[前月号へ]

2019年4月 三色団子くるくる号 No.430

 復刊・復刻が続く昭和の古典ミステリーだがしかし、面白そうだけどいっぱい出すぎて何を読めばいいのかわからない! というわけで本の雑誌4月号の特集は「昭和ミステリー秘宝館」。復刊の立役者・日下三蔵とシンポ教授の昭和ミステリー作家番付を作ろう!対談から、日下三蔵が探し続けている幻のミステリー原稿、小山力也の昭和ミステリー装丁コレクション、芦辺拓が訪ねる"もう一つの幻影城"、そして古書いろどりによる昭和ミステリー古本事情まで、昭和の古典ミステリーが甦る温故知新特集。おっと、忘れちゃいけない、おじさん二人組は逸見三号をゲストに迎え、熱海秘宝館、じゃない、ミステリー文学資料館で黒いトランクに驚嘆だあ!

 新刊めったくたガイドは、小財満がヒトラーが主役の探偵小説『黒き微睡みの囚人』をイチ押しすれば、林さかなは家族を失った著者の七年の歳月にありがとう。大森望がケン・リュウ『生まれ変わり』を今年の翻訳SFベスト1候補だ!と宣言すれば、千街晶之は周木律の「堂」シリーズの堂々完結におめでとう。大塚真祐子が見えない「気付き」を描く長嶋有の短篇集に「気付け」ば、仲野徹はなんともええ感じの『ドライブイン探訪』にしみじみ。そして北上次郎は追い詰められた女たちを描く『DRY』を一気読み。さあ、おじさんが原田ひ香がこういう小説を書くとは思ってもいなかったと驚く傑作とは、どんな小説か。54ページで確認しよう!

 今月は「紋切型社会」の武田砂鉄が図書カード三万円使い放題!に登場。本の雑誌社から徒歩一分の東京堂書店神田神保町店を隅々まで歩いてじっくりお買い物すれば、古山裕樹は特集にも登場・芦辺拓の10冊を紹介。豪華絢爛な探偵小説ワンダーランドにぐぐいっと迫るのだ。そして今月は坪内祐三が読書日記とは別に、大阪の老舗同人誌「文学雑誌」の行末を案じる胸の内を緊急寄稿。読者アンケートが「私の青春の一冊!」なら、黒い昼食会は大手出版社幹部のコメントに怒りの鉄拳! 「本棚が見たい!」は棒パン日常・穂村弘の本棚で、ムーミンから恩地孝四郎まで貴重な古書がびっしりだ。さあ、スギは飛んだかヒノキはまだかいな。花粉症もなんのその、本の雑誌4月号をお供に昭和ミステリー探しに出かけよう!

目次

本棚が見たい!

4月の書店 広和書店/4月の本棚 穂村弘
図書カード三万円使い放題!/隅々まで歩いてお買い物 武田砂鉄
読者アンケート/私の青春の一冊! 
新旧いろいろ面白本/いしいさんの新刊を待っている! 椎名 誠
一私小説書きの日乗/堅忍の章(八) 西村賢太

特集:昭和ミステリー秘宝館

対談/昭和ミステリー作家番付を作ろう! 日下三蔵×新保博久 
幻のミステリ原稿を求めて 日下三蔵 
昭和ミステリーの装丁コレクション 小山力也 
“もう一つの幻影城”を訪ねて 芦辺 拓  
昭和ミステリー古本事情 彩古  
おじさん二人組+1、ミステリー文学資料館に行く!  

『文学雑誌』はまだ続いているのだろうか? 坪内祐三
着せ替えの手帖/スーツが着たい! 内澤旬子
サバイバルな書物/登山の苦労なんてものの数ではない、兵隊さんの逆境 服部文祥
黒い昼食会/大手出版社幹部コメントに怒る!
私がロト7に当たるまで/石ころ大躍進 宮田珠己

新刊めったくたガイド

ヒトラーが主役の探偵小説『黒き微睡みの囚人』を推す! 小財 満
家族を全て失った著者の七年の歳月 林 さかな
ケン・リュウ『生まれ変わり』は今年の翻訳SFベスト1候補だ! 大森 望
周木律の「堂」シリーズいよいよ完結! 千街晶之
見えない「気付き」を描く長嶋有の短篇集 大塚真祐子
なんともええ感じの『ドライブイン探訪』 仲野 徹
追い詰められた女たちを描く『DRY』がいいぞ! 北上次郎

北アイルランドの刑事ショーン・ダフィが密室に挑む!  宇田川拓也
国内海外超大物のガチンコ勝負だ! 内田 剛
福嶋店長との勉強会 坂上友紀
ワッツから中国SFまで注目翻訳短篇集がずらり! 山岸真
幸せふりまく『スキップとローファー』 岡部 愛
古着とサブカルの街で“北原案件”をゲット! 小山力也
堤清二から堤康次郎へのミラクルジャンプ べつやくれい
「日経おとなのOFF」で笑って健康になる! 原カントくん

モーター文学のススメ/16号沿いの逃走 速水健朗
マルジナリアでつかまえて/驚きの痕跡に驚く 山本貴光
ユーカリの木の蔭で/言葉の嬉しさ 北村 薫
坪内祐三の読書日記/毎日新聞の「たけくらべ」についての記事はサギだと思う 坪内祐三
連続的SF話/鉛筆と手書き原稿 鏡 明
南の話/これは小説です 青山 南
そばですよ/天の助け、ひとの情け。見えない力が背中を押した。 平松洋子
鬼花──鬼刑事・花篤好美/夕陽のワンマン 中場利一
味覚の錯覚 円城 塔  
お久しぶりです 江部拓弥 
詩で、死を知る 石川美南 
息子を亡くした母の歌 風野春樹 
ホリイのゆるーく調査/続・ジャンバルジャンはどれぐらい出てこないか 堀井憲一郎
神保町物語/北風のビートルズ 沢野ひとし
芦辺拓の10冊/豪華絢爛な探偵小説ワンダーランド 古山裕樹

続・棒パン日常/つけ麺と漫画 穂村 弘 
三角窓口/大喜利を発明したのは立川談志だった!? 他
今月の社食 橋本 恭 

今月書いた人
今月本の雑誌に遊びに来た人 
掲載図書索引
後記

[前月号へ]