『ツァンパで朝食を』

著者:渡辺一枝

定価8424円(税込)

2019年5月15日搬入

チベットに魅せられて30年

 

 87年の初チベット行以来、中央チベットのウ・ツァン、西のンガリ、北東のアムド、東チベットのカムとチベット各地への旅を重ね、チベットの人々の暮らしに触れ、衣食住など形として現れる文化や宗教観や死生観など無形の文化に深い興味を抱いた著者が、30年にわたって撮り続けてきたチベットの風景、人々の暮らしを1冊にまとめたチベット紀行の集大成。

 聖山、聖地から、民族衣装、数々の木工品、石の家に土の家、そしてお茶に明け、お茶に暮れる食生活まで、30年の間に消えてしまった光景やものも含め、現代チベットの現実と歴史を写真で伝える民族学的価値も高い写真集です。

■B5判並製 ■オールカラー280ページ

サイン本の購入はこちら→渡辺一枝さんサイン本

« 前のページ | 次のページ »