6月7日(月)

  • 本の雑誌457号2021年7月号
  • 『本の雑誌457号2021年7月号』
    本の雑誌編集部
    本の雑誌社
    734円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 7月刊行の鈴木輝一郎『印税稼いで三十年』の再校ゲラを読みながら8時半に出社。電車の中が一番集中してゲラや本を読めるので、できれば私のテレワークは山手線を日々周回し続けるというのでどうだろうか。

 週末の間に戻ってきていた6月刊行の『10代のための読書地図』の著者校を整理し、9時に出社してきた編集の高野に渡す。10代の人に本と出会って欲しいと静かな熱に包まれたこの本は、多くの人に届いて欲しいとこちらも静かな熱に包まれている。編集の高野と装幀やらもろもろ打ち合わせ。

 その後、念願かなって導入されたカラーコピー機を利用して、45周年フェア用の帯を出力。プリントしたものをカッターで丁寧に切っていると、ネットニュースの記者の方から「本の雑誌」7月号のツイートが反響を呼んでいるようでと取材を受ける。「笑って許して 誤植ザ・ワールド」という特集をなぜ思いついたのですか?と問われるも、思いついたものは思いついたわけで、そこに深い意味や理由はないのだが、苦労して答える。

 午後、その「本の雑誌」7月号の定期購読者分が納入となる。いつもより到着が3時間ほど遅れたので、ここから一心不乱にツメツメ作業に勤しむ。まさしく機械のように最短距離で手を動かし無駄を省き猛烈な勢いで「本の雑誌」を封入していくと、事務の浜田がぽつりと漏らす。

「杉江さんと私はいつだってこういう作業するところには再就職できますよね」

 確かに私と浜田は驚くほどこの手の作業が得意だ。シール貼り、切手貼り、袋詰......何度も何度もいろんな会社が下請けしますと営業してきたけれど、我々以上に早い作業員もいるはずもなく、そして私達はこの手の仕事が大好きなので常に断ってきたのだ。

 むむむ、ならば逆に私達が神保町の出版社からこれらを請け負って仕事にすればいいのではなかろう。浜田にそう伝えると、そっちの方が儲かっちゃったりしたらどうしますかと笑うのであった。

 そんな無駄口を叩いている間も手を休めることはなく、過去最短時間でツメツメを終える。ツメツメがオリンピックの正式種目になった際には、おそらく私と浜田は日本代表に選ばれ、メダルを獲得すること間違いなし。

 ツメツメを終えた頃にやってきた浜本と一ヶ月ぶり以上に顔を合わせるも旧交を温める間もなく、早速巻頭グラビアに登場願った小石川のPebbles Booksさんに持っていく。写真では一部の棚しかお見せできなかったが、本当にこのお店の品揃えはすごい。子供から大人まで、本好きから今日はじめて本を買う人まで、しっかり受け止めてくれる店作りなのだ。こういう本屋さんが近所にあったらいったいどんな暮らしになるのだろうか。

5月20日(木)

  • 定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ(1) (モーニング KC)
  • 『定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ(1) (モーニング KC)』
    吉本 浩二
    講談社
    704円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ(2) (モーニング KC)
  • 『定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ(2) (モーニング KC)』
    吉本 浩二
    講談社
    715円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 8時半出社。電車は通常通り。といってももはやコロナ前がどれくらいの混雑具合だったのか忘れてしまったのだけれど、まあまあの混みよう。

 会社に着くと、昨夜のうちに刷りだされたらしい『社史・本の雑誌』に掲載される浜田、松村、私の花の97年同期入社三人組座談会のゲラが机の上に置かれており、まずは一心不乱に手を入れる。

 ちょうどそれを終えた頃、編集の高野が出社してきたので真っ赤になったゲラを戻すと、その他もろもろの確認を頼まれる。

 お昼に家で握ってきたおにぎりを食べていると、事務の浜田から「小遣い2万円生活ですね!」と声をかけられる。そうなのだった。私が今いちばんハマっている漫画『定額制夫のこづかい万歳 月額2万千円の金欠ライフ』吉本浩二(モーニングKC)を浜田に貸したところ、浜田もズッポリハマってしまったのだった。

