今月の本の雑誌

6月 宝三分の一本で献杯号 No.468
最新号:『本の雑誌2022年6月 宝三分の一本で献杯号 No.468』
特集:結句、西村賢太
平成令和を駆け抜けた私小説の雄・西村賢太が急逝した。不幸な生い立ちをさらし、憤怒と嫉妬、暴力と欲望にまみれた日々を描き続けた無頼の作家、西村賢太は北町貫多だったのか!? というわけで、本の雑誌6月号は西村賢太追悼特集、その名も「結句、西村賢太」。担当編集者の座談会から、西村賢太…
2022年5月10日搬入
»バックナンバー »定期購読について »アンケート・三角窓口WEB投稿フォーム

本の雑誌社の最新刊

『マルジナリアでつかまえて2 世界でひとつの本になるの巻』山本貴光
書いて自分のものにする。マルジナリア"余白の書き込み"探求道の書第2弾。本に書き込みをする人たちの読みっぷりを追体験し、知となり肉となる読書を学ぶ。本を読むのが今より、もっと、楽しくなる! 〈カラー蔵…
2022年5月17日搬入
『本屋大賞2022』本の雑誌編集部
19回目を迎えた本屋大賞の発表号。大賞受賞作品の発表から大賞受賞作家の言葉、一次投票、二次投票、翻訳部門、発掘部門とすべてを網羅。全国の書店員による、もっとも愛情あふれるブックガイド。□目次□ [本屋…
2022年4月6日搬入
『ずぶ六の四季』大竹聡
少し飲むのは、得意ではない。飲めばたくさんが、私のスタイルだ。「週刊ポスト」(小学館)の人気連載「酒でも呑むか」が待望の単行本に。五臓六腑に沁みるわたる酒場エッセイの至宝。「なるべく店の邪魔にならぬよ…
2022年2月22日搬入
 電子書籍のみ 
『二十歳のバースディ・プレート』清原なつの
清原なつの単行本未収録作品をコンプリート! 清原ファン感涙の全2巻の1冊です。<収録作品>・二十歳のバースディ・プレート/1996~1997・夏時間/1998・お嬢さんお手やわらかに/19…
 電子書籍のみ 
『サボテン姫とイグアナ王子』清原なつの
清原なつの単行本未収録作品をコンプリート! 著者が高校生の頃に描いた、「アレックスシリーズ」の原型でもある「とまとジュース よ永遠に」「お嬢さんお手やわらかに」のレアな2作品も収録された、清原ファン感…
»バックナンバー »著者別一覧 »電子書籍一覧

連載

「目黒考ニの何もない日々」

「目黒考ニの何もない日々」 目黒考二

笹塚から町田に引越しをした目黒さんの悠々自適なご隠居ライフ!?

最新日記:「4月14日(木)とても愉しい映画の話」 2022年4月14日更新

「帰ってきた炎の営業日誌」

「帰ってきた炎の営業日誌」 杉江由次

本の雑誌社のひとり営業マン、杉江由次の炎の営業&サッカー&etc&&&&&…日誌。娘よ、息子よ、父ちゃんは今日も頑張るぞ。

最新日記:「4月28日(木)」 2022年4月29日更新

あとりえ沢野

「あとりえ沢野」 沢野ひとし

沢野ひとしがなんの前触れもなく編集部あてに送ってくる絵手紙の閲覧室です。書いてあることについては、まあわかるものもあり、いったいどうリアクションを?というものもあり・・・。

最新日記:「2016年9月30日006」 2016年9月30日更新

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

85年秋、大学4年のオレは、ようやくサン出版の内定をもらった!配属先は「オタク文化」の雄として輝いた雑誌「投稿写真」編集部だった。

最新日記:「第99回(最終回)」 2017年6月1日更新