80歳の壁 (幻冬舎新書)
大手取次2社の年間ベストセラー、総合1位は『80歳の壁』(幻冬舎)
日本出版販売とトーハンは12月1日、2022年の年間ベストセラーを発表。総合1位は両社とも、和田秀樹『80歳の壁』(幻冬舎)だった。2位は日販が永松茂久『人は話し方が9割』(すばる舎)、トーハンが聖教新聞社「WORLD SEIKYO」のVol.2とVol.3、... >>記事全文
12月1日更新

新文化オンラインへ