コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その18 (2018年8月9日更新)

ポケミス狩り その18

「好評の新作の巻」

(左)装幀・上村経一、(右)カバー・河村要助 〈ある日、ぼくは仕上げたばかりの翻訳の原稿を早川書房の編集室に届けた。当時の早川書房の編集室...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その17 (2018年1月12日更新)

ポケミス狩り その17

「ふたつの顔をもつ作家たちの巻」

 とある土曜日、紀伊國屋書店・新宿南口店の6F洋書フロア(現在のBooks Kinokuniya Tokyo)で〈Entertainment...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その16 (2017年12月28日更新)

ポケミス狩り その16

「クロフツの巻」

装幀・浜田稔  何年か前のこと----消閑の気散じにと、隣室を埋めつくす本の山脈の一角をなすポケミス地帯から、気まぐれに『スターベル事件』...

記事を見る »

オリジナル文庫大賞

2017年のオリジナル文庫大賞は『夏の祈りは』と『義経号、北溟を疾る』のダブル受賞だ! (2017年12月6日更新)

2017年のオリジナル文庫大賞は『夏の祈りは』と『義経号、北溟を疾る』のダブル受賞だ!

北上次郎+評論家3名+編集者8人の合計12名で、今年も勝手に大賞を決める選考委員会の様子をレポートする。2017年は史上初のダブル受賞だ。

記事を見る »

コラム / 高橋良平

天下御免的断続SF話 極私的番外編 (2017年1月31日更新)

天下御免的断続SF話 極私的番外編

「父の本棚」

 初めて、父の本棚を覗いたのは、いつだったか。そのとき読んだ本のことは憶えているのに、時期はとなると、いささか漠然としている。  そこで久々...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

戦後日本SF出版史・補遺[横道篇] (2016年3月7日更新)

戦後日本SF出版史・補遺[横道篇]

「草下英明さんのこと」

〈本の雑誌〉2015年8月号の人気リレー連載「読み物作家ガイド」は、亀チャンこと亀和田武さんの「一九六五年の澁澤龍彦」で、過日、フムフムと読...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その16 (2015年12月24日更新)

ポケミス狩り その16

「クレイグ・ライスの巻」

 毎日いつも一時間、本気で地獄を信じたくなるのだった。  ----あまりにも有名な『素晴らしき犯罪』の書き出しだ。  ポケミスから長谷川修...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

日本SF戦後出版史・脇道篇 (2015年8月13日更新)

日本SF戦後出版史・脇道篇

「ラヂオの時間(その2)」

装丁・間村俊一  ラジオのSFドラマについて、まとまって書かれた本は、ぼくの知るかぎり、探偵作家・川野京輔こと上野友夫氏の『推理SFドラマの...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

日本SF戦後出版史・脇道篇 (2015年8月6日更新)

日本SF戦後出版史・脇道篇

「ラヂオの時間」

 さる2月、TBSラジオの毎週日曜の夜9時からの30分番組、"聖教新聞プレゼンツ"《ラジオシアター/文学の扉》で、海野十三原作のラジオ・ドラ...

記事を見る »

コラム / 高橋良平

ポケミス狩り その15 (2015年7月3日更新)

ポケミス狩り その15

「チェスタートンの巻」

装丁・伊藤悌三 〈深夜、純粋な気持になつて、探偵小説史上最も優れた作家は誰かと考えて見ると、私にはポーとチェスタートンの姿が浮かんでくる。こ...

記事を見る »