1月6日(水)書評家4人の2020年解説文庫リスト

〔大森望〕

1月『機巧のイヴ 帝都浪漫篇』乾緑郎(新潮文庫)
  『ペニス』津原泰水(ハヤカワ文庫JA)
2月『ぼくとおれ』朝倉かすみ(実業之日本社文庫/『地図とスイッチ』改題)
  『2010年代SF傑作選』大森望・伴名練編(ハヤカワ文庫JA※編者解説)
3月『アイドル 地下にうごめく星』渡辺優(集英社文庫)
6月「推しの三原則」進藤尚典(ゲンロンSF文庫※電子書籍)
  「枝角の冠」琴柱遥(ゲンロンSF文庫※電子書籍)
  『三体Ⅱ 黒暗森林』劉慈欣(早川書房※訳者解説)
7月『オクトローグ 酉島伝法作品集成』酉島伝法(早川書房※単行本)
  『ベストSF2020』大森望編(竹書房文庫※編者解説)
11月『トランスヒューマン ガンマ線バースト童話集』三方行成(ハヤカワ文庫JA)

「ひとこと」
 11本のうち、編者解説や訳者解説、単行本や電子書籍を除いて、純粋な「文庫解説」に限定すると、たった5本しかない。とくに2020年の後半は、開店休業どころか閉店ガラガラ状態だったんですが、これはべつだんコロナ禍における東京都の休業要請に応じたからではなく、たんに受注がなかったから。数少ない注文も、ひたすら《三体》三部作を翻訳していることを理由に何件か断ってしまい、結果的にますます数が減って、この20年くらいでたぶん自己最少本数を記録。この解説文庫リストのアンケートもぼちぼちクビになるんじゃないかと心配ですが、2021年は営業再開を目指したいと思っております。本年もよろしく。


[杉江松恋]

2月『警部ヴィスティング カタリナ・コード』ヨルン・リーエル・ホルスト/中谷友紀子訳(小学館文庫)
  『動物たちのまーまー』一條次郎(新潮文庫)
  『AX』伊坂幸太郎(角川文庫)
  『ザ・チェーン 連鎖誘拐』エイドリアン・マッキンティ/鈴木恵訳(ハヤカワ・ミステリ文庫)
3月『人魚の石』田辺青蛙(徳間文庫)
  『オブリヴィオン』遠田潤子(光文社文庫)
4月『息子と狩猟に』服部文祥(新潮文庫)
  『ハーリー・クィンの事件簿』アガサ・クリスティ/山田順子訳(創元推理文庫)
  『バスを待つ男』西村健(実業之日本社文庫)
  『悪の血』草凪優(祥伝社文庫)
6月『祈り』伊岡瞬(文春文庫)
7月『恍惚病棟』山田正紀(祥伝社文庫)
8月『笑う死体 マンチェスター市警エイダン・ウェイツ』ジョセフ・ノックス/池田真紀子訳 (新潮文庫)
9月『娘を呑んだ道』スティーナ・ジャクソン/田口俊樹訳(小学館文庫)
  『編集ども集まれ!』藤野千夜(双葉文庫)
  『作家の秘められた人生』ギョーム・ミュッソ/吉田恒雄訳(集英社文庫)
  『シカゴ・ブルース』フレドリック・ブラウン/高山真由美訳(創元推理文庫)
  『老いた男』トマス・ペリー/渡辺義久訳(ハヤカワ文庫NV)
10月『笑え、シャイロック』中山七里(角川文庫)
11月『乗りかかった船』瀧羽麻子(光文社文庫)
  『コロッサスの鉤爪』貴志祐介(角川文庫)
  『ファントム 亡霊の罠』ジョー・ネスボ/戸田裕之訳(集英社文庫)
  『つけ狙う者』ラーシュ・ケプレル/染田屋茂(扶桑社ミステリー)

「ひとこと」
 新型コロナ・ウイルスの影響はそれほど受けていないつもりでいたのだけど、振り返ってみると自粛期間の影響が出ているのがよくわかる。6〜8月に出た本が少ないのだ。もちろんその間にも原稿は書いているわけだが、9月になってどばっと刊行されている。

 2019年に書いた解説は17本、2020年は23本で増加傾向にある。いつも気にしている海外作品の比率は、昨年が8/17だったのに対し、9/23とパーセンテージでは少し減った。

