第200回:白岩玄さん

作家の読書道 第200回:白岩玄さん

『野ブタ。をプロデュース』で鮮烈なデビューを飾り、その後着実に歩みを続け、最近では男性側の生きづらさとその本音を書いた『たてがみを捨てたライオンたち』が話題に。そんな白岩さん、実は少年時代はほとんど小説を読まず、作家になることは考えていなかったとか。そんな彼の心を動かした小説、そして作家になったきっかけとは?

その4「小説の読み方、一番好きな作家」 (4/6)

  • 骨の肉・最後の時・砂の檻 (講談社文芸文庫)
  • 『骨の肉・最後の時・砂の檻 (講談社文芸文庫)』
    河野 多恵子
    講談社
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 本当の戦争の話をしよう (文春文庫)
  • 『本当の戦争の話をしよう (文春文庫)』
    ティム・オブライエン
    文藝春秋
    724円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

――好きな作品を繰り返し読むとなると、他の作家はあまり読まなかったのでしょうか。

白岩:芥川賞の候補になった時に選考委員の河野多惠子さんが『野ブタ。をプロデュース』を褒めてくださったので、どんな方だろうと思って読んだら、とっても素敵な作品を書かれる方で。『骨の肉』とか『秘事』とか。あとは吉田修一さんですね。『パレード』とか『パーク・ライフ』あたり。そうしたものを好んで読んでいた時期が2、3年ありました。

――やはり現代作家の作品が多かったんですね。

白岩:いや、一応その頃に夏目漱石とか、明治の文学者の本も読みました。文学全集がたまたま家にあったので、それを引っ張り出して。志賀直哉とかも、学校の授業ではちゃんと読んでなかったなと思って読んだら、やっぱり面白かったですね。当たり前なんですけれど。
夏目漱石は文章が難しくてもつかみやすいというか、分からないところがあっても読めてしまったりする不思議なところがある。たぶん、物語的には『それから』なんてメロドラマですけれど、ちょっとドラマ仕立てのストーリーが追えるから読みやすいのかなと思います。小難しい話ではないし。
それと、小説ではないんですけれど、その頃に宗教系の本や文化人類学の本もハマって読みました。中沢新一さんとか。特に宗教の本は面白かったですね。キリスト教や仏教、ユダヤ教の本とかもその時期に読みました。
あとは誰だろう。橋本治さんも好きでした。「広告批評」という雑誌で連載していたコラムをまとめた本とかも出されていて。あの方はすごく幅広い仕事をされていますけれど、文章が平易で読みやすい。とにかく僕は読書筋がないので、自分の読書筋でもかなう本をとりあえず読んでいました。

――読書記録などをつけるとか、読む時に付箋を貼ったり線を引くといった、読書のスタイルみたいなものはありますか。

白岩:記録はつけていないし付箋も貼らないけれど、僕、小説を頭から読まないんですよ。

――え、初読の時も?

白岩:はい。もちろん仕事で読む時は最初から読みますよ。でも、プライベートで読む時はあんまり...。真ん中くらいから読むこともあります。っていうのは、映画と違って本ってそれができるじゃないですか。小説だと、あんまりストーリーとかも興味なくて、そこに書いてあるものが知りたいだけなので、バラバラに読んで最後に繋ぎ合わせたりします。適当に開いたところから読み始めて、ちょっと面白いなと思ったらその前後を読んだり。そこにある文章を楽しむんです。

――ええ、だって「ここに出てきたこの登場人物は誰だろう」とか思ったりしませんか。

白岩:それが思わないんですよ(笑)。誰でもいいやって感じなんですね。そこに書かれていることが別に把握できなくても読めちゃうというか。よくドラマとかを途中から見たりすると「筋が分からないから巻き戻したい」とか聞くじゃないですか。僕は全然思わないんです。途中から流れたらそのまま見ちゃうし、分からない時は分からないままでいいやって思うタイプなので。だから、本は結構、真ん中から読んじゃうんです。

