「十二人の手紙」(中公文庫)、40年の歳月を経てブレイク

文=新文化編集部

  • 十二人の手紙 (中公文庫)
  • 『十二人の手紙 (中公文庫)』
    ひさし, 井上
    中央公論新社
    776円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

中央公論社(当時)が1980年4月に刊行した井上ひさし『十二人の手紙』が、今年に入って10万部を増刷するヒット作になっている。同書は、家族や友人に宛てた12人の手紙が織りなすミステリ小説。濃密な人間ドラマから予想だにしない結末に至る。

昨年末、啓文社西条店(広島)の三島政幸氏が、同書を〝掘り起こし作品〟として中央公論新社に推薦したことがきっかけとなった。仕掛け販売する書店は当初約200店舗だったが、現在は600店規模にまで拡大。1月に1万部、2月に3万部、3月に6万部を増刷、計13万3000部。井上氏は4月、没後10年を迎える。

新文化オンラインへ

« 前の記事TOPバックナンバー次の記事 »