 23本すべて書いた解説は気に入っている。楽しかったのは『編集ども集まれ!』だろう。これは「信用できない語り手」小説に入る作品で、中盤以降で言及される事実に触れないと解説の意味をなさなくなる。しかしそれはネタばらしになるわけで、もどかしいところを文章でなんとか切り抜けたつもりだ。行数が足りなくなって、最後は外科手術みたいにあっちを切り、こっちを切りと調整してなんとか収めた。書き始め、書き終わったところで終わる、というやり方でいつもやっているので、字数を切り詰めることはほとんどなく、珍しい経験になった。

 楽しいと同時に苦しかったのは『乗りかかった船』で、作中で語られていることが勤め人時代に熟知している業務だったせいで、つい自分語りをしそうになって困った。自制して自制して、何とか黒子でいることに成功したのでこれも思い出深い。

 海外作品では『ハーリー・クインの事件簿』と『シカゴ・ブルース』が忘れ難い本になった。両方とも書誌の調査に時間がかかり、編集者を焦らせたのである。あ、同じ版元か。その節はすみませんでした。

 特に『シカゴ・ブルース』は、絶対に必要なはずなのに今から外国の本屋に注文していたら間に合わない、万事休すか、と諦めかけた資料が、ふと振り向いたら背後の書棚にあるのを発見してびっくりした。ちゃんと買っておいた過去の自分に感謝したが、そんな本を買ったことを失念していた過去の自分にも文句を言いたいと思う。だから本がどんどん増えていくのだ。


[池上冬樹]

1月『愛する我が祖国よ』森村誠一(中公文庫)※『サランヘヨ、北の祖国よ』改題
3月『誘鬼燈』森村誠一(集英社文庫)
  『東京クルージング』伊集院静(角川文庫)
4月『明日香さんの霊異記』高樹のぶ子(潮文庫)※『少女霊異記』(文藝春秋)改題
  『暗手』馳星周(角川文庫)
5月『もしも私が、あなただったら』白石一文(文春文庫)
6月『琥珀の夢 鳥井信治郎』伊集院静(集英社文庫)
8月『海馬の尻尾』荻原浩(光文社文庫)
9月『雨降る森の犬』馳星周(集英社文庫)
  『グッド・ドーター』カリン・スローター 田辺千幸訳(ハーパーBOOKS)
  『恋々』東山彰良(徳間文庫/※徳間文庫『さよなら的レボリューション』改題新装版・解説文追加)

「ひとこと」
 9月で終わっているのには訳がある。11月と12月刊行予定の文庫解説依頼を3冊断ったからである。ある仕事(吉村昭の短篇アンソロジー)を準備していて、とても時間がとれないと思ったからだが、結果的にその仕事は延びて(でも今年前半に2冊出ます)、11月に依頼のあったものを受けることができた(だから1月に2冊出ます)。

 いずれにしろ11冊(実際は10冊だろう)は前と比べると少ないかもしれない。しかも森村誠一、伊集院静、馳星周が各2冊なのだから、バラエティ豊かとはいえないだろう。でも自分ではとても満足しているし、とくに伊集院さんの2冊と馳星周の『暗手』(この作品はもっと評価されていい)には愛着がある。日常系のミステリを題材にした高樹作品も実にキュートで、さりげない技も光っていて、注目されていい(面白いよ!)。

 個人的にはやはり、カリン・スローターの解説を担当できたのは、評論家としては嬉しかった。なぜかミステリ・ベストテンには入らないが(どうしてだ?)、これほど凄い女性作家もいないと思う。


[北上次郎]

2月『不屈 山岳小説傑作選』(ヤマケイ文庫)
  『開かれた瞳孔』カリン.スローター/北野寿美枝訳(ハーパーBOOKS)
  『いまひとたびの』志水辰夫(新潮文庫)
3月 『パラスター Side百花/Side宝良』阿部暁子(集英社文庫)
  『球道恋々』木内昇(新潮文庫)
4月 『咲ク・ラク・ファミリア』越智月子(幻冬舎文庫)
  『母のあしおと』神田茜(集英社文庫)
6月 『骨を弔う』宇佐美まこと(小学館文庫)
7月 『南風吹く』森谷明子(光文社文庫)
  『ヘルドッグス 地獄の犬たち』深町秋生(角川文庫)

