2008年

本の雑誌増刊号

『おすすめ文庫王国 2008年度版』

本の雑誌増刊

  2008年12月5日搬入

2008年の文庫界を総括!

今年も文庫王国の季節がやって来たゾ! 毎年恒例の本の雑誌編集部が決定する編集部ベストに、各ジャンルの識者によるジャンル別ベストテンで、今年の文庫の読み逃しをチェックするのだ! こだわりの選択眼を持つ書...

日本読書株式会社シリーズ

『よりぬき読書相談室 疾風怒濤完結編』

本の雑誌編集部(編)

  2008年11月19日搬入

活字にまつわるお悩みをズバット解決! 読書相談室よ永遠に

「WEB本の雑誌」の人気コーナーの書籍化第七弾!"読書相談室"に寄せられたユーザーからの活字に関するお悩みに、第一線で活躍する書評家たちがズバリお答えしちゃいます。 こどもの頃読んだ本のタイトルを教え...

『新装改訂版 本の雑誌風雲録』

目黒考二

  2008年10月22日搬入
「この本を品切れにしているのは恥だ!!」2代目発行人・浜本は涙ながらに猛省し、編集長・椎名は「いい本はいつまでもいいのだ!」と力強く言い切った。「本の雑誌」を陰で支えた配本部隊の10年間を初代発行人が...

『おかしな時代』

『ワンダーランド』と黒テントへの日々

津野海太郎

  2008年10月1日搬入

そしてサブカルチャーが生まれた。

アングラ劇団旗揚げのかたわら、『新日本文学』で編集を学び、晶文社で雑誌みたいな本を次々刊行。黒テントをかついで日本縦断のはて、幻の雑誌『ワンダーランド』を創刊! 60年安保から東京オリンピック、そして...

『ミステリ交差点』

博覧強記の現代エンターテインメント時評

日下三蔵

  2008年8月20日搬入

愛すべき小説バカが書き綴った情熱のブックガイド誕生!

 「小説現代」連載の毎月二冊の本を取り上げ、テーマやサブジャンルなどの共通点を軸に紹介するユニークなミステリ時評コーナーがついに単行本化! 全68回の連載で紹介作家121人以上、紹介冊数140冊以上、...

『ほたら、一丁。』

中場利一

  2008年7月22日搬入

「ヤタケタで、ええねん。」

 江戸一マークのダボシャツをひるがえし、ゴムホース色のパンダで阪和自動車道をすっ飛ばす。今夜は岸和田、明日はミナミ。ダイエットベルトを腹に巻き、深夜のバーで美人をくどく。岸和田の「一生、遊んで暮らした...

『辺境の旅はゾウにかぎる』

高野 秀行

  2008年6月11日搬入

旅エッセイ・対談・書評など辺境作家・高野秀行の魅力をこの一冊に!

辺境作家・高野秀行、初のバラエティブック誕生。アヘン王国脱出話から、角田光代、井原美紀、内澤旬子、船戸与一、大槻ケンヂとの対談、辺境の視線で読む書評と、辺境作家・高野秀行の魅力をすべて詰め込んだ1冊で...

『どうして僕はきょうも競馬場に』

亀和田 武

  2008年5月22日搬入

2008年度JRA賞馬事文化賞受賞!

山口瞳『草競馬流浪記』から24年-地方競馬場を亀和田武が旅をする 「人ったらし」の作家として、またテレビのコメンテーターとして活躍中の亀和田武はなにを隠そう無類の競馬好き。それもJRAだけではなく、「...

『本屋大賞2008』

本の雑誌編集部(編)

  2008年4月8日搬入

さあ! 発表だ! 本屋大賞!!

記念すべき第5回目を迎えた本屋大賞の発表号! 受賞作家のことばから二次投票、一次投票のすべてを網羅し、「発掘部門」に、特別企画書店員リクエスト、「復刊お願い! この文庫」も堂々掲載! 書店員の気持ち...

『写真集 風の馬[ルンタ]』

渡辺 一枝

  2008年2月14日搬入

チベット 万感の想いをこめて ふりあおぐ 風と光の大地

現在は中国領とされ、「消された国」となったチベットに20年以上も通い続けている渡辺一枝氏。そんな旅のなかで撮り続けてきた写真の中から「いつまでも残って欲しい」という情景をこの1冊にまとめています。 ...