「私はですね、あの中で外飲みはお金がかかるからって家を居酒屋風に改造するのがあるじゃないですか? あれを真似て、我が家を立ち飲み居酒屋風に模様替えしたんですよ」

 とニンマリしているが、それは小遣い2万円とは関係なく、ただただ酒を飲みたいだけなのではなかろうか。

 午後、なぜかお声掛けいただいた大野勢太郎さんの配信ラジオ「海賊チャンネル」の電話収録。勢太郎さんから「杉江さんの声と話し方は、Jリーグの村井チェアマンが疲れてきたときにそっくり」と言われるも、村井チェアマンの話し方がわからず、とっさに「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」ができなかったのが痛恨の極み。華麗なる静太郎さんのスルーパスをゴールに決められなかったと収録後、激しく落ち込む。

 その後、7月刊行の鈴木輝一郎『印税稼いで三十年』の著者校と修正ゲラの付け合せ。「ママ」と修正を間違えないようじっくり確認しているとかなり疲労を覚える。自分ひとりでは心配なので、明日アルバイトの鈴木先輩に出社してもらいダブルチェックすることにする。

 小雨降る中、傘をさして上野まで歩く。

 週5日出社した場合、帰りに上野まで歩く(30分)のが2日、日暮里まで歩く(1時間)のが2日、王子(1時間40分)もしくは赤羽(2時間20分)まで歩くのが1日という日課というか週課になっている。出先から直帰する場合も5つくらい手前の駅で降り、歩いて帰宅する。

 もはや歩くために出社しているといっても過言ではないのだが、しかし私は地形や暗渠といったブラタモリ的なウンチクにはまったく興味がないのだった。

 ただただ車のタイヤがアスファルトを走る音や自転車のブレーキがきしむ音といった雑踏のノイズを聞きながらすれ違う人の雰囲気を味わい、そうやって歩くことによって移り変わっていく街の景色を全身で感じるのが好きなのだ。

 さらに何か一生懸命考えているようで、しかし実際何も考えてないような、人はたくさん周りにいるのに誰も知らない孤独な感じというのもたまらく愛しい。だから同じ道を何度歩いても楽しいし、どこを歩いても楽しいのだった。

 週3、40キロのランニングも続けているのだけれど、ランニングとはまた違った楽しさが散歩にはある。

5月17日(月)

  • 南極探検とペンギン
  • 『南極探検とペンギン』
    ロイド・スペンサー・デイヴィス,夏目大
    青土社
    3,080円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 日々翻訳ざんげ エンタメ翻訳この四十年
  • 『日々翻訳ざんげ エンタメ翻訳この四十年』
    田口俊樹
    本の雑誌社
    1,760円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 電車、結構混んでいる。が、たまたま目の前の席が空き座れたのだが、次の駅でマタニティマークをつけた人が乗ってきたので席を譲る。浦和レッズが調子いいとどんどん人に優しくなれる。

 週末に読み終えたロイド・スペンサー・デイヴィス『南極探検とペンギン』(青土社)が、思わずスタンディングオベーションしてしまうほど面白かった。

 ナンセンやアムンゼンやスコットやシャクルトンなど極地探検の英雄が、まるで極地版「噂の真相」のごとく人間臭く記され、それと同時にスコット探検隊のメンバーであり、ひょんな経緯で世界初のペンギン学者になってしまったジョージ・マレー・レビックという歴史の中で埋もれてしまった人とその人がわざわざ暗号をつかって隠したペンギンの生態が解き明かされていく。

 各章のはじめに、同性愛、離婚、不倫、強姦、売春とあり、なんじゃこりゃ?と思ってたのだが、それはすべてペンギンのすることだった。ペンギンめっちゃおもしろいではないか、と夢中になって読んでしまった。

