「ビジネス書大賞2020」、ノミネート作8点決まる

文=新文化編集部

8月21日、ディスカヴァー・トゥエンティワンなどで組織するビジネス書大賞実行委員会が発表した。受賞作の発表は10月中旬の予定。ノミネート作品は次の通り。

▽ハンス・ロスリングほか『FACTFULNESS』(日経BP)
▽C.A.オライリー『両利きの経営』(東洋経済新報社)
▽A.バナヤン『The Third Door』(東洋経済新報社)
▽長沼伸一郎『現代経済学の直観的方法』(講談社)
▽Y.バルファキス『父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話』(ダイヤモンド社)
▽出口治明『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)
▽エリック・シュミットほか『1兆ドルコーチ』(ダイヤモンド社)
▽安宅 和人『シン・ニホン』(NewsPicksパブリッシング)

  • FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
  • 『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』
    ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉 周作,関 美和
    日経BP
    1,960円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 両利きの経営
  • 『両利きの経営』
    オライリー,チャールズ・A.,タッシュマン,マイケル・L.,章栄, 入山,典子, 渡部
    東洋経済新報社
    2,592円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • サードドア: 精神的資産のふやし方
  • 『サードドア: 精神的資産のふやし方』
    バナヤン,アレックス,奉之, 大田黒
    東洋経済新報社
    1,980円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。
  • 『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』
    ヤニス・バルファキス,関 美和
    ダイヤモンド社
    1,620円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • 1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え
  • 『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』
    エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,櫻井 祐子
    ダイヤモンド社
    1,800円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto
  • シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 (NewsPicksパブリッシング)
  • 『シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 (NewsPicksパブリッシング)』
    安宅和人
    NewsPicksパブリッシング
    2,500円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

新文化オンラインへ

« 前の記事TOPバックナンバー次の記事 »