『キムラ弁護士、小説と闘う』

著者:木村晋介

定価1,728円(税込)

2010年2月11日搬入

裁判官 この小説には重大な欠陥があります!

 

愛読書は裁判調書。小説体験ゼロ!のキムラ弁護士が、付箋を貼りまくり、地図と系図を書き込みながら、格闘した45冊。作家本人はもちろん、書評家や編集者でも気づかなかった小説の欠陥をずばり指摘する、キムラ弁護士ならではのひと味違う面白小説論!

<本書でキムラ弁護士が闘う本たち>

『1Q84』『悼む人』『告白』『ゴールデンスランバー』『ハリー・ポッターと賢者の石』『翳りゆく夏』『マッチメイク』『影武者徳川家康』『火の粉』『間宮兄弟』『肩ごしの恋人』『硝子のハンマー』『罪の段階』『スタイルズ荘の怪事件』『アクロイド殺し』 『ABC殺人事件』『予告殺人』『きんぴか』『死亡推定時刻』『ファイティング寿限無』『ブレイクスルー・トライアル』『悪人』『正義のミカタ』『吉原手引草』『図書館戦争』『宗谷本線殺人事件』『テロリストのパラソル』『隠蔽捜査』『女王国の城』 『悪果』『ホワイトアウト』『地下鉄に乗って』『裁判員法廷』『瞬間移動死体』『鬼平犯科帳』『収容所に生まれた僕は愛を知らない』『OUT』『判決の誤差』『ブラバンキッズ・ラプソディー』『マイナス・ゼロ』『弁護側の証人』『死者の身代金』『二枚のドガの絵』『悪の温室』『野望の果て』

« 前のページ | 次のページ »