 8時半出社。早速、昨日、読売新聞書評面で宮部みゆきさんより紹介いただいた『日々翻訳ざんげ』の販促チラシを作り、書店さんへメールやFAX送信。

 その後、7月刊行予定の鈴木輝一郎『印税稼いで三十年』の著者校が戻ってきたので、確認の上、デザイナーさんに送付。

 そうこうしていると『日々翻訳ざんげ』の追加注文がばたばたと入りだし、午後は直納へ向かう。

5月12日(水)

  • 南極探検とペンギン
  • 『南極探検とペンギン』
    ロイド・スペンサー・デイヴィス,夏目大
    青土社
    3,080円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 緊急事態宣言延長となるもあまりに混雑の変わらぬ電車に揺られ出社。会社に着くと編集の高野が『社史 本の雑誌』の編集作業の追い込みで目を三角にしていたのでそっとしておく。

 デスクワークに勤しんでいると本の雑誌OBにして書評家の吉田伸子さんからメールが届く。先日とある相談事を受け対応したのだがその御礼。

 そのメールを最後の部分になんとも自然な感じで最近読んで面白かった本の話が書かれており、まさしくこの面白い本を読んだときに黙っていられずおすすめしたいというのが、本の雑誌イズムなんだろうなあと思わず笑ってしまう。

 なぜなら私も今朝ほど現在私が読んでいるロイド・スペンサー・デイヴィス『南極探検とペンギン』(青土社)が、椎名さんにぴったりなのではないかと報告したところだったからだ。

 搬入した「本の雑誌」6月号が、なぜか定期部数分届かなかったと連絡をくださった本屋さんに不足分を直納。大層感謝されるがこちらの方こそ連絡いただけたことに感謝す。

 毎日、夕方になると、今日できなかったことを、特にコロナ前に比べて考えてしまうのだけれど、そうしているとどんどんうつむき加減になって足取りが重くなってしまうので、どうにかそれを今日できたことに目を向けようと努力する。

5月7日(金)

 またもや深夜2時半に目覚める。昨日寝たのは11時半だったから、もしやこれはやはり仕事とコロナの中出勤することの重圧で精神が異常をきたしているのかもしれない。

 うとうとしているとここのところよく見る悪夢を見る。それは家の中にこれまで発見されるのことのなかった謎の部屋が見つかり、扉を開けてみるとそこはなんと四方どころか部屋のそこかしこに本棚が並ぶ書庫なのだった。これで今部屋に山積みになっている本をきちんと分類し、背表紙を眺めることができるぞと感動興奮して喜んでいるところ目が覚め、実際にはそんな隠し書庫はどこにもなくうなだれるのであった。

 今日見た書庫の夢は新バージョンで、本棚を整理していたところ、なんと二重になっている本をどかしたらその棚の奥が空白になっていて素晴らしく広い隠し部屋が発見される...という展開だった。どちらにしても目覚めた時にはそんな部屋はなく、がっくり感はハンパないのであった。

 電車は今日も少し空白がある。緊急事態宣言によるもなのかそれともいまだ連休中なのかは来週の月曜日にわかるだろう。

 9時に出社。すぐにZoomをつかって座談会を収録。11時に終了。
 本日は、「本の雑誌」の定期購読者様分のツメツメハリハリ作業のため、その後は一心不乱にラベル貼りと封入作業に勤しむ。

 以前は助っ人アルバイトが行っていたこの作業も新型コロナ感染拡大により社員(浜田、高野、杉江)で勤しむようになり早13ヶ月。なによりも「本の雑誌」をきちんと毎月刊行できていることに感謝する。

 夕方5時に封入作業を終え、その後は発売がずれ込んでいる本の雑誌創刊45周年記念刊行の『社史 本の雑誌』の資料などを改めてパソコンから掘り起こす。懐かしの写真や文章が大量に見つかり、今更ながら編集担当の高野に渡す。

 6時半に終業。雨のため、秋葉原まで歩いて京浜東北線に揺られ帰宅。

« 前のページ | 次のページ »