『放っておいても明日は来る』

就職しないで生きる9つの方法

著者:高野秀行+とんでもない奴ら

定価1470円(税込)

2009年11月18日搬入

就活学生を癒した伝説の講義がついに単行本化!
辺境作家・高野秀行の"類友"対談集

 
辺境作家・高野秀行が組織に属さず独自路線を歩むゲストと、とんでもない生き方について語り合います。

就職するはずのマレーシア空港についたら会社がなかったり、ダイエットのつもりで始めたキックボクシングにハマって、タイでプロのムエタイ選手になってしまったり、赴任した先は拳銃もライフルも自由に売っているとんでもないところだったりと、もう我々と同じ世界に住んでいるとは到底思えません。

しかし世間からドロップアウトしているように見えるひとたちが、その落ちた先で見つけたのは、あまりに自由な生き方でした。

唖然呆然大笑いの対談集。エッセイとしては勿論、究極の就活本(???)としてもお楽しみ頂けます!

■目次■

はじめに/高野秀行


  1. 好きな"場所"を仕事にしてみる/二村聡(開発に頼らないジャングルのビジネスを●マレーシア)VS高野秀行
    • コラム:夢はたくさんある方がいい 高野秀行
  2. 人生、何事も結果オーライ/下関崇子(本場でプロのムエタイ選手●タイ)VS高野秀行
    • コラム:負けても楽しい、という感じ方 高野秀行
  3. 情熱は案外身近なことで燃やせる/井手裕一(地元発の映画プロデュース●沖縄)VS高野秀行
    • コラム:懸命に伝え続けられる才能 高野秀行
  4. 危険でもとにかく真っすぐに進む/金澤聖太(辺境ツアーの現地手配業●ミャンマー)VS高野秀行
    • コラム:アジア辺境パックツアー・イン・SHIBUYA!! 高野秀行
  5. 楽しいだけだとつまらなくなる/モモコモーション(多国籍バンド/サウンドクリエイター●タイ)VS高野秀行
    • コラム:クリエイティブワークを世界に解き放つために 高野秀行
  6. こりない思い付きこそ人生そのもの/黒田信一(作家/ライター/カフェ経営●ラオス)VS高野秀行
    • コラム:形式張らなさが魅力のカリスマ 高野秀行
  7. チャンスは「面白そうじゃん」の方向に/野々山富雄(ネイチャーガイド●屋久島)VS高野秀行
    • コラム:ワイルドマンの極めつけに平凡な夢 高野秀行
  8. スタートはいつだってゼロからである/姜炳赫(翻訳エージェント●韓国)VS高野秀行
    • コラム:ほがらかでハングリーな、魂 高野秀行
  9. 「絶対無理」の七、八割はどうにかなる!/高野秀行 作家/講師

あとがき 高野秀行

« 前のページ | 次のページ »