7月21日(火)今日届いた本

 よしだまさしさんから「熱中! フィリピン映画」という私家版が送られてきた。よしださんは、2009年に「途中下車の古本屋」という私家版を出し、そのときも当欄で紹介したが、今回はこのタイトルからわかるように、対象はフィリピン映画。

IMG_1712.JPG



 しかも映画祭で上映されるような評価の高いフィリピン映画ではなく、よしださんが紹介するのは、「フィリピンのごくごく普通の映画館で上映され、フィリピンのごくごく普通の観客が観に行くような、いわゆるローカルムーヴィ」である。

 たとえば、フィリピン映画の興収ベスト10が最初に紹介されているが、その10本中半分の5本に出演しているヴァイス・ガンダというフィリピンの映画俳優がいる。彼が出る映画の大半はコメディ映画で、これがつまらないとよしださんは書いている。ところが年末になると、彼が主演する映画が必ず上映され、お約束のように大ヒットするという。

 ちなみに、そのヴァイス・ガンダが主演する「Beauty and the Bestie」で日本人ヤクザを演じているのが、ジャッキー・ウーという日本人で、フィリピン、香港、台湾、中国、韓国で活躍している俳優だが、この映画で手下が韓国語で報告してくると「何言ってんだかわかんねえよ。韓国語で報告するんじゃねえよ」という日本語の台詞があり、思わず吹き出してしまったとよしださんは書いている。

 興味をひかれたのは、2018年に制作された「We Will Not Die Tonight」という作品で、この映画について著者は次のように書いている。

 勝手に邦題をつけるとすると「夜を生き延びろ」といったところか。フィリピンには珍しいシンプルなアクション映画だ。そこにあるのは、襲いかかるギャングたちとの過激なバトルと逃走劇のみ。しかし、登場人物のキャラクターがしっかりしており、緩急のあるアクション演出もみごとで、まったくだれるということがない。ずっと緊張感が持続するのだ。

 おお、これは観たい──と思って読み進むと、「なんと本書の制作中に『ネバー・ダイ』という邦題で劇場公開されてしまった。いずれ、DVDもリリースされることだろう。ぜひ、ご覧いただきたい」とよしださんが書いている。DVDが出たら絶対に買うので、誰か教えてくれい!

7月8日(水)「ねんころ」と「パエリア」

ツイッターをみていたら、吉野仁(@crimezanmai)が次のように書いていた。

 先月刊の早川海外もの。「ねんころ」もよかったが、「パエリア」にしびれた。

 この「ねんころ」と「パエリア」は、作者名なのか、書名なのか、それもわからないが、吉野仁が書いているのだから、SFではなく、ミステリーだろう。

 さあ、わかりますか。

 ちなみに、このツイッターは7月になってから書かれたものなので、ここで言う「先月」とは6月のことである。面白いのならぜひ読みたいが、書名がわからないのでは本の探しようがない。そこで考えてみた。

 正解はもう少しあとに書くが、しばらく考えてみてください。

 私、すぐにはわからないので、早川書房の小塚に「わかる?」とメッセージを送ったが、返事が来る前に「パエリア」が先にわかった。しかし「ねんころ」がわからず、これは小塚が教えてくれた。

 これ以上、引っ張る話でもないので、もう正解を書いてしまうが、「パエリア」とは、テイラー・アダムズ「パーキングエリア」(東野さやか訳/ハヤカワ文庫)である。

 私がわからなかった「ねんころ」は、エルザ・マルボ「念入りに殺された男」(加藤かおり訳/ハヤカワミステリ)である。

 しかし、私もフェアではないな。実は、吉野仁のツイッターにはヒントが書かれていた。正確には次のような一文だったのである。

 先月刊の早川海外もの。「ねんころ」もよかったが、「パエリア」にしびれた。アクションに餓えていたのか。

 この「アクション」のヒントで、ビビッときた。これがなければ、私もわからなかっただろう。

 いや、それだけの話なんですが。

81pGX3B1wyL.jpg

61tr+PHVpyL.jpg

6月5日(金)「団徳市」とは何か?

