』の著者でジャーナリストの木村元彦氏。


小学館文庫 272ページ 定価(本体580円+税)
2016年2月5日発売

【目次】※「ポジション」と「抗議」は試し読みできるようになっています。カーソルを合わせ、クリックしてください。

soccerdays_mokuji01.jpg

soccerdays_mokuji02.jpg

« 前のページ | 次のページ »