紀伊國屋書店、「キノベス!2019」「じんぶん大賞2019」を発表

文=新文化編集部

  • そして、バトンは渡された
  • 『そして、バトンは渡された』
    瀬尾まいこ
    文藝春秋
    1,728円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

12月26日、「キノベス!2019」と「紀伊國屋じんぶん大賞2019」を発表した。

紀伊國屋書店のスタッフが全力ですすめる本を選ぶ「キノベス!」の1位には、瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)が選ばれた。2位は平野啓一郎『ある男』(文藝春秋)、3位は村田沙耶香『地球星人』(新潮社)。

読者のアンケートをもとに人文書のベスト30を選ぶ「じんぶん大賞」の1位は、木庭顕『誰のために法は生まれた』(朝日出版社)に決まった。2位は倉橋耕平『歴史修正主義とサブカルチャー』(青弓社)、3位は吉川浩満『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(河出書房新社)。

来年2月1日から全店で両賞のフェアを開催する。

  • 歴史修正主義とサブカルチャー (青弓社ライブラリー)
  • 『歴史修正主義とサブカルチャー (青弓社ライブラリー)』
    倉橋 耕平
    青弓社
    1,728円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 人間の解剖はサルの解剖のための鍵である
  • 『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』
    吉川浩満
    河出書房新社
    2,307円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

新文化オンラインへ

« 前の記事TOPバックナンバー次の記事 »