オリコンと楽天ブックスの年間ベストセラー、1位は『一切なりゆき』

文=新文化編集部

  • 一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)
  • 『一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)』
    樹木 希林
    文藝春秋
    880円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

このほど、2019年の本の年間ランキングをそれぞれ発表した。1位はともに樹木希林『一切なりゆき』(文春新書)だった。オリコンが全国書店3982店舗で調べた売上冊数は、123万6291部(集計期間=18.11.19~19.11.17)。樹木さんの関連本では、『樹木希林120の遺言』(宝島社)も4位(44万3820部)に入った。楽天ブックスでは2位から5位に小野不由美「十二国記」シリーズの最新作『白銀の墟 玄の月』の第1巻から4巻がランクインした。楽天ブックスの集計期間は19年1月1日から10月31日。

  • 樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)
  • 『樹木希林 120の遺言 ~死ぬときぐらい好きにさせてよ (上製本)』
    樹木 希林
    宝島社
    1,296円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
  • 『白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)』
    小野 不由美
    新潮社
    737円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

新文化オンラインへ

« 前の記事TOPバックナンバー次の記事 »