『本屋大賞2007』

著者:本の雑誌編集部(編)

2007年4月5日搬入

全国の書店員が「いちばん!売りたい」本に選んだのは!?

 

☆2005年12月から2006年11月までの1年間に刊行された日本の小説の中から、全国の書店員が「いちばん!売りたい」本に選んだのは──佐藤多佳子『一瞬の風になれ』!!

↓↓↓本屋大賞のホームページはこちら↓↓↓
http://www.hontai.or.jp/

0704_image.gif

  第1回小川洋子『博士の愛した数式』、第2回恩田陸『夜のピクニック』、そして第3回リリー・フランキー『東京タワー』と続いてきた本屋大賞は全国の書店 員が投票で決める「いちばん!売りたい本」。その第4回の大賞受賞作は、佐藤多佳子『一瞬の風になれ』に決まりました!

  今回の参加書店員は1次投票317書店405人、2次投票273書店359人でいずれも過去最多。本の雑誌増刊『本屋大賞2007』では、佐藤多佳子さん の受賞第一声と合わせて、その全国書店員のおすすめコメントを一挙に掲載します。恒例の「発掘本(オールタイム推薦部門 書店員レコメンド)」コーナーの ほか、村上春樹や宮部みゆきなどをとりあげた「書店員がすすめる人気作家はじめに読むならこの本」など、ブックガイドとしても楽しめる、本屋大賞完全網羅 の一冊です!!

« 前のページ | 次のページ »