ドラマ化希望!痛快時代小説

文=東えりか

 時代小説のブームが長く続いている。重厚な歴史小説もいいが、痛快な活劇、ちゃんばらが読みたい。そんな方にオススメなベテランと新人の作品を紹介する。
 まずは赤川次郎『鼠、闇に跳ぶ』(角川書店)。今になって赤川さんの作品に嵌まるとは思わなかったが、江戸の義賊・鼠小僧次郎吉がとにかくカッコよくて勇ましい。文楽や歌舞伎に詳しい著者らしく、けれん味もたっぷりで誰が読んでも楽しめる。実はこのシリーズは2作目。1作目『鼠、江戸を疾る』(角川文庫)もあわせて是非。
 さて新人のほうは永福一成『竹光侍』(小学館文庫)。松本大洋のマンガですでにご存知の方も多いかもしれないが、この作品の原作者が新たに書き下ろした小説は、一味違う。江戸のかたぎ長屋にやってきた浪人・瀬能宗一郎。滅法腕は立つのに、差しているのは銀箔の竹光。1冊目は運命の出会いまでで、先が待ち遠しい。どちらもテレビでドラマ化を希望する。
(東えりか)

  • 鼠、闇に跳ぶ
  • 『鼠、闇に跳ぶ』
    赤川 次郎
    角川書店(角川グループパブリッシング)
    49,580円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 鼠、江戸を疾る (角川文庫)
  • 『鼠、江戸を疾る (角川文庫)』
    赤川 次郎
    角川書店(角川グループパブリッシング)
    562円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

« 前の記事東えりかTOPバックナンバー次の記事 »