「ひとこと」
 これ以外に「色川武大・阿佐田哲也電子全集」小学館の解説を2020年は7本書いたが、文庫解説は以上の10本。このうち『いまひとたびの』は1997年に
文庫化されたものに、書き下ろし短編「今日の別れ」を足した「完全版」で、
1997年の文庫解説に、その後時代小説を書き始めるまでの軌跡の紹介を5〜6枚書いて足したもの。

『不屈』は編者解説で、『母のあしおと』は単行本が出たときに書いた書評を
巻末に載せたもの。つまり純粋な文庫解説は7本にすぎない。刊行月を見てもらえれば一目瞭然だが、8月以降はなんとゼロ。大森望には翻訳で忙しかったとの理由があるようだがわたしにはそういう理由がない。本当に注文がなかった。断ったのは1本だけ。

 暇なので、ミステリマガジンに連載の「勝手に文庫解説2」をどんどん書いてしまった。ミステリマガジンはただいま隔月刊なので、年間6冊。早めに書いた「勝手に文庫解説2」の原稿は6本。つまり2021年分はすべて書いてしまった。2021年も文庫解説の依頼が少なければ「勝手に文庫解説2」の原稿をどんどん書いていくつもりである。この原稿は1回10枚なので文庫解説とほぼ同じ。そのうちここには早めに書いた「勝手に文庫解説2」のタイトルが並ぶかも。

12月2日(水)『追憶の東京』と「時の鐘」

  • 追憶の東京:異国の時を旅する
  • 『追憶の東京:異国の時を旅する』
    アンナ シャーマン,吉井 智津
    早川書房
    2,420円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 アンナ・シャーマン『追憶の東京』(吉井智津訳/早川書房)は、2000年代始めの10年あまりを東京で過ごした英国在住作家の日本滞在記だ。

 この本にはさまざまな本が紹介されていて、長谷川時雨『旧聞 日本橋』、川端康成『浅草紅団』など、読みたくなる本が多い。中でも冒頭に引用されている吉村弘『大江戸時の鐘 音歩記』(春秋社 2002年)の印象が強い。おお、これを読みたいと思ったが、いろいろ調べても入手できず、諦めかけていたころに知人が送ってくれた。

『追憶の東京』は素晴らしい書だが、この『大江戸 時の鐘 音歩記』も素晴らしい。寛永3年(1750)、幕府公認の「時の鐘」が江戸には10箇所あったという。日本橋本石町、浅草寺、上野山内、本所横川町、芝切通、市ヶ谷亀岡八幡、目白下新長谷寺(目白不動)、四谷天龍寺、赤坂田町、下大崎寿昌寺の10箇所だ。のちに、中目黒祐天寺と巣鴨子育て稲荷が加わって12箇所。無認可で撞いていたところも数カ所ある。

 この中で現存している「鐘」は6か所。さらに、今日でも撞かれているものには、上野(明け六つ、正午、暮れ六つ)、浅草寺(明け六つ)、中目黒祐天寺と3つ。興味深いのは、これらの「時の鐘」の音が、どのように周囲に伝わっていったのか、その音が届く範囲を図に描いていることだ。その口絵を見ると、江戸の町がほぼ音で覆われていることがわかる。江戸のどこに住んでいても、どこかの「時の鐘」が聞こえるのである。
 
 花の雲 鐘は上野か浅草か

 という芭蕉の句を取り上げた著者は、芭蕉が住んでいた、大川と小名木川が交わる深川芭蕉庵は、上野から3・8キロ、浅草から3・4キロ。本当に聞こえたどうかは微妙であると書いている。鐘の大きさによっても音の届く範囲は異なるから何とも言えないが、日本橋本石町の「時の鐘」から2キロ、本所横川町の「時の鐘」から1・8キロ。こちらのほうが近いことはたしかだ。近隣の寺々の梵鐘も鳴っていただろうから、深川では多くの寺からの鐘の音につつまれて人々は暮らしていた、ということになる。

 江戸の初期、寺院の鐘とは別に、純粋に時間だけを知らせる目的で始められたことは画期的なことであった、と吉村弘は書いている。江戸に住むひとびとは、二時間おきに鳴る鐘を聞いて起き、仕事に出掛け、そして寝た。「時の鐘」は彼らの生活に欠かすことが出来なかった。