  • 麻雀放浪記(二) 風雲編 (角川文庫 緑 459-52)
  • 『麻雀放浪記(二) 風雲編 (角川文庫 緑 459-52)』
    阿佐田 哲也
    KADOKAWA
    704円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 ただいま小学館より、『色川武大・阿佐田哲也電子全集』(全23巻)が配信中である(毎月第四金曜日に配信)。これは、色川武大・阿佐田哲也の全作品、エッセイはもちろんのこと、生原稿や構想メモ、プライベート写真などの貴重な付録も掲載したもので、「生誕90年、没後30年記念企画」と銘打たれている。

 2020年6月末に配信されるのが第15巻であるから、もう半分以上が配信ずみ。私は阿佐田哲也の巻の解説12本を担当していて、その担当分はあと5本でようやく終了することとなる。たぶんその関係と思われるが、数カ月前に知人からメールがきた。

『麻雀放浪記 風雲編』に「団徳市」という言葉が出てくるのですが、これは何と読むんでしょうか──とのメールである。知り合いにそう質問され、いくら調べてもわからないので私にまわってきたようだ。

 団徳市? なんだろう。まず、現物を確認しなければならない。風雲編のどのあたりに出てくる言葉なのかを尋ねると、角川文庫版の180ページに出てくるとのこと。そのくだりを引く。

「お前のことなど訊いてへん。この団徳市をどうさせる気ィなのか、訊いてるのや」

 もう少し説明しなければわかりにくいかもしれない。

『麻雀放浪記 風雲編』は、坊や哲の関西放浪編である。時代は昭和26年。したがって昭和37年まで存在していた大阪中央競輪場が出てくる。いまは長居陸上競技場になっているところに、競輪場があったのである。

 身ぐるみはがれた「ぎっちょ」がこの競輪場にやってきて、知り合いに偽情報を教えている現場を「ほくろ」に目撃される。「教えろよ、情報やろ」と迫られ、口からでまかせのグーパツ(贋八百長)なんやと言いだせず、締め切りのベルが鳴ったのでそれならとその偽情報を教えると、ノミ屋で買ってくると「ほくろ」は駆けだしていく。先に引用した部分は、レースが終わってから、「おのれは、どんな恨みがあって、グーパツかませるんや」と「ほくろ」から迫られる場面なのだ。

 普通に考えれば、その「ほくろ」の本名が「団徳市」と読むことが出来る。阿佐田哲也の小説では、本名で呼ばれることが少なく、この「風雲編」でも、クソ丸、タンクロウ、ニッカボッカと、次々に出てくるが、ステテコが小道岩吉で、ぎっちょが西村と本名で呼ばれるケースはあるものの、これは例外の部類。本名が呼ばれないまま、場面が終わると物語の表舞台から消えていくことが少なくない。

 しかし、質問の主に「人名ではないようです」と言われると、そんな気もしてくるし、競輪場の場面なので競輪に関する隠語なのかも、との気もしてくる。

 で、知り合いにいろいろ聞いたりしたのだが、結局わからなかった。戦前に、団徳麿という芸人がいたようなので、その人物に関することなのかも、と教えてくれた人もいたが、たとえそうだとしてもその意味がわからない。

 いったい何の話を書いているのかと言われそうだが、この機会に「風雲編」をまた読んだのである。これが何回目なのかわからないほど読んできたが、何度読んでも阿佐田哲也は面白い。

「風雲編」は特に、坊や哲がヒロポン中毒で街をふらふら歩いているシーンから始まる長編で、どうしたんだ坊や哲、と思っていると次々に個性豊かな人物が立ち現れて、物語にどんどん引きずりこまれていく。

 阿佐田哲也は永遠に不滅である、と申し上げたいのである。

4月21日(火)昭和43年の「映画展望」

 野間廣道についてネットで調べていた。彼は、明治大学の映画研究部時代の、同期の友である。和泉校舎時代は私が支部長、彼が副支部長。3年になって駿河台の校舎に移ってからは彼が委員長で、私が副委員長だった。二人で勉強会を開いていたこともある。お茶の水駅前から駿河台下まで歩いていくと、明治大学の校舎が切れる角がある。その角を右に曲がってまっすぐ進むと、いまはコンビニになっている突き当たりに(今で言うなら、さぬきうどんの丸香の向かい側だ)、「ピッコロ」という喫茶店があった。

 そこで勉強会を開いた時期があった。テキストは、先輩の菊池仁が書いた映画評である。これが難解でわからなかった。当時は、難解な映画評を書くことが流行っていた。すぐにわかるようなものを書いてはダメなのである。だから理解するのが大変である。

 いつも温厚な廣道が、一度だけ怒ったことがある。それはある先