――じゃあ、ミステリとか謎解き系はあまり読めませんね。

白岩:子どもの頃にアガサ・クリスティーは読みましたけれど、たしかに今は手を出さないですね。読むのは純文系が多いかもしれませんが、どのジャンルを読もうというのは特に決まっているわけではないんです。もともとジャンルを意識していなかったし、ミステリでも面白ければ普通に読みますし。

――ストーリーではなく文章を楽しむ...。広告が好きだというだけに、キャッチコピーとか、そういう表現の仕方に興味があったかと。

白岩:そうですね、もともと広告のコピーが好きでそっちの方面に行きたいなと思っていたので、その感覚が大きいかもしれないですね。人の心に届く文章であれば何でもいいというか。小説の形をしていなくても別に気にならないので、だから部分だけで読めてしまうんだと思います。

――さて、第2作がなかなか書けない時期が続き、その後どんな変化を迎えたのでしょうか。

白岩:一番好きな作家に出会えたのが大きかったです。ティム・オブライエンという、アメリカの作家さんなんですけれど。他にも好きな作家はいますが、ティム・オブライエンは「好き」の度合いがちょっと違うくらい好きだなという感覚があります。
初めて読んだのは25歳くらいの時だったんですよ。それこそ挫折していろいろ読んでいくなかで、オブライエンの本を村上春樹さんが訳されていたので一緒に買って、その時はちょっと読んで「分かんねえな」と思って、そのまま置いてあったんですね。それを28か29歳の時に「こんな本があったな」と思って読みだしたら、すごく面白かったんです。それがきっかけで好きになりました。
最初に読んだのは『本当の戦争の話をしよう』でした。ティム・オブライエンのすごく好きなところって、「お前、そろそろやめろよ」というくらい、ずっとベトナム戦争のことを書いているんですよ。自分自身が従軍したということもあるんでしょうけれど、僕が書き手だったら自分でも「さすがにこの題材は書きすぎてる」って止めるんじゃないかなと思うんです。それでも書き続けるというのは、それくらい本人にとって大きなことだったんだろうと思うし、同時にそれをやっちゃうオブライエンの正直さ、「自分の気持ちに従うぜ」という不器用さがすごく好きで。
あと、オブライエンも喪失と過去の傷について書いているんですね。それに「形が違うだけで、誰しもに戦争がある」というふうに言っている。自分にとっては、たまたまこういう形だっただけのことなんだって。それはなるほどなって思うんですよね。
過去の何かが自分の今にすごく大きな影を落としていたりとか、自分の人格形成の元になっていたりする。オブライエンの小説を繰り返し読む中で、どうやら自分は、そういう過去の傷だったり喪失を物語化しているもの、あるいは文章化しているものに興味があるんだということに気づきました。それからもうひとつ分かったのは、自分はどうやら「死」というものに関する本を好んでるんだなということです。青木新門さんの『納棺夫日記』とかありますよね。

――はい。映画「おくりびと」の原案となった本ですよね。

白岩:その『納棺夫日記』とか、養老孟司さんの解剖学の本も読みましたし。それと、戦争の時にシベリアに抑留された経験を元に詩を書かれていた、詩人の石原吉郎さんの「葬式列車」っていう詩も好きでした。でも、考えてみれば、もともと好きだった宗教の本も当然死について触れているし、文化人類学の本では葬式とか埋葬のことが書かれているんですよね。。
そこから自分の中を掘り下げていくと、僕、6歳の時に父親を亡くしているんですけれど、その経験が自分で消化しきれていないんだろうなという。突然だったんですよ。前兆があったわけではなく、突然、喘息の発作で亡くなったんです。よくよく思い返してみると、自分が文章を書くようになったのも、そういうことの影響がどこかにあるんです。父親が亡くなった頃から、世界が若干遠く感じるようになったというか、自分が越えられない壁があるなと感じるようになった気がして。それを突破する方法として、人に届く文章を書くことにのめり込んだり、一方で死というもののとらえ方が自分に合っている読み物を好むようになったんじゃないかなって。

» その5「死と死者の描かれ方の好み」へ