●担当者●ときわ書房志津ステーションビル店 日野剛広

2019年5月9日更新

『牙』三浦英之

 ケニア共和国ツァボ国立公園の人気者であったアフリカゾウのサタオ。その無残な死体が発見されたのは今からちょうど5年前の2014年5月。世界的に突出した「牙」を持ったために、密猟者によって生きたまま顔を... 記事を見る »
ときわ書房志津ステーションビル店 日野剛広
ときわ書房志津ステーションビル店 日野剛広
1968年横浜市生まれ 千葉県育ち。ビールとカレーがやめられない中年書店員。職歴四半世紀。気がつきゃオレも本屋のおやじさん。しかし天職と思えるようになったのはほんの3年前。それまでは死んでいたも同然。ここ数年の状況の悪化と危機感が転機となり、色々始めるも悪戦苦闘中。しかし少しずつ萌芽が…?基本ノンフィクション読み。近年はブレイディみかこ、梯久美子、武田砂鉄、笙野頼子、栗原康、といった方々の作品を愛読。人生の1曲は bloodthirsty butchers "7月"。