●担当者●文教堂書店青戸店 青柳将人

2018年5月24日更新

『ロミイの代辯』寺山修司

「寺山修司」という存在を意識的に認識して見聞きしたのは、中学2年の時。友人の紹介で知り合って親しくなった、劇作家を目指して脚本を書いている大学生から寺山修司の演劇や映画、そしてそれらに関する書籍を見せ... 記事を見る »
文教堂書店青戸店 青柳将人
文教堂書店青戸店 青柳将人
1983年千葉県生まれ。高校時代は地元の美学校、専門予備校でデッサン、デザインを勉強していたが、途中で映画、実験映像の世界に魅力を感じて、高校卒業後は映画学校を経て映像研究所へと進む。その後、文教堂書店に入社し、王子台店、ユーカリが丘店を経て現在青戸店にて文芸、文庫、新書、人文書、理工書、コミック等のジャンルを担当している。専門学校時代は服飾学校やミュージシャン志望の友人達と映画や映像を制作してばかりいたので、この業界に入る前は音楽や映画、絵、服飾の事で頭の中がいっぱいでした。