今月の本の雑誌

3月  春宵かくれんぼ号 No.489
最新号:『本の雑誌2024年3月  春宵かくれんぼ号 No.489』
特集:メフィスト賞を探検せよ!
編集者が選ぶ賞金なし!の「日本で一番尖った賞」(by講談社)メフィスト賞が第ゼロ回受賞の『姑獲鳥の夏』から数えて三十年を迎える! というわけで、本の雑誌3月号はメフィスト賞祝三十年特集「メフィスト賞を探険せよ!」。メフィスト賞誕生秘話から、めった褒め座談会に、メフィスト賞のシ…
2024年2月7日搬入
»バックナンバー »定期購読について »アンケート・三角窓口WEB投稿フォーム

本の雑誌社の最新刊

『古本屋台2』Q.B.B. 作・久住昌之、画・久住卓也
夜中になるとどこからともなく現れる。本好きのオアシスが帰ってきた! 2018年に刊行され「本の雑誌」の年間ベスト1に輝いた『古本屋台』の第2弾が本の雑誌社へと版元を移し、待望の刊行。 屋台中に古本が並…
2024年2月23日搬入
『おすすめ文庫王国2024』本の雑誌編集部
今年も文庫王国の季節がやって参りました! 一年に出たたくさんの文庫の中から面白文庫をどーんと紹介いたします! 本の雑誌が選ぶ2023年度文庫ベストテンの発表から、現代文学、恋愛小説、SF、時代小説、エ…
2023年12月6日搬入
『神様のお父さん』北村薫
古今の小説や随筆、評論に歌集、歌舞伎、落語、映画まで、本の達人・北村薫がふと気になった一節から自由に連想をひろげてゆく、驚きと楽しさが詰まった極上の読書エッセイ。■四六判並製 ■280ページ978-4…
2023年11月22日搬入
『神保町 本の雑誌』本の雑誌編集部
愛するこの街を一冊に! これまで3回+αに渡って神保町を特集してきた「本の雑誌」を再録し、さらにオリジナルの企画を盛り込んでの丸ごと一冊「神保町」の別冊。 世界に名だたる「神保町」はどっこい、ただの古…
2023年11月9日搬入
『本の雑誌の目黒考二・北上次郎・藤代三郎』ホンノザッシヘンシュウブ
あっという間に品切れとなった「本の雑誌」追悼号(2023年5月号)を完全収録の上、さらにたくさんの追悼コメントや追悼企画も多数収録。またこれまで目黒考二が「本の雑誌」で書いてきた原稿を厳選し再収録。さ…
2023年9月26日搬入
»バックナンバー »著者別一覧 »電子書籍一覧

連載

「目黒考ニの何もない日々」

「目黒考ニの何もない日々」 目黒考二

笹塚から町田に引越しをした目黒さんの悠々自適なご隠居ライフ!?

最新日記:「8月9日(火) ロシア文学者の競馬エッセイを読む」 2022年8月9日更新

「帰ってきた炎の営業日誌」

「帰ってきた炎の営業日誌」 杉江由次

本の雑誌社のひとり営業マン、杉江由次の炎の営業&サッカー&etc&&&&&…日誌。娘よ、息子よ、父ちゃんは今日も頑張るぞ。

最新日記:「2月20日(火)手帳をもらいに」 2024年2月21日更新

あとりえ沢野

「あとりえ沢野」 沢野ひとし

沢野ひとしがなんの前触れもなく編集部あてに送ってくる絵手紙の閲覧室です。書いてあることについては、まあわかるものもあり、いったいどうリアクションを?というものもあり・・・。

最新日記:「2016年9月30日006」 2016年9月30日更新

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

85年秋、大学4年のオレは、ようやくサン出版の内定をもらった!配属先は「オタク文化」の雄として輝いた雑誌「投稿写真」編集部だった。

最新日記:「第99回(最終回)」 2017年6月1日更新