 幕府の公認以外の鐘もあったと先に書いたが、鐘の音が届く範囲ぎりぎりのところでは、近隣に住む人々のために無認可で鳴らす鐘もあったのではないかと著者は書いている。そのひとつの例として、深川富岡八幡の例をあげている。
 この書から引く。

「時の鐘」が明け六つの時を告げると,朝靄がたちこめる町内には朝食の支度がはじまるのを見計らって,シジミ売り、とうふ売りなど独特の口調の声が聞こえてくる。物売りの声は日暮れまで様々な職種が登場して、1日中どこからともなくストリートの調べを奏でている。物売りの声によって時間がわかったりする。

 鐘の音の向こうに、物売りの声、そして人々の暮らしがつくる音が聞こえてきそうだ。

11月19日(木)群司次郎正のハルピン

 群司次郎正は『侍ニッポン』の作者として知られている。1931年(昭和6年)、映画原作として書き下ろされたこの小説は、桜田門外の変を舞台に、井伊直弼の子として生まれた新納鶴千代を主人公にしたもので、その年、大河内伝次郎主演で封切られるとその主題歌を含めて大ヒット。

 このあと、1935年に阪東妻三郎、1955年に東千代之介、1957年に田村高廣、1965年に三船敏郎が主演と、映画化は合計5回。最後の映画化が55年前のことなので、もはや忘れられているが、個人的に気になっていたのは、新納鶴千代が昭和初期の虚無的ヒーローの一人であるからだ。

 突然読みたくなって、書棚を探してみた。少し前のことである。講談社の大衆文学館版を持っているはずだ。1995年から全100巻で刊行されたこの文庫版全集は全巻所持しているはずなのだが、書棚を探すといくつか欠本があって、肝心要の『侍ニッポン』がない。

 仕方ねえなあと、昭和48年6月に中央公論社から出た『侍ニッポン/幕末ニッポン』を買ってきた。この版を購入したのは、『侍ニッポン』には続篇があると何かで読んだので、この「幕末ニッポン」がそうではないかと思ったからだ。もっと調べてから買えばよかった。「幕末ニッポン」は戦後書かれた連作で(郡司次郎正は昭和48年1月没。つまり中央公論社のこの版は没後すぐに出たものだ)、厳密な意味では続篇ではなかった。じゃあ、続篇はどこにあるのだと探して購入したのが、昭和32年、洋々社から出た『新編 侍ニッポン』である。

 私がうかつなのは、そこでようやく気がついたことだ。この『侍ニッポン』、読んでいるのではないか。昭和初期の虚無的ヒーローなら、『冒険小説論』(早川書房/双葉文庫)を書くときに読んでいるのではないか、と突然気がついた。で、急いで『冒険小説論』を開いてみると、ありました。やっぱり読んでいたんだ。しかし、それを読んで愕然。

「当時は映画化され、歌にもなって一世を風靡したらしいが、今読むと退屈な小説にすぎない。内実を伴わずにテーマが先走った小説は風化しやすい典型だろう」

 と私は『冒険小説論』で書いている。退屈なのかよ。しかし、そのときは退屈でも、読んだのは30年前であるから、いま読めば違った感想を抱くかもしれない。そういうことは十分にありうる。でもなあ、読もうという意欲は決定的にそがれてしまった。

 群司次郎正が競馬を題材に小説を書いている、という話は聞いたのは、そうやって意気消沈していたころで、よおし、じゃあそっちを読もうと購入したのが、『ハルピン女』(1932年に雄文閣から出たものを、1998年に大空社が復刊)。この大空社版は、リバイバル〔外地〕文学全集の一巻で、井東憲『上海夜話』や、村松梢風『男装の麗人』など、他にも読みたいものが少なくない。

13050679390260.jpg


 それはともかく、この『ハルピン女』は、「ハルピン通信集」と「ハルピン小説集」の二部からなっていて、「通信や小説の姿を借りたハルピンの歓楽街案内であり、また白系ロシア人たちの生活習慣の詳細な紹介」(解説・末永昭二)である。ようするに、1931年に「小説のネタを探しに」ハルピンに行った群司次郎正の報告なのだが、特徴は、諸物価を克明に書いていることと、満州事変勃発が街の空気をどう変えたのか、その詳細が描かれていることだろう。白系ロシア人の一般家庭でなにを食べているのか、その一日の献立表まで挿入されているから風俗資料として興味深い。

