コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その22(最終回) (2019年4月26日更新)

ポケミス狩り その22(最終回)

「「ディクスン・カー」の巻」

 江戸川乱歩氏が、日本の探偵小説界におけるジョン・ディクスン・カー受容に、多大な影響を与えた(神話化した?)といわれる「カア問答」を発表し...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その21 (2019年4月25日更新)

ポケミス狩り その21

「「ヴァン・ダイン」の巻」

装幀・永田力 ----犯罪史は、情況証拠のために罪におちた無実のものの記録で満ちていると云ってもよくはないか。又、そうした場合の誤った証拠は...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その20 (2019年3月1日更新)

ポケミス狩り その20

「「女には向かない職業?」の巻」

 大津波悦子・柿沼瑛子共著『女性探偵たちの履歴書(プロフィール)』(同文書院インターナショナル・1993年12月)の第Ⅰ章「女性探偵への道...

記事を見る »

特別対談

『不夜城』前夜の馳星周  (2019年1月10日更新)

『不夜城』前夜の馳星周 

「目黒考二×宍戸健司特別対談」

1985年、新宿ゴールデン街での青春を描いた馳星周さんの自伝的小説『ゴールデン街コーリング』。いわば"『不夜城』前夜"ともいえるこの作品の刊行を記念して、デビュー前の馳さんをよく知る目黒考二さんと、『不夜城』の担当者であるKADOKAWAの宍戸健司さんの対談が実現。あの頃のゴールデン街と馳星周誕生の裏話について、たっぷり語り合っていただきました。 (取材・文 朝宮運河)

記事を見る »

オリジナル文庫大賞

2018年の「オリジナル文庫大賞」は、野口卓『なんてやつだ』(集英社文庫)に決定! (2018年12月5日更新)

2018年の「オリジナル文庫大賞」は、野口卓『なんてやつだ』(集英社文庫)に決定!

北上次郎+評論家4名+編集者7人の合計12名で、今年も勝手に大賞を決める選考委員会の様子をレポートするぞ。

記事を見る »

コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その19 (2018年8月9日更新)

ポケミス狩り その19

「好評の新作の巻」

(左)装幀・上村経一、(右)カバー・河村要助 〈ある日、ぼくは仕上げたばかりの翻訳の原稿を早川書房の編集室に届けた。当時の早川書房の編集室...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その18 (2018年1月12日更新)

ポケミス狩り その18

「ふたつの顔をもつ作家たちの巻」

 とある土曜日、紀伊國屋書店・新宿南口店の6F洋書フロア(現在のBooks Kinokuniya Tokyo)で〈Entertainment...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その17 (2017年12月28日更新)

ポケミス狩り その17

「クロフツの巻」

装幀・浜田稔  何年か前のこと----消閑の気散じにと、隣室を埋めつくす本の山脈の一角をなすポケミス地帯から、気まぐれに『スターベル事件』...

記事を見る »

オリジナル文庫大賞

2017年のオリジナル文庫大賞は『夏の祈りは』と『義経号、北溟を疾る』のダブル受賞だ! (2017年12月6日更新)

2017年のオリジナル文庫大賞は『夏の祈りは』と『義経号、北溟を疾る』のダブル受賞だ!

北上次郎+評論家3名+編集者8人の合計12名で、今年も勝手に大賞を決める選考委員会の様子をレポートする。2017年は史上初のダブル受賞だ。

記事を見る »

コラム / 高橋良平

天下御免的断続SF話 極私的番外編 (2017年1月31日更新)

天下御免的断続SF話 極私的番外編

「父の本棚」

 初めて、父の本棚を覗いたのは、いつだったか。そのとき読んだ本のことは憶えているのに、時期はとなると、いささか漠然としている。  そこで久々...

記事を見る »