『文庫本は何冊積んだら倒れるか』

著者:堀井憲一郎

定価1728円(税込)

2019年9月25日搬入

ホリイのゆるーく調査

 

そんなこと調べてどうするの?!
誰も驚かない驚異のレポート!

本にまつわる役に立たないことをゆるーく調査する。

■四六判並製 ■272ページ

〔目次 調べたこと〕

●文庫本は何冊積んだら倒れるか
●『坊っちゃん』のしおりは何Pに挟まっているか
●ハヤカワ文庫と講談社文庫のすきまに住めるのは何か
●いろんな文庫本をハダカにしてみた
●うろおぼえのベスト10
●川端さんの文庫解説を奮発したのはだれか
●文庫カバーの長さは一尺三寸である
●未読の悪魔はどれくらいで取り憑くか
●小説をめちゃ速読してみる
●50年前のSFベスト10を途中まで読む
●新潮文庫15年の作家の違いを眺める
●必殺ホリイの文庫棚歩数測り!
●『吾輩は猫である』を注だけで読む!
●文庫の解説はいつ読むのか
●サガンさんは今どうしているのか
●人は一年に何冊本を読むのか
●文庫を左手だけで読んでみる
●文庫本のてっぺんから背表紙の一番上の文字までを測ってみる
●筒井康隆文庫の古書価を調べてみる
●岩波文庫の緑メンバーの生年を調べてみる
●岩波文庫〔緑〕の欠番を調べてみる
●ノーベル文学賞作家をどれくらい読んだか
●昔の小説の横文字を調べてみる
●海外古典名作の書き出しを調べてみる
●名文をパソコンで書き写してみる
●名作の段落を数えてみる
●名作をどこまで嚙まずに音読できるか
●新旧ボヴァリー夫人の変化を追う
●ノーベル文学賞の高齢受賞者を調べてみる
●詩人はどれだけ文庫に入っているか
●本屋大賞受賞作は100gいくらか
●小説家は何歳くらいまで生きていたのか
●作家の名前はどの文字から始まるのが多いか
●講談社現代新書で生年を明かしていないのは誰か
●『我が心は石にあらず』に書き込まれた難読漢字印
●100年で漢字率はどう変わったか
●芥川龍之介賞は何色がよく取っているのか
●タイトルと印象の違う小説を読んでみる
●ドストエフスキーの値段を調べてみる
●『細雪』を副音声解説付きで読む
●英米日姉妹物語を読んでみる
●70年代京都の書店を懐かしむ
●名作文庫の上下巻の部数を比べてみる
●長い名作文庫の各巻の部数を比べてみる
●『流転の海シリーズ』で死んだ人を数える
●名前が覚えられない『悪霊』の登場人物
●週刊少年ジャンプで打ち切られた漫画を顧みる
●新書のタイトルの長さを調べてみる
●ジャンバルジャンはどれぐらい出てこないか
●続・ジャンバルジャンはどれぐらい出てこないか

« 前のページ | 次のページ »