 この中に、「競馬場で拾った女」という一篇がある。ハルピン競馬場は新市街の馬家溝にあった。戦前に発行された「ハルピン遊覧案内」を見ると、新市街の端に「競馬場」の文字が見える。

13050679990760.jpg



 興味深いのは、ハルピン市内の諸物価を克明に書く群司次郎正だけあって、ここでもさまざまな値段を克明に書いていることだ。たとえば、競馬場の入場料は33銭(当時の日本円に換算して表記しているのも群司次郎正の特徴だ)。一等席は立ち見だが、二等席の美しさは大変なもので、競馬場が一種の社交場と化している、と群司次郎正は書いている。

 おやっと思ったのは、最初のレースがトロットレースであったことだ。これは2輪車に乗った騎手(ドライバーと言う)を馬が引っ張るもので、ハーネス競馬ともいう。オーストラリア競馬のドキュメントをグリーンチャンネルで見たことがあるが、オーストラリアにはハーネス競馬専用の競馬場が幾つもあって盛んに行われていた。日本でも1968年まで行われていたようだが(地方競馬では1971年まで実施)、私が競馬を始めたのはハイセイコーとタケホープが死闘を演じた1973年の菊花賞からなので、見たことはない。いまでもヨーロッパでは盛んだというのだが、私は海外競馬にも詳しくないのでいまだに未見。そのトロットレースが著者たちの前で繰りひろげられるのである。

 それと当時のハルピン競馬に女性騎手のレースがあったことも、この作品で知った。そこにこうある。

「試合の前に僕達は騎手のたまりへ声援に出かけた。溜というのも名ばかりで、女騎手達は馬の持ち主や、三、四の知人達に囲まれて黒パンを齧って牛乳を飲んでいた。とても綺麗なのも居ったがタマーラの友達のニーナというのはかぼちゃみたいな顔をしたがっちりした女だった」

 レース直前に黒パンを食べるのかよ、と思う箇所だ。ハルピン競馬は毎週日曜に行われていたようだが、「ロンドンのピカデリーとパリのモンマルトルをこき混ぜて二で割っても、こんな複雑な多様性の街は成立しない」というハルピンの猥雑な雰囲気がよく描かれている。いや、それだけの話なんですが。

10月12日(月)読書の秋、競馬の秋

 2月末からずっと続いていた無観客競馬も、先週から観客を入れ始めた。まだ指定客の一部に限っているので、競馬場に入れるのは少数の客に過ぎないが、7カ月半も無観客だったのだから、ようやく動き始めたとの思いが強い。

 折よく、秋華賞、菊花賞、天皇賞秋、とG1が続く。愉しみなシーズンだ。そういうときに、魅力的な本が出た。石川肇『競馬にみる日本文化』(法藏館)。いやあ、素晴らしいぞこれは。

 まず、菊池寛から吉屋信子まで、多くの作家と競馬の関連が描かれる。たとえば、昭和30年のダービーの1番人気ケゴン(皐月賞馬)の馬主は吉川英治で(NHK杯を制したイチモンジも出走していたが、この馬主は吉屋信子)、雨が降りしきる最悪のコンディションで行われたその年のダービーを勝ったのは伏兵の逃げ馬、「雨の鬼」オートキツ。そのときの様子を、舟橋聖一は小説新潮の昭和30年8月号に「ケゴン買う夏子」として書いている。夏子ものの第46作である。この「ケゴン買う夏子」は、舟橋聖一の夏子を通したダービー観戦記、反省記だ、と石川肇は書いている。

 石川肇は、平成27年に、週刊ギャロップのエッセイ大賞を受賞した人である。そのときのエッセイが「舟橋聖一の愛馬命名と女たち」で、それが縁で同誌で「馬の文化手帖」の連載が始まり、そのシーズン1が本書の第1部。シーズン2が第2部だが、この第2部については後述する。

