●担当者●梅田蔦屋書店 三砂慶明

2018年6月7日更新

『火星で生きる』スティーブン・ペトラネック

 空を見上げても赤い点以上には見えない星、火星に、人々(特にアメリカ人)は想像をかきたてられてきました。 映画の古典「市民ケーン」を監督したオーソン・ウェルズは、まだ駆出し時代の1938年に、H.Gウ... 記事を見る »
2018年5月10日更新

『4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した』マイケル・ボーンスタイン&デビー・ボーンスタイン・ホリンスタート

 貨物列車でアウシュヴィッツに移送された数十万人の子どものうち、生きて収容所から出られた8歳以上の子どもは、たった52人でした。生存率0.052%以下の歴史上最悪最大の殺戮工場から、わずか4歳の子ども... 記事を見る »
梅田蔦屋書店 三砂慶明
梅田蔦屋書店 三砂慶明
1982年西宮生まれの宝塚育ち。学生時代、担当教官に頼まれてコラムニスト・山本夏彦の絶版本を古書店で蒐集するも、肝心の先生が在外研究でロシアに。待っている間に読みはじめた『恋に似たもの』で中毒し、山本夏彦が創業した工作社『室内』編集部に就職。同誌休刊後は、本とその周辺をうろうろしながら、同社で念願の書籍担当になりました。愛読書は椎名誠さんの『蚊』「日本読書公社」。探求書は、フランス出版会の王者、エルゼヴィル一族が手掛けたエルゼヴィル版。フランスに留学する知人友人に頼み込むも、次々と音信不通に。