大串夏身『レファレンスと図書館』(皓星社)、発売2カ月弱で2刷出来

文=新文化編集部

  • レファレンスと図書館 ある図書館司書の日記
  • 『レファレンスと図書館 ある図書館司書の日記』
    大串 夏身
    皓星社
    2,200円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

同書が図書館関係者からの支持を受け、発売から2カ月弱で2刷が出来する好調な売行きを示している。

同書は、1994年に日外アソシエーツが刊行した『ある図書館相談係の日記』の大幅な増補復刊版。かつて東京都立図書館(港区)に司書として勤務していた著者が、図書館利用者から日々相談が寄せられるレファレンスカウンター現場の実態を綴り、社会におけるレファレンスサービスの意義をも説き明かしたもの。

皓星社は昨年11月21日の発売を記念し、横浜・西区のパシフィコ横浜で行われた第21回「図書館総合展」3日目(同14日)に著者の大串氏とライター・南陀楼綾繁氏によるトークショー「これからのレファレンスサービスのために」を開催。増補復刊版の発売も図書館関係者に周知した。

初版は1700部。1月10日に2刷800部が出来。本体2000円。

新文化オンラインへ

« 前の記事TOPバックナンバー次の記事 »