[前月号へ] [次月号へ]

2009年12月 担々麺噴火号 No.318

12月 担々麺噴火号 No.318
定価:700円
取次搬入:2009年11月10日
(一部地域では2,3日遅れることがあります)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> HonyaClub.com
>> エルパカBOOKS
>> ブックサービス
 既婚男にとって、もっとも怖い存在は、なんといっても「妻」である! では、愛妻家にも恐妻家にもすごい!と一目置かれる妻とはどんな妻なのか。というわけで本の雑誌12月号の特集は「この妻がすごい!」。リアル妻3人の本音炸裂かしまし座談会から、婚歴別『終の住処』クロスレビューに、妻の心構えを教える中場家の嫁姑対談、そして読者が選んだすごい妻まで、すんごい妻が勢ぞろいのホラーな(?)特集だ。さあ、特別付録「庶民派本好き夫婦双六」で、すごい妻との人生を何度も生きてみよう!

 新刊めったくたガイドは三橋曉が『ロンドン・ブールヴァード』で、「ウ」が「エ」に変わったブルーエンに開眼すれば、山崎まどかは家族三代の歴史『イタリア広場』でタブッキの原点を再認識。大森望が津原泰水の幻想SF『バレエ・メカニック』をイチ押しすれば、宇田川拓也は清々しい希望に満ちた『未踏峰』で心の洗濯! アライユキコが『月食の日』の気負いない率直さに美しいとうっとりすれば、金子のぶおは怪人・佐藤優の「久米島」論に注目。そして北上次郎は傑作青春小説『船に乗れ!』の苦い現実に、世代を超えて共感。いざ、音楽青春小説三部作完結篇を読んで、あなたも青春を取り戻そう!

 今月の図書カード3万円使い放題は本さえなければ真人間の三浦しをん。自腹じゃないのは申し訳ないと思いつつ、「ひとさまのお金で買い物をする」という使命と緊張感を堪能。さあ、若き直木賞作家は何を買ったのか、胸躍らせて読んでくれぃ。さらに10月号で名前を2回も誤植された夢枕獏が怒りの登場! じゃなく、北上次郎氏の「私の生きている間に夢枕獏のすべてのシリーズは完結しないだろう」に今こそ答える突発原稿で登場すれば、エンタメ・ノンフを実人生でいく高野秀行「名前変更物語」は、いよいよ佳境。おっと、忘れちゃいけない、日本唯一のSF短歌誌「フロンティア」の終刊報告もあるぞ。さあ、愛妻家も恐妻家も愛妻も恐妻も独り身も男も女も、読めば満腹、夢いっぱい。本の雑誌12月号で心も体もぽっかぽか。コタツを飛び出して読書の冬に突入だあ!

目次

今月の一冊

図書カード三万円使い放題! 戦争の記憶を伝えるノンフィクションから少女マンガまで! 三浦しをん
吉野朔実劇場/アングラ的料理本 吉野朔実
高野秀行の辺境読書/派遣国家ドバイのカフカ的派遣切り 高野秀行
ブックス・墨瓦蝋泥加/ニューギニアで起こった現代のタイムマシン事件 宮田珠己

特集:特集 この妻がすごい!

妻本音炸裂座談会・できた妻ほど怖いのだ! 東 えりか・さいとうよしこ・吉田伸子
『終の住処』突発クロスレビュー 平本えの・西上心太・林カケ子・茶木則雄
中場家嫁姑対談・祝い金の管理だけはキッチリやりなはれ!
読者が選んだすごい妻!
付録・庶民派本好き夫婦双六

北上さんあと10年生きていただければだいじょうぶですよ 夢枕 獏
こんな授業をしています/ゲストを招いて 古屋美登里
トヨザキ社長の「寄らば斬る!」/『ヘヴン』に激しく揺さぶられる! 豊崎由美
日本唯一のSF短歌誌「フロンティア」が終刊した!
実録エンタメ・ノンフ人生/名前変更物語(下) 高野秀行
誤解がいっぱい 鏡明
南の話/冷麺、ところでコーヒー 青山南

新刊めったくたガイド

『ロンドン・ブールヴァード』でブルーエンに開眼! 三橋曉
タブッキが描く家族三代の歴史『イタリア広場』 山崎まどか
津原泰水の幻想SF『バレエ・メカニック』をイチ押しだ! 大森望
清々しい希望に満ちた『未踏峰』で心の洗濯だ! 宇田川拓也
『月食の日』の気負いない率直さが美しい アライユキコ
怪人・佐藤優の「久米島」論に注目せよ! 金子のぶお
傑作青春小説『船に乗れ!』の苦い現実に共感する 北上次郎

実力作家ローラ・リップマンの短編集をお勧め! 穂井田直美
秋の記憶 伊野尾宏之
俊英集結バラエティ豊かな『神林長平トリビュート』 山岸真
凛としたミニコミ『手の間』にドキドキする! 柴口育子
日本のUFO伝説「うつろ舟」調査の決定版が出た! 風野春樹
2010年わが社の架空玉 kashiba@猟奇の鉄人
古語のひびきを伝える『原始日本語のおもかげ』 渡邊十絲子
父娘二代で書き継ぐ播州そろばんの歴史 川上賢一

よさこい少女マンガ格闘記/スピリチュアル満載三大誌にクラクラ! ビンゴ本郷
文学賞記者日記
マクシタテアン・オビスピエールのオビミシュラン M・オビスピエール
坪内祐三の読書日記 お願い、日活や大映、松竹は待ってて、でも新東宝のは定期購読したい気がする 坪内祐三
ミーツへの道/だんじりとタイガース 江 弘毅
自在横丁/今月の畠中理恵子・高倉美恵・荻原魚雷
ヒーローたちの荒野/心理を説明しない片岡作品の新鮮さ 池上冬樹
サッカーストーリーズ/陽だまりのスタンド はらだみずき
『ボルドーの義兄』謎の276文字を追う 円城 塔
戦時中に刊行されたヒューズの二作品 吉野 仁
絢爛豪華な遠未来に漂う退廃と寂寞 池澤春菜
趣味なのかルポなのか?現代の冒険譚 柳下毅一郎
今月書いた人
掲載図書索引
今月本の雑誌に遊びに来た人

続・棒パン日常/読書用 穂村弘
三角窓口/浜田を指名して一年間トキメこう!? 他
大竹聡の本のつまみ 大竹聡

「刑事コロンボ」の弁護士的読み方 その5「溶ける糸」 木村晋介
歩く旅/ぬばたまの七国山 沢野ひとし
今月のお話/バトンタッチ 椎名誠
後記

[前月号へ] [次月号へ]