今月の本の雑誌

12月 カレー蕎麦ダブル号 No.426
最新号:『本の雑誌2018年12月 カレー蕎麦ダブル号 No.426』
特集:理系本は面白い!
ロボットばかりが科学じゃない! というわけで、本の雑誌12月号の特集は「理系本は面白い!」。円城塔と山本貴光の理系本百冊真剣対決対談から、数学、生物、宇宙にコンピュータと、読んで面白い理系本をどーんと紹介する初心者向けガイド、さらに読者の好きな科学書まで、科学と理系をめぐる冒険…
2018年11月12日搬入
»バックナンバー »定期購読について »アンケート・三角窓口WEB投稿フォーム

本の雑誌社の最新刊

『一私小説書きの日乗 新起の章』西村賢太
昼に起き、サウナで身を清め、新作の執筆にいそしむ。行きつけの酒場で酒を呑み、編集者と打ち合わせ、宝焼酎で晩酌をする。編集者との衝突・軋轢、友とのいさかい。時に怒り、時に後悔する。 愚直にして含羞の作…
2018年11月19日搬入
『そばですよ』平松洋子
食文化エッセイの第一人者、平松洋子がいま一番興味のあるテーマのひとつ「立ち食いそば」に正面から挑む!歴史ある名店からニューウェイブ店まで、東京の東西南北26軒の立ち食いそば店を訪ね、つゆの香りをかぎ、…
2018年11月12日搬入
『昼夜日記』坪内祐三
「本の雑誌」の好評連載「坪内祐三の読書日記」に「小説現代」連載の「酒中日記」が合体!  2011年4月号の「読書日記」からスタートし、日付が重なる2014年5月から2016年7月までは、上段を昼の…
2018年10月1日搬入
『投壜通信』山本貴光
本とともに暮らす好学の徒が案内する、めくるめく本の世界。ドリトル先生や数学など多彩なテーマから広がるブックガイド、10年の時を経て堂々完成の思想誌クロニクル、一味違う稲垣足穂論に珍しく自身を綴ったエッ…
2018年9月3日搬入
『文藝春秋作家原稿流出始末記』青木正美
 昭和43年(1968年)。池袋西武百貨店の古書市に二百点を超える作家の自筆原稿が出品された。大江健三郎、安部公房、江戸川乱歩、川端康成、井上靖、遠藤周作などなど、錚々たる作家たちの自筆原稿が一堂に会…
2018年8月20日搬入
»バックナンバー »著者別一覧 »電子書籍一覧

連載

「目黒考ニの何もない日々」

「目黒考ニの何もない日々」 目黒考二

笹塚から町田に引越しをした目黒さんの悠々自適なご隠居ライフ!?

最新日記:「9月27日(木)「競馬ワンダラー」をもう一度」 2018年9月27日更新

「帰ってきた炎の営業日誌」

「帰ってきた炎の営業日誌」 杉江由次

本の雑誌社のひとり営業マン、杉江由次の炎の営業&サッカー&etc&&&&&…日誌。娘よ、息子よ、父ちゃんは今日も頑張るぞ。

最新日記:「10月15日(月)」 2018年10月16日更新

あとりえ沢野

「あとりえ沢野」 沢野ひとし

沢野ひとしがなんの前触れもなく編集部あてに送ってくる絵手紙の閲覧室です。書いてあることについては、まあわかるものもあり、いったいどうリアクションを?というものもあり・・・。

最新日記:「2016年9月30日006」 2016年9月30日更新

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

85年秋、大学4年のオレは、ようやくサン出版の内定をもらった!配属先は「オタク文化」の雄として輝いた雑誌「投稿写真」編集部だった。

最新日記:「第99回(最終回)」 2017年6月1日更新

「助っ人虎の穴日誌」

「助っ人虎の穴日誌」

本の雑誌社の助っ人(アルバイト)達が雑誌社の内情を暴露…え?そんな恐ろしいことは出来ません!?

最新日記:「8月24日(月)」 2015年8月26日更新