« 前のページ | 次のページ »

11月20日(金)

  • 詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間
  • 『詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間』
    長谷川晶一
    インプレス
    2,200円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 どれだけ運動しても、一滴も酒を飲まなくても、腹八分目にしても、大量の水を飲んでもまったく下がることのない尿酸値とコレステロールの諸々は、先月の健康診断でレッドカードを突きつけられ、結果、薬に頼ることになったわけだが、本日は服用からひと月の経過観察のため、出版健保の病院へ。

 血液検査の結果、尿酸値は薬のおかげで痛風発症危険ゾーンから大幅に下がりほっと一息。本日よりコレステロールを下げる薬も処方されることになり、すっかり中高年感が増してくる。

 会社に着くと、現役のヤクルトファンである事務の浜田だから長谷川晶一『詰むや、詰まざるや 森・西武VS野村・ヤクルトの2年間』(インプレス)が発売になったことを知らせれ、すぐに三省堂書店さんに走って買い求む。

 昼飯を食いながら早速読み出す。目をつぶればいつだって必殺仕事人のテーマと杉浦の延長12回代打満塁サヨナラホームランが脳内に再現されるのだけれど、まさかあのとき一塁側のスタンドに杉浦の中学生の息子が来ていたなんて......。その一行だけで目頭が熱くなり、しばし感慨にふける。

 書店さんは『鬼滅の刃』の増刷分が搬入になったらしく訪問営業注意報がでていたので行動に気をつける。

 直帰して『詰むや、詰まざるや』を読み耽る。30年近く前の試合なのに今ここに本となって読んでも鳥肌が立ってしまう。勝敗を分けることになったいくつかのシーン。そのとき選手はもちろん監督は何を考えていたのか。

 あの2年の日本シリーズが凄かったのはもちろんだけれど、丹念に取材し、しかし書きすぎることなく、的確に話を紡いだ著者の力だと思う。

 まさに感謝、感謝、感謝!の"史上最高の日本シリーズ"の史上最高の野球本だ。

« 前のページ | 次のページ »