炎の営業が司会!「辺境を歩く。未踏を書く。」木村元彦&高野秀行トークセッション開催!

文=本の雑誌特派員

  • 争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール
  • 『争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール』
    木村 元彦
    集英社インターナショナル
    1,650円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

Jリーグの我那覇和樹選手へのドーピング冤罪事件の真相を描いたノンフィクション『争うは本意ならねど』(集英社インターナショナル)の刊行を記念して著者・木村元彦さんと未知を求めて辺境を旅するノンフィクション作家・高野秀行さんのトークセッションが開催される。

サッカーを通して旧ユーゴスラビアの民族紛争を描いた『誇り』『悪者見参』『オシムの言葉』の"ユーゴサッカー三部作"をはじめ、常にマスコミに見過ごされた事象に光をあてる木村さんと、誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、誰も知らないものを探す。それをおもしろおかしく書くをモットーに多数のエンタメ・ノンフィクション作品を世に出してきた高野秀行さんが、視点、作風、世界観などを語り合う。

司会はなぜか炎の営業・杉江が進行するそうで、果たしてその司会ぶりは、みのもんたを越えるのか。乞うご期待!

日時:2月26日(日) 16:30〜18:30
会場:西武池袋本店別館8階 池袋コミュニティ・カレッジ5番教室
定員:70名
参加チケット:1000円(税込)
チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
お問い合わせ:リブロ池袋本店 03-5949-2910


プロフィール:
木村 元彦(きむら・ゆきひこ)
ジャーナリスト、ノンフィクションライター。愛知県生まれ。サッカーを縦軸に旧ユーゴの民族紛争を描いた『誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡』『悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記』『オシムの言葉』(いずれも集英社文庫)は、ユーゴサッカー三部作と称される。著書に『蹴る群れ』『オシムからの旅』など多数。『社長・溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年』(集英社)と本書は新たなJリーグ三部作のラインナップとして上梓。三作目を構想中。『オシムの言葉』(小社刊)で、第16回ミズノ・スポーツライター賞を受賞。

高野 秀行(たかの・ひでゆき)
ノンフィクション作家。1966年東京八王子生まれ。早稲田大学探検部在籍中に書いた『幻獣ムベンベを追え』(集英社文庫)によりデビュー。辺境探検をテーマにしたノンフィクションや、青春や日本での異文化体験を描いた作品を多数発表している。2006、『ワセダ三畳青春記』(集英社文庫)で第一回酒飲み書店員大賞を受賞。主な著書に『アヘン王国潜入記』『腰痛探検家』(以上、集英社文庫)、『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)、『西南シルクロードは密林に消える』(講談社文庫)など。3月下旬に『未来国家ブータン』(集英社)刊行予定。

« 前の記事本の雑誌特派員TOPバックナンバー次の記事 »