[前月号へ] [次月号へ]

2009年11月 七輪かっぱらい号 No.317

11月 七輪かっぱらい号 No.317
定価:700円
取次搬入:2009年10月13日
(一部地域では2,3日遅れることがあります)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS
>> ブックサービス
 戦後無頼派も第三の新人も遠くなりにけり、川上未映子も磯崎憲一郎もいいけれど、たまには昭和の文学も読み返してみたい! というわけで、本の雑誌11月号の特集は「昭和の文学が面白い!」。雑文家と趣味人と評論家の違いがよおくわかって目黒考二の目からはウロコがぼろぼろ、最後には編集長・椎名も乱入する倶楽部亀坪主催の昭和雑文家番付編成会議から、初心者におすすめの「ちょっとナナメから入る」昭和の文学入門、乙女派書店員が選ぶ「イケメン作家グランプリ」に、酒つま編集長の「文士の酒場」潜入ルポ、さらに10代から50代まで128人に聞いた「モテモテ文学大調査」まで21ページの超特集。おっと、忘れちゃいけない、読者が選ぶ「昭和の文学」もあるぞ!

 新刊めったくたガイドは三橋曉が待望ウィンズロウの疾風怒濤一大絵巻を一気読みすれば、山崎まどかは物語の力を描く『ミスター・ビップ』を素晴らしい、と太鼓判。大森望が『あなたのための物語』を胸に迫る傑作、と絶賛すれば、宇田川拓也は軽やかでヘビーな『初恋ソムリエ』にやっぱりびっくり! アライユキコが仕掛けたっぷり鳥居みゆき劇場へようこそ!と誘えば、金子のぶおは冥王星、デザイン、遊眠社と、過去を訪ねて未来を想う日々。そして北上次郎は直球&変化球の野球小説二本立てをぐいぐいぐいと一気読みだあ! さあ、読書の秋本番、あなたもぐぐぐいっと本を読もう!

 そして今月は永江朗が『1Q84』24時で、村上春樹『1Q84』がいかにして社会現象になったのかを報告すれば、吉田伸子は食えばわかる!で、『1Q84』の青豆のスープを堪能。出版社から取次、書店までを独占取材した永江朗の硬派ルポとミルクと生クリームたっぷりの吉田流ポタージュで、今月も『1Q84』にどっぷりつかろう! さらに実生活でエンタメ・ノンフを実践する高野秀行の名前変更物語がどきどきの第2回なら、鏡明の連続的SF話はなんと304回! 9月21日に亡くなった庄野潤三氏に捧げる(20ページを見てくれぃ!)本の雑誌11月号で、今年の秋も読書三昧だあ!

目次

今月の一冊

『1Q84』24時 永江朗
トヨザキ社長の「寄らば斬る!」/橋本治『巡礼』で「!」 豊崎由美
ブックス・墨瓦蝋泥加/千変万化する新大陸の図版集 宮田珠己
高野秀行の辺境読書/謎が謎を呼ぶ歴史エンタメ・ノンフの快作 高野秀行

特集:昭和の文学が面白い!

突発座談会・昭和の雑文家番付をつくる! 亀和田 武・坪内祐三・目黒考二
初心者におすすめ“ちょっとナナメから入る”昭和の文学入門栗原裕一郎
昭和のイケメン作家グランプリ!高頭佐和子
文士の酒場探険記大竹聡 
モテモテ文学大調査!
読者アンケート/これが昭和の文学だ!

マクシタテアン・オビスピエールのオビミシュランM・オビスピエール 
吉田伸子の食えばわかる!/『1Q84』の「青豆のスープ」 吉田伸子
吉野朔実劇場/読書の連鎖 吉野朔実
ヤスミンの墓参り 鏡明

新刊めったくたガイド

待望ウィンズロウの疾風怒濤一大絵巻『犬の力』を一気読み! 三橋曉
物語の力を描く『ミスター・ピップ』が素晴らしいぞ 山崎まどか
長谷敏司の痛切な傑作『あなたのための物語』 大森望
軽やかでヘビーな『初恋ソムリエ』がやっぱりスゴイ! 宇田川拓也
仕掛けたっぷり鳥居みゆき劇場にようこそ! アライユキコ
冥王星、デザイン、遊眠社。過去を訪ね、未来を想う。 金子のぶお
ぐいぐい読ませる直球&変化球の野球小説二本立て! 北上次郎

アルゼンチン作家の楽しい本格ミステリー『名探偵倶楽部』 穂井田直美
面倒な配達 伊野尾宏之
時間と恋愛の名アンソロジー『時の娘』 山岸真
旅心をそそるお散歩ミニコミ『Sanpo Magazine』 柴口育子
不屈の“ロボトミスト”フリーマンの生涯 風野春樹
長寿と繁栄 kashiba@猟奇の鉄人
巨大娯楽スポット江戸を満喫! 渡邊十絲子 
魅力あふれる“民具”を見直そう 川上賢一

実録エンタメ・ノンフ人生/名前変更物語(中) 高野秀行
南の話/カバーは要らないか 青山南
自在横丁/今月の畠中理恵子・高倉美恵・荻原魚雷
ヒーローたちの荒野/吉村昭『死顔』の凄み 池上冬樹
坪内祐三の読書日記/玄武の化粧廻しを憶えているかい? 坪内祐三
ミーツへの道/謎の人事異動 江 弘毅
サッカーストーリーズ/黄色い小さな花 はらだみずき
日本SF戦後出版史/「SF界 1962」の巻 高橋良平
全編ボケ倒しのすごい奴 円城 塔
二人の女性スパイ作家 吉野 仁
あのカーク船長が書いた電脳ハードボイルドSF 池澤春菜
七億円をかけたコーンウェルの大捜査 柳下毅一郎
今月書いた人
今月本の雑誌に遊びに来た人

続・棒パン日常/スタイル  穂村弘
三角窓口/図書館での性的倒錯行動は禁止する! 他
大竹聡の本のつまみ  大竹聡

「刑事コロンボ」の弁護士的読み方 その4「野望の果て」 木村晋介
歩く旅/死者の山 沢野ひとし
今月のお話/この秋はもぐらの夢 椎名誠
後記

[前月号へ] [次月号へ]