心をざわつかせる短編集〜今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』
2019年3月20日 14:52

【今週はこれを読め! エンタメ編】

心をざわつかせる短編集〜今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』 - 松井ゆかり
 第1話「白いセーター」を読んで、忘れられない記憶がよみがえってきた。三男がまだ...
加藤清正や恐竜も復活、愛のありかたを描く感動作
2019年3月19日 13:46

【今週はこれを読め! SF編】

加藤清正や恐竜も復活、愛のありかたを描く感動作 - 牧眞司
 映画化されたヒット作『黄泉がえり』の続篇。前作同様、死者がつぎつぎと生き返る"黄泉がえり"の顛末を描く。  日本SF界における「ロマンスの王様」梶尾さんの作品...
高校生たちの日常の謎短編集〜青崎有吾『早朝始発の殺風景』
2019年3月13日 14:06

【今週はこれを読め! エンタメ編】

高校生たちの日常の謎短編集〜青崎有吾『早朝始発の殺風景』 - 松井ゆかり
 「青春ってきっと、気まずさでできた密室なんだ」。格言付きのカレンダーに加えても...
拉致監禁犯の父との対決〜カレン・ディオンヌ『沼の王の娘』
2019年3月13日 10:47

【今週はこれを読め! ミステリー編】

拉致監禁犯の父との対決〜カレン・ディオンヌ『沼の王の娘』 - 杉江松恋
 一口で言うなら、あらかじめ奪われた人生を取り返す小説だ。  2018年度のバリー賞に輝いたカレン・ディオンヌの長篇『沼の王の娘』である。も...
宇宙共通の原理としての進化
2019年3月12日 12:22

【今週はこれを読め! SF編】

宇宙共通の原理としての進化 - 牧眞司
『天冥の標』がついに完結した。十巻構成だが、数冊がかりの巻もあるので本の数でいえば、全十七冊。足かけ十年にわたる執筆で、物語としては二十一世紀から二十九世紀まで...
DNP市谷左内町ビルに「本の雑誌商店街」オープン!
2019年3月 8日 16:19
DNP市谷左内町ビルに「本の雑誌商店街」オープン! - 本の雑誌特派員
新しい仲間と出会える本の文化祭「本のフェス」に今年も「本の雑誌商店街」をオープンします。本の雑誌社の商品はもちろん、この本届けたいという熱意...
勇気が出る家族小説〜瀧羽麻子『うちのレシピ』
2019年3月 6日 19:30

【今週はこれを読め! エンタメ編】

勇気が出る家族小説〜瀧羽麻子『うちのレシピ』 - 松井ゆかり
 23年前、私は初めて母親になった。それまで私は子どもが苦手だった。妊娠しづらい...