『新・中年授業』

著者:目黒考二

2006年3月15日搬入

定価 1,728 円(税込)

活字に埋もれてオヤジが吠える、暁の哀愁エッセイ!

 
わかってくれとは言わないが、
これが(中年)男の心だ!


「チョイ悪オヤジ」ブームもどこ吹く風、ふーんと遠目で見ながら今日も食って寝て競馬して本を読む目黒考二(書評家・北上次郎)の新刊がついに出たぞ!

WEB本の雑誌「目黒考二の中年授業」から厳選した約50本の読書エッセイを収録。小説を読んでいて、その本筋から離れたところに引っかかり、ああでもないこうでもないと独りごちる。青春時代のちょっといい話を思い出したりもする。息子や妻のことをめずらしく考えてみたりもする。そういう話です。

で、小説のどこに引っかかるかというと、これがやたらと濡れ場が多いのですね。昔の恋人が脱いだりとか、パンツを頭からかぶってみたりとか、そういう場面に遭遇するのです。しかし、婦女子のみなさまも安心してお買い求めください。これはエロではありません。ちょっぴり情けない、けっこうみっともない、それでもなお何かを求めて生きる人間たちの真実の姿が、ここにあるのです! 

« 前のページ | 次のページ »