担当=牧眞司

オリジナル・アンソロジー・シリーズの三冊目。七篇を収録。
2020年9月23日12:09

【今週はこれを読め! SF編】

オリジナル・アンソロジー・シリーズの三冊目。七篇を収録。
 オリジナル・アンソロジー・シリーズの三冊目。七篇を収録。  作者それぞれの持ち味を活かした作品が居並ぶなか、もっとも印象に残ったのは堀晃「循環」だ。『Gene...
異質な敵の全容、失われた文明の謎、そして秘匿された人類史
2020年9月15日12:05

【今週はこれを読め! SF編】

異質な敵の全容、失われた文明の謎、そして秘匿された人類史
 林譲治による本格ハードSFシリーズがついに完結した。  このシリーズが優れているのは、地球上での戦闘をたんに宇宙へ移したミリタリーではなく、宇宙における距離、...
迷路を進むと〈薄暮〉が追いかけてくる。歴史も人生も。
2020年9月8日12:06

【今週はこれを読め! SF編】

迷路を進むと〈薄暮〉が追いかけてくる。歴史も人生も。
 映画化された超大作『クラウド・アトラス』で知られるデイヴィッド・ミッチェルが、2014年に発表した長篇。世界幻想文学大賞を受賞した。 『クラウド・アトラス』に...
1950年代の宇宙移住計画、宇宙飛行士を目ざす女性の奮闘
2020年9月1日15:51

【今週はこれを読め! SF編】

1950年代の宇宙移住計画、宇宙飛行士を目ざす女性の奮闘
 1950年代のアメリカ。性差別・人種差別が根強く残る時代に、宇宙飛行をめざす女性たちがいた。第二次大戦中に婦人操縦士隊のメンバーとして従軍したベテラン、あるい...
美をめぐる真正と倫理を、SFの設定とミステリの構成で描く
2020年8月25日17:11

【今週はこれを読め! SF編】

美をめぐる真正と倫理を、SFの設定とミステリの構成で描く
 地球の衛星軌道上に建造された博物館天体〈アフロディーテ〉を舞台とするシリーズ三巻目。絵画・工芸・音楽・舞台・文芸・動物・植物などありとあらゆる美が網羅され、デ...
14歳の少女にして宇宙船、戦争と人命救助のスペース・オペラ
2020年8月18日19:03

【今週はこれを読め! SF編】

14歳の少女にして宇宙船、戦争と人命救助のスペース・オペラ
 2018年度英国SF協会賞受賞作。複数の語り手が入れ替わりながら、銀河規模での歴史的事件が語られる。邦題の「ウォーシップ・ガール」とは、その語り手のひとり、宇...
新たな壮途へ乗りだした年刊日本SF傑作選
2020年8月11日15:13

【今週はこれを読め! SF編】

新たな壮途へ乗りだした年刊日本SF傑作選
 創元SF文庫で十二年つづいた《年刊日本SF傑作選》を後継するアンソロジー・シリーズ。版元を移した経緯や、編者が大森望・日下三蔵のタッグチームから大森ソロへ変わ...
埋もれた名作を発掘・再評価する意欲的アンソロジー
2020年8月4日17:27

【今週はこれを読め! SF編】

埋もれた名作を発掘・再評価する意欲的アンソロジー
 昨夏に刊行された短篇集『なめらかな世界と、その敵』(本欄でも紹介)によって、一躍、現代日本SFの最先鋭へと躍りでた伴名練。小説家のみならず、「読み手」としても...
歴史改変戦争。時間の家父長制をいかにくつがえすか。
2020年7月28日19:03

【今週はこれを読め! SF編】

歴史改変戦争。時間の家父長制をいかにくつがえすか。
 ジャック・ウィリアムスン『航時軍団』以来、あるべき未来を賭して、排反的なふたつの勢力が抗争する展開のSFはいくつも書かれてきた。もっとも有名なのは、フリッツ・...
作者一流の書法と画像的想像力の横溢。さまざまな側面を示すショーケース。
2020年7月21日13:40

【今週はこれを読め! SF編】

作者一流の書法と画像的想像力の横溢。さまざまな側面を示すショーケース。
 酉島伝法の三冊目! 待望の短篇集だ。  一冊目は創元SF短編賞を受賞したデビュー作を表題とする連作集『皆勤の徒』。 二冊目は書き下ろし長篇『宿借りの星』。 ど...