『活字と自活』

著者:荻原魚雷

定価1,728円(税込)

2010年7月12日搬入

冴えない時代を、それでも愉しむ 中央線「その日暮らし」エッセイ

 

◇◇立ち読みページ公開中!◇◇

あわただしい世間の風に揉まれ一喜一憂、それでもマイペースで生きていきたい。東京・高円寺に住む著者が語る、街暮らしのあれこれと読書の日々。昨日は『まんが道』と尾崎一雄の私小説に勇気づけられ、八〇年代のCDを聴き返す。今日は自分で髪を切り、圧力鍋でカレーを作る...。「おそらく今日もまたとくに予定のない日にありがちなことをするだろう。つまり部屋を掃除して、洗濯して、食料品を買い物して、古本屋をまわって、喫茶店で本を読んで、酒を飲んで、家に帰ることになるだろう」(「自然でもなく、必要でもない欲望」より)。そんな日々から生まれたつぶやきが、なぜこんなにも心に響くのだろう。

街で生きるすべての若者たちに送る、冴えない時代を楽しんで生きるヒントが詰まった、フレッシュなエッセイ集です。


※著者サイン本予約は終了しました。

« 前のページ | 次のページ »