『狂乱西葛西日記20世紀remix』

SF&ミステリ業界ワルモノ交遊録

著者:大森 望

定価2,592円(税込)

2009年9月7日搬入

これが“メッタ斬り”の大森望の日常だ!
翻訳家、書評家の大森望さんのWEB日記の書籍化!

 

英語圏最先端のSFを翻訳する傍ら、「本の雑誌」を始め週刊誌、月刊誌などで幅広く国内外のエンターテインメント小説や文学作品を書評し、ラジオなどでも活躍される大森望さんですが、一般にインターネットが普及しだした初期の頃、いわゆるblogブーム以前から、ネット上に日記を公開しており、その日記「狂乱西葛西日記」はネット上での有志のユーザー調査の結果、日本で最長寿ブログとして認定されたこともあります。

今回はその日本最長寿ブログ(推定)から日記を付け出した95年から2000年までをより抜き形式で編集して収録。クズSF論争が巻き起こした波紋を詳細に追いかけた日々や、ミステリ界を席巻する論争への冷静な分析に費やされた日記もあり、九〇年代後半からのエンターテインメント出版のトピックを振り返る資料としても一級品! 我孫子武丸や綾辻行人や京極夏彦などとの交遊も赤裸々に綴られており「噂の眞相」的な一面もアリです。

分かりやすい登場人物早見表付!

今までの日記本に欠けているのは登場人物一覧だ!本書に登場する作家・翻訳家・編集者などの登場人物の紹介コーナーを用意しました。ミステリ関係者パートを「あびこくんと愉快な仲間たち」でお馴染みの河内実加さんが、SF関係者パートを「SFが読みたい!」等の表紙を手がける水玉螢之丞さんがそれぞれ担当します。乞うご期待!

« 前のページ | 次のページ »