『千利休』

著者:清原なつの

2004年11月25日搬入

定価 1,836 円(税込)

 
  ********************************
  茶の湯とは何か、わび茶とは何か、
  そして千利休とは
  いったい何者だったのか?
  子供から大人まで楽しめる
  清原なつの版千利休伝。
  ********************************


本の雑誌社2004年11月の新刊は清原なつの著『千利休』です。

哲学的なSF系ファンタジーを描く漫画家として、性別を問わず幅広い読者に親しまれている清原なつの。その清原なつのによる(わび茶)の完成者・千利休の 伝記漫画です。財力も権力も手に入れながら、茶の湯の境地も開拓しつつ、しかし常に「いったい自分は何者なのか」を自問し激しく葛藤し続けた人間・千利休 を、清原なつのならではのソフトでコミカルな筆致としみじみする思索的な深みをもって描いています。
 著者自身による解説(歴史的なイベントや茶器・茶碗など)も充実しております。

« 前のページ | 次のページ »