 日本初の競馬ミステリーが、大庭武年「競馬会前夜」(新青年の昭和5年12月号)であること。遠藤周作『競馬場の女』は福島競馬場小説であること。井上靖にも「鮎と競馬」を始めとして競馬小説が幾つもあること。中里恒子「競馬場へ行く道」は根岸競馬場小説であること──文学者と競馬の関係が次々に飛び出してくるから、滅法面白い。

 つまり第一部だけでも面白いのだ。帯に「競馬文壇史」とあるけれど、小説と競馬を好きな人には絶対のおすすめなのである。ところが本書には第二部「競馬場の地図絵巻」がおまけのように付いていて、これが白眉。吉田初三郎の鳥瞰図が、カラーで次々に出てくるのだ。吉田初三郎ファンにはこれだけで嬉しい。日本各地はもちろんのこと、樺太、台湾まで、全12回(ちなみに第1部は全23回だ)。

 吉田初三郎は「大正の広重」と言われた人で、数多くの鳥瞰図を残しているが、高知県を描いているのに富士山が見えたり、ハワイが見えたりするように(そんなバカな!)、極端なデフォルメが特徴。見ているだけで飽きないが、これが私らのような競馬ファンに興味深いのは、各地の競馬場が描かれているからだ。青森の八戸競馬場から、京都の長岡競馬場まで、いまはなき競馬場がその鳥瞰図に残されているのである。

 吉田初三郎が競馬に興味があったわけではないと思う。全国の鳥瞰図を描くと、競馬場が入ってしまうのである。そのくらい、昔は各地に競馬場があった。グリーンチャンネルで放映していた「競馬ワンダラー」は、その「今はなき競馬場の跡地をめぐる」ドキュメントだったが、各地にあった競馬場の息吹を伝えて大変興味深かった。そうか、「競馬ワンダラー」のファンにも本書はおすすめだ。

 第二部「競馬場の地図絵巻」では、吉田初三郎の鳥瞰図を紹介しながら、いまはなき各地の競馬場と文学者(そしてその作品)との関係を描いていて、興味は尽きないのである。

7月21日(火)今日届いた本

 よしだまさしさんから「熱中! フィリピン映画」という私家版が送られてきた。よしださんは、2009年に「途中下車の古本屋」という私家版を出し、そのときも当欄で紹介したが、今回はこのタイトルからわかるように、対象はフィリピン映画。

IMG_1712.JPG



 しかも映画祭で上映されるような評価の高いフィリピン映画ではなく、よしださんが紹介するのは、「フィリピンのごくごく普通の映画館で上映され、フィリピンのごくごく普通の観客が観に行くような、いわゆるローカルムーヴィ」である。

 たとえば、フィリピン映画の興収ベスト10が最初に紹介されているが、その10本中半分の5本に出演しているヴァイス・ガンダというフィリピンの映画俳優がいる。彼が出る映画の大半はコメディ映画で、これがつまらないとよしださんは書いている。ところが年末になると、彼が主演する映画が必ず上映され、お約束のように大ヒットするという。

 ちなみに、そのヴァイス・ガンダが主演する「Beauty and the Bestie」で日本人ヤクザを演じているのが、ジャッキー・ウーという日本人で、フィリピン、香港、台湾、中国、韓国で活躍している俳優だが、この映画で手下が韓国語で報告してくると「何言ってんだかわかんねえよ。韓国語で報告するんじゃねえよ」という日本語の台詞があり、思わず吹き出してしまったとよしださんは書いている。

 興味をひかれたのは、2018年に制作された「We Will Not Die Tonight」という作品で、この映画について著者は次のように書いている。

 勝手に邦題をつけるとすると「夜を生き延びろ」といったところか。フィリピンには珍しいシンプルなアクション映画だ。そこにあるのは、襲いかかるギャングたちとの過激なバトルと逃走劇のみ。しかし、登場人物のキャラクターがしっかりしており、緩急のあるアクション演出もみごとで、まったくだれるということがない。ずっと緊張感が持続するのだ。

 おお、これは観たい──と思って読み進むと、「なんと本書の制作中に『ネバー・ダイ』という邦題で劇場公開されてしまった。いずれ、DVDもリリースされることだろう。ぜひ、ご覧いただきたい」とよしださんが書いている。DVDが出たら絶対に買うので、誰か教えてくれい!

« 前の記事