『記憶の放物線』

──感傷派のための翻訳小説案内

著者:北上次郎

2003年6月25日搬入

定価 2,052 円(税込)

──ああ、また思い出してしまった。

 
海外の小説に描かれた何気ない場面に
忘れていた若き日が蘇り、
育ちゆく二人の息子に思いを馳せる。
新ブックガイドエッセイ集登場!

« 前のページ | 次のページ »