12月6日(月)

 J.J.CALE「MOON SMOKE」を聴きながら9時半に出社。

 本日は『おすすめ文庫王国2022』と『どくヤン! 読書ヤンキー血風録』 の搬入日にして、「本の雑誌」2022年1月特大号の定期購読者分の納品日である。早速定期購読者の宛先ラベルを袋に貼る「ツメツメ」を、事務の浜田や編集の高野とともにスタートする。

 12時に「ツメツメ」を終えると、すぐに印刷会社が「本の雑誌」を運んでくる。台車に積んで、ビルの5階まで何度も往復し、すべて社内に運び入れた後、今度は封筒に「本の雑誌」を「ツメツメ」する。本日は16時から「どくヤン!」の著者である左近洋一郎さんとカミムラ晋作さんがサインをしにやってくるので、それまでには作業を終わらせなければならない。一心不乱に「本の雑誌」を袋に詰める。

 15時に「ツメツメ」終了。今年も「本の雑誌」を一年間しっかり読者に届けられたことにほっとしていると、名古屋から書店員のYさんがやってきたので、しばしお茶。そして、駒込のBOOKS青いカバさんに「本の雑誌」を納品にあがる。

 作業の間も移動の間も、沖縄に修学旅行に行っている高校2年の息子からLINEがしばし届いていた。透き通る海や水族館の写真、そして宿泊しているホテルに食べている料理などとともにコメントが綴られている。

 どの写真やコメントからも心底楽しんでいるのが伝わってきてこちらも微笑ましく思っていたのだが、よく考えてみたら私が息子を旅行に連れていったのは二度しかなく、そのうち1度は物心つく前だから、結局一回だけなのだった。

 これまでその一度だけの旅行のことを息子は突然思い出したように話すことがあり、それだけ記憶に残っているだと関心していたのだけれど、実はそうではなく息子は旅行が好きで、もっと旅行に連れていって欲しかったのかもしれない。

 息子から続々と届くLINEを見ていたら、なんだか胸が痛くなってきた。

 私が家族を旅行に連れていかなかったのは、経済的な理由と自分が旅行が好きではなかったからだ。私は息子の好奇心をないがしろにしていたのかもしれない。

11月30日(火)

  • ULTRAS ウルトラス 世界最凶のゴール裏ジャーニー
  • 『ULTRAS ウルトラス 世界最凶のゴール裏ジャーニー』
    ジェームス・モンタギュー,田邊雅之
    カンゼン
    2,530円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 Lou Reed「Live At Alice Tully Hall」を聴きながら、9時半に出社。10時過ぎまでデスクワークをし、『おすすめ文庫王国2022』と『どくヤン! 読書ヤンキー血風録』の見本を持って市ヶ谷の地方小出版流通センターさんへ。

 その後、秋葉原からTXに乗り、一路つくばへ。以前より伺ってみたかったPEOPLE BOOKSTOREさんを初訪問。納品とご挨拶のはずが、気づけば荷物を置かせてもらって夢中になって棚を眺めている。いやはやすごいお店だ。

 順番が逆になってしまったけれど、お会計しつつ、ご挨拶。いろいろとお話を伺い、再訪を約束す。

 引き続きジェームス・モンタギュー著、田邊雅之訳『ULTRAS ウルトラス 世界最凶のゴール裏ジャーニー』(カンゼン)を読み進む。

 ウルトラスというのは熱狂的にサッカークラブを応援する集団なんだけれど、もうなんていうか日本のサポーターと全然違う文化というか、なんだろかこの違いは。海外のウルトラスはどうしても政治に近づいていってしまうというか、政治がウルトラスに近づいてきてしまうのか。

 日本で起きるサポーターの問題とはかなり異質なわけで、それは歴史の違いなのか、歴史の学び方の違いなのか、国民性の違いなのか、興味が尽きない刺激的な読書が続く。

11月29日(月)

  • ULTRAS ウルトラス 世界最凶のゴール裏ジャーニー
  • 『ULTRAS ウルトラス 世界最凶のゴール裏ジャーニー』
    ジェームス・モンタギュー,田邊雅之
    カンゼン
    2,530円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 先週ドロップされ、それ以来ずっと聴いているROTH BART BARONのニューアルバム『無限のHAKU』でトランスしながら、9時半に出社。社内ではヤクルトが日本一となり喜んでいる事務の浜田が傘を開いて東京音頭を歌っていた。

 午前中、ネット環境が調子悪いと工事に来ていたNTTの人たちが、その問題点を突き止め改善してくれる。ついでに浜田のパソコンが激遅の理由を突き止め、改善方法を教えてくれる。「これは業務に支障が出るレベル、私もこれまで見たことないレベルですね」。明日から浜田の仕事はさらなるスピードアップが期待される。

 朝日新聞に『頁をめくる音で息をする』と『古本屋的!』の三八広告出稿したので、その電話注文がポツポツ入る。朝、新聞を見て、お昼には本屋さんに向かってくださる読者の人がまだこれだけいるということに電話注文を受けるたびに感動を覚える。

