長浦京の『アンダードッグス』(KADOKAWA)は息つく暇のない手に汗握る小説だ!【北上ラジオ第21回】
2020年8月19日08:18
長浦京の『アンダードッグス』(KADOKAWA)は息つく暇のない手に汗握る小説だ!【北上ラジオ第21回】
書評家・北上次郎が面白本を興奮のままに語り薦める聞く書評「北上ラジオ」。第21回目のオンエアは、長浦京の『アンダードッグス』(KADOKAWA)。 誰が敵で、誰が味方なのかの? 中国返還前の香港を舞台に、中国、ロシア、アメリカ、イギリスの謀略のなか、あるミッションのために集まった"アンダードッグス"...
構成よし!人物造形よし!!素晴らしい小説を見つけたぞ!!!(一年遅れで...)『どうかこの声が、あなたに届きますように』浅葉なつ(文春文庫)がおすすめだ!
2020年8月10日09:14
構成よし!人物造形よし!!素晴らしい小説を見つけたぞ!!!(一年遅れで...)『どうかこの声が、あなたに届きますように』浅葉なつ(文春文庫)がおすすめだ!
書評家・北上次郎が面白本を興奮のままに語り薦める聞く書評「北上ラジオ」。第20回目のオンエアは、「北上ラジオ」にぴったりなラジオ局を舞台にした傑作小説『どうかこの声が、あなたに届きますように』浅葉なつ(文春文庫)。 一年遅れで気づいたけれど、山本周五郎賞を受賞した佐藤多佳子の『明るい夜に出かけて』、...
ゴシップの向こう側にその人の人生が浮かんでくる深みと奥行きのある絶品エッセイ『夢でもいいから』亀和田武(光文社)がおすすめだ!!
2020年7月19日17:18
ゴシップの向こう側にその人の人生が浮かんでくる深みと奥行きのある絶品エッセイ『夢でもいいから』亀和田武(光文社)がおすすめだ!!
書評家・北上次郎が面白本を興奮のままに語り薦める聞く書評「北上ラジオ」。第19回目のオンエアは、北上ラジオで初の小説以外の本を紹介!ゴシップの向こう側にその人の人生が浮かんでくる深みと奥行きのある絶品エッセイ『夢でもいいから』亀和田武(光文社)だ。さあ、北上ラジオを聴いて、GO TO 本屋さん!!...
小説を読む醍醐味がつまった『果てしなき輝きの果てに』リズ・ムーア(早川書房)を寝食忘れて一気読み!「北上ラジオ」第18回オンエア!
2020年6月23日08:24
小説を読む醍醐味がつまった『果てしなき輝きの果てに』リズ・ムーア(早川書房)を寝食忘れて一気読み!「北上ラジオ」第18回オンエア!
書評家・北上次郎が面白本を興奮のままに語り薦める聞く書評「北上ラジオ」。第18回目のオンエアは、警察小説であり、姉妹小説であり、ドラッグ小説でもあり、同時に家族小説であり、もちろんミステリーでもある、小説を読む醍醐味がつまった「果てしなき輝きの果てに」リズ・ムーア(早川書房)! さあ、北上ラジオを聞...
登場人物みんなを好きになる傑作家族小説『水を縫う』を読もう!「北上ラジオ」第17回オンエア!
2020年6月12日08:38
登場人物みんなを好きになる傑作家族小説『水を縫う』を読もう!「北上ラジオ」第17回オンエア!
書評家・北上次郎が面白本を興奮のままに語り薦める「北上ラジオ」。 第17回目のオンエアは、これまでも傑作を書き続けてきた寺地はるなの最新刊『水を縫う』です。 弟、姉、母、祖母、父の5人家族なのに、帯には6人とあるその理由とは...。登場人物みんなを好きになる傑作家族小説。 さあ、本屋さんへGO!...
「馳星周の新境地の傑作だ!」と『四神の旗』(中央公論新社)を北上次郎が熱烈推薦!「北上ラジオ」第15回オンエア!
2020年5月21日17:27
「馳星周の新境地の傑作だ!」と『四神の旗』(中央公論新社)を北上次郎が熱烈推薦!「北上ラジオ」第15回オンエア!
書評家・北上次郎が面白本を興奮のままに語り薦める「北上ラジオ」。第15回めの放送は、デビュー24年の馳星周の新境地の傑作!と『四神の旗』(中央公論新社)を熱烈推薦しております。聴いてから読むか、読んでから聴くかはあなた次第!
泣ける小説なんてもんじゃない。涙があふれ続ける小説なのだ! 阿部暁子『パラ・スター』を読むべし(電車の中以外で)!「北上ラジオ」第14回
2020年3月26日16:41
泣ける小説なんてもんじゃない。涙があふれ続ける小説なのだ! 阿部暁子『パラ・スター』を読むべし(電車の中以外で)!「北上ラジオ」第14回
書評家・北上次郎が面白本を興奮のままに語り薦める「北上ラジオ」。第14回めの放送は、北上次郎氏が109ページで涙腺崩壊以降280ページまでずっと泣きっぱなしだったといえば、炎の営業杉江は京浜東北線赤羽駅から秋葉原駅まで泣きどうしで困ったという阿部暁子『パラ・スター』(集英社文庫)を涙腺崩壊でご紹介!...
ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』は、2020年を代表する素晴らしい小説だ!「北上ラジオ」第13回 Presented by 本の雑誌社
2020年3月14日21:22
ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』は、2020年を代表する素晴らしい小説だ!「北上ラジオ」第13回 Presented by 本の雑誌社
書評家・北上次郎が面白本を興奮のままに語り薦める「北上ラジオ」。2020年幕開けの放送では、いきなりこの年を代表することになるであろう翻訳小説、ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』(早川書房)を紹介。今、読むべき本を探しているならこの本を手にとるべし!
満を持しての紹介!! 小野寺史宜の『まち』と2019年に発表された作品のつながりにびっくりした北上次郎。本の雑誌 Presents 北上ラジオ 第11回
2019年12月23日05:14
満を持しての紹介!! 小野寺史宜の『まち』と2019年に発表された作品のつながりにびっくりした北上次郎。本の雑誌 Presents 北上ラジオ 第11回
書評家・北上次郎が面白本を興奮のままに語り薦める「北上ラジオ」。11回目に取り上げるのは、ただいま大注目大飛躍中の作家・小野寺史宜の最新刊『まち』(祥伝社)を熱烈推薦。今年出版した『ライフ』(ポプラ社)と『縁』(講談社)とまさかのコラボ。それだけでなくあの大ヒット作ともつながりが。聴いてから読むか、...
本の雑誌 Presents 北上ラジオ 第10回
2019年12月12日13:38
本の雑誌 Presents 北上ラジオ 第10回
書評家北上次郎が面白本を興奮のままに語り尽くす「北上ラジオ」。記念すべき10回目に取り上げるのは、鈴木大介『里奈の物語』(文藝春秋)です。強烈なパワーで現代社会をあぶり出す少女青春小説を熱烈推薦!