11月28日(月)

 中村計『笑い神 M-1、その純情と狂気』(文藝春秋)読了。

 これはあの、前人未到のノンフィクション賞4冠を成し遂げた鈴木忠平『嫌われた監督』(文藝春秋)と同レベルの超傑作ノンフィクションであり、そしてまた同種の、目標を達成するために狂気に取り憑かれていく人間の様を描いたノンフィクションでもある。

 私はテレビを観ないので、この本の中心人物である「笑い飯」という漫才コンビを知らなければ、その笑い飯や現在の漫才コンビがそこで優勝することを目標としている「M-1」というのもまったく知らないのだけれど、それでも380ページあっという間に一気読みだった。

 なぜならここで描かれているのは「人間」だからだ。自分と他人の評価の間で揺れ動き、それによって狂わされていく人間なのだ。誰だって大なり小なり毎日他人の評価や視線を気にし、どこかで狂わされて生きているわけだから、ここに普遍があるのだ。

「人を笑わす」というとても困難な営みにのめり込み、狂うほど真剣になっている人たち。笑いとは、漫才とは......。その深淵が覗ける狂気のノンフィクションだ。

★   ★   ★

 というわけで出社後すぐに大阪出身のお笑い大好き新人編集の前田君に貸し与える。感想が楽しみ。

 午前中は、年間ベストの書店掲示用のパネル作りに勤しむ。午後はできたばかりのパネルを持って書店さんに配って歩く。

11月21日(月)

 とある書店さんを訪問すると、売上がよくない原因にpaypay等の電子決済を導入していないのもあるかもと悩まれており、導入しているお店ってどんな感じなんですかね?と質問されたのだった。

 私が知っている範囲では、キャンペーン期間中の売上は爆上がりで、まとめ買いやら日頃いらっしゃらないお客様までやってきて、私のような営業は訪問を控えたほうがいいくらいな感じであり、しかもそのポイントバック分の原資は自治体が持ってくれたりするので負担もかからず、多くの書店さんが喜んでいると伝えつつ、もちろん手数料やキャッシュフローの問題もあることをお話し、本の雑誌社でも神保町ブックフェスティバルからキャッシュレス決済を導入し約5%の人が利用したなどと......いったい私は何の営業をしてるんだろうと思わないわけではないけれど力説は止まらないのであった。

 私自身はいまだ電子決済を使ったことがなく、新刊が出たら即買いする作家、黒川博行『連鎖』(中央公論新社)をこの日も現金で購入したのだけれど、休憩で入ったドトールでは4人並んでいたお客さんの私以外はみな電子決済で会計を済ませているのだった。

11月20日(日)

 母親から電話。入院している父親が食事を取らなくなってしまったらしい。7月に腰椎の圧迫骨折から寝たきりになり、老老介護の限界からショートステイで介護施設に預けたところそこでコロナに感染。病院に入院となり精密検査をしたところ、心臓に問題が見つかり、カテーテル手術をするも一度は成功、二度目は失敗。再度の手術待ちをしているのだけれど、コロナのおかげでお見舞いにも行けず、いったい父親は今どうなっているのだろうか。

 本日も特別副反応はなく、ただ走り回るのもなんなので、本を読んで過ごす。

11月19日(土)

  • 裏横浜 ――グレーな世界とその痕跡 (ちくま新書)
  • 『裏横浜 ――グレーな世界とその痕跡 (ちくま新書)』
    八木澤 高明
    筑摩書房
    946円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 聞き書き 世界のサッカー民 スタジアムに転がる愛と差別と移民のはなし
  • 『聞き書き 世界のサッカー民 スタジアムに転がる愛と差別と移民のはなし』
    金井真紀
    カンゼン
    1,870円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 6時起床。明るくなるのを待ってランニングへ。先週20代の子たちにサッカーでチンチンにされたのが悔しく、ランニングの終盤にダッシュを取り入れる。こんなことやってもサッカーが上手くなるわけではないけれど、なにかしないと悔しさが晴れないのだった。

 10時に息子と病院に行って、4度目のワクチン接種。病院はコロナワクチンとインフルエンザワクチンの接種に通常の診療で大わらわ。まるで先日開催された神保町ブックフェスティバルのよう。

 これまで3度は接種後、熱が出て寝込んだので、寝込むより先にベッドに入って準備万端整える。先日買い求めた八木澤高明『裏横浜』(ちくま新書)と金井真紀『聞き書き 世界のサッカー民』(カンゼン)を読み終えるも、一向に熱があがる気配もなく、初めてのファイザーのおかげか4度目の正直ということで副反応はなく終了。

11月18日(金)

 昨夜は、角川を定年退職された宍戸健司さんの新しい門出を祝う会があったのだけれど、そこで20年ぶりくらいに会った偉い人から、「杉江は今何してるんだ?」と訊かれた。

「変わらず本の雑誌社で働いてます」と答えると、「えっ? そうなの?」と驚かれ、「杉江は才能あるからもっと大きくなると期待してたんだけど」とちょっと残念がられてしまった。

 自分は「本の雑誌」を続けることが期待に応えることだと思っていたのだけれど、こうして別の期待を寄せてくれていた人もいたのだ。

 なんだか申し訳ない気持ちと、自身の情けなさや歯痒さを噛みしめる。期待されないのもつらいけれど、期待されてそれに応えられないのはもっとつらい。

 実は自分も自分自身にもうちょっと期待していたのだ。それがいつの間にか自分の人生こんなもんかな、十分がんばってるんじゃない、と信じ込もうとしていたような気がする。

 今からその人の期待に応えられるかわからないけれど、せめて自分の期待には応えられるようがんばろうではないか。

 

« 前のページ | 次のページ »