 午後、高野秀行さんと打ち合わせ。エッセイ集の構成がなかなかまとまらず、出版が年越しになってしまったのは痛恨事。改めて検討す。

 ジェームス・モンタギュー著、田邊雅之訳『ULTRAS ウルトラス 世界最凶のゴール裏ジャーニー』(カンゼン)がくらくらするほど面白く、じっくりゆっくり読み進む。

11月15日(月)

  • ドードーをめぐる堂々めぐり――正保四年に消えた絶滅鳥を追って
  • 『ドードーをめぐる堂々めぐり――正保四年に消えた絶滅鳥を追って』
    川端 裕人
    岩波書店
    2,970円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • ニホンカワウソは生きている
  • 『ニホンカワウソは生きている』
    宗像 充
    (株)旬報社
    1,760円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 絶滅魚クニマスの発見: 私たちは「この種」から何を学ぶか (新潮選書)
  • 『絶滅魚クニマスの発見: 私たちは「この種」から何を学ぶか (新潮選書)』
    中坊 徹次
    新潮社
    1,870円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 9時に出社。電車はもはやコロナ前と変わらぬ混雑ぶりで、テレワークも夢のあと。これでまた第6派になるとみんな家に籠もるのだろうか。雨季と乾季があるように、これからの世界はコロナ季と非コロナ季の中で暮らしていくことになるのだろうか。

 朝イチで暗黒世界に引きずり込むようなメールが届き、どす黒い思いを抱えていると、遅れて出社してきた事務の浜田から、金曜日に私がテレワークにしたことを烈火のごとく叱られる。

「杉江さんがいないとせっかくヤクルトが勝ったのにクライマックスシリーズの話ができないじゃないですかっ!」

 というわけで溜まっていたヤクルトの話を1時間ほど伺う。

 今月の新刊2点(『頁をめくる音で息をする』と『古本屋的!』)の初回注文の締め作業をする。間違えては大変なので慎重に慎重を重ねる。これ、いったい同日何点も新刊を出している出版社の人はどうやって締めているのだろうか。

 無事新刊の締め作業を終え、どす黒い思いを抱えつつ、外に飛びたつ。

 この週末で、

『ドードーをめぐる堂々めぐり』川端裕人(岩波書店)
『ニホンカワウソは生きている』宗像充(旬報社)
『絶滅魚クニマスの発見』中坊徹次(新潮選書)

 を読了したのだけれど、かつていたことを証明するのも(ドードー)、今いることを証明するのも(ニホンカワウソ)、そして見つけたものがその種であると確定するのも(クニマス)、本当に大変なんだと思った。

11月1日(月)菅豊『鷹将軍と鶴の味噌汁』(講談社選書メチエ)がめちゃんこおもしろかった

  • 鷹将軍と鶴の味噌汁 江戸の鳥の美食学 (講談社選書メチエ)
  • 『鷹将軍と鶴の味噌汁 江戸の鳥の美食学 (講談社選書メチエ)』
    菅 豊
    講談社
    1,980円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 ランニングをしているとたくさんの鳥と出会う。

 といっても私は鳥に詳しいわけではなく、見分けられるのはスズメとオナガとカワセミ、それとシラサギ、アオサギ、カモの仲間くらいなんだけど、そういった鳥たちを見かけたときに、これ簡単に獲れそうだけれどだれか獲って食べないのだろうか? もちろん今は獲っていい時期や場所、獲っていい鳥も決まっているのだけれど、ならばそういった法律ができる前は獲って食べていたのだろうか? でもサギなんて美味くないのか? なんてことを疑問に思いつつ、息を切らせてランニングを続けていたのだった。

 そんなところに書店の棚で菅豊『鷹将軍と鶴の味噌汁』(講談社選書メチエ)を見つけ読みだしたところ、これがめちゃんこおもしろかった。無知の私にはほとんど全ページがワンダー(驚き)の連続で、かつて特に江戸時代はツルも含めて野鳥をたくさん食べていたし、鳥料理が献上物の一つとしてその料理作法まで決まっていたなんてまったく知らなかった。

 30年以上かけて過去の文献を紐解くことで、ここまで面白いノンフィクションが書けることにも驚いた。まさしく書評家・東えりかさんがいう「鳥ノンフィクションにハズレなし!」なのだった。

 昨日一昨日と神保町ブックフリマという、神保町ブックフェスティバルがコロナで中止なのは寂しすぎると白水社の営業Kさんとはじめたイベントを開催していたので、本日は休日なしの連続勤務8日目にあたるのだけれど、たくさん本が売れた満足感に浸りつつ出社。

 それにしてもイベントという非日常ではあれほど本が売れるのに、日常ではさっぱりな感じなのはそれだけ本が非日常の存在になってしまったということなのだろうか。できるかぎり日常で本が売れるといいのだけれど、本を売ろうとあくせくするとそこからどんどん離れていってしまうことに激しいジレンマに陥る。

« 前のページ | 次のページ »