• 予約受付中

  • 商品を予約する
    Amazon

『昼夜日記』

著者:坪内祐三

予価2160円(税込)

2018年10月1日搬入予定

昼は読み、夜は飲む!

 

「本の雑誌」の好評連載「坪内祐三の読書日記」に「小説現代」連載の「酒中日記」が合体!

 2011年4月号の「読書日記」からスタートし、日付が重なる2014年5月から2016年7月までは、上段を昼の部(「読書日記」)、下段を夜の部(「酒中日記」)と上下に分け、昼の坪内祐三と夜の坪内祐三の行動がひと目でわかるようにしました。

 昼は三軒茶屋で読書にいそしみ、渋谷、新宿、神保町で本を買いまくる。夜は神保町、銀座、あるいは五反田から飲み始め、作家、編集者たちと杯を交わしに新宿の文壇バー、猫目、風紋、風花をクルージング。

 盟友福田和也をはじめ、重松清、中原昌也、島田雅彦、一志治夫、黒鉄ヒロシ、亀和田武など、錚々たる面々がうごめく夜の文壇の生態と坪内祐三が愛するシブい本とシブい映画の数々が堪能できるうえ、変わり続ける東京の街並みが甦る本です。

■四六変型判 ■400ページ

« 前のページ | 次のページ »