今月の本の雑誌

12月 にしんそば夜回り号 No.462
最新号:『本の雑誌2021年12月 にしんそば夜回り号 No.462』
特集:ひとは本を読んで号泣するのか?
ひとはなぜ本を読んで泣いてしまうのか? もちろん泣けるからといって、いい本とは限らないが、泣けるいい本も数限りなくある! では、泣けるいい本とはどんな本か!? というわけで、本の雑誌12月号の特集は「ひとは本を読んで号泣するのか?」。号泣本の横綱を決める「泣ける本番付」から、泣…
2021年11月9日搬入
»バックナンバー »定期購読について »アンケート・三角窓口WEB投稿フォーム

本の雑誌社の最新刊

 予約受付中 
『おすすめ文庫王国2022』本の雑誌編集部
文庫ガイドの決定版! 本の雑誌が選ぶ文庫ベストテンに各ジャンルのベストの発表など盛りだくさんで文庫の魅力をお伝えします! もちろん大注目の文庫Bリーグ座談会も激闘です。■A5判並製 ■112ページ97…
2021年12月8日搬入
 サイン本予約受付中 
『どくヤン! 読書ヤンキー血風録』左近洋一郎(ルノアール兄弟)=原作、カミムラ晋作=漫画
史上初!のヤンキー読書マンガの金字塔『どくヤン!』の第3巻が「読書ヤンキー血風録」として、ついに紙版で登場。『どくヤン! 』はこれまで講談社から1、2巻が紙版、電子書籍版で刊行されましたが、3巻めは電…
2021年12月8日搬入
サイン本予約締切り:2021年12月 8日
『頁をめくる音で息をする』藤井基二
開店時間は深夜23時。尾道の路地で古本屋弐拾dBを営む店主による初の随筆集。Web本の雑誌の同名連載に2021年の日記と新規エッセイを書き下ろし。今の尾道を知るカラーグラフ32頁も収録。カバー装画=保…
2021年11月24日搬入
『古本屋的!』中山信如(編著)
2020年に創立百年を迎えた東京都古書籍商業協同組合(東京古書組合)が連綿と刊行し続けてきた機関誌「古書月報」の過去50年分、300冊の中から面白い記事、役に立つ情報120本を選りすぐり、再編集した『…
2021年11月24日搬入
『東京の古本屋』橋本倫史
開発、オリンピック、感染症──揺れ動く東京で、商いを続ける10軒に3日ずつ密着取材を敢行した。古本屋に流れる時間から、東京の姿が立ち上がる。■四六判並製 ■360ページ [登場する10店の古本屋] 古…
2021年9月24日搬入
»バックナンバー »著者別一覧 »電子書籍一覧

連載

「目黒考ニの何もない日々」

「目黒考ニの何もない日々」 目黒考二

笹塚から町田に引越しをした目黒さんの悠々自適なご隠居ライフ!?

最新日記:「10月18日(月)資料を探索する人々」 2021年10月18日更新

「帰ってきた炎の営業日誌」

「帰ってきた炎の営業日誌」 杉江由次

本の雑誌社のひとり営業マン、杉江由次の炎の営業&サッカー&etc&&&&&…日誌。娘よ、息子よ、父ちゃんは今日も頑張るぞ。

最新日記:「11月15日(月)」 2021年11月15日更新

あとりえ沢野

「あとりえ沢野」 沢野ひとし

沢野ひとしがなんの前触れもなく編集部あてに送ってくる絵手紙の閲覧室です。書いてあることについては、まあわかるものもあり、いったいどうリアクションを?というものもあり・・・。

最新日記:「2016年9月30日006」 2016年9月30日更新

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

85年秋、大学4年のオレは、ようやくサン出版の内定をもらった!配属先は「オタク文化」の雄として輝いた雑誌「投稿写真」編集部だった。

最新日記:「第99回(最終回)」 2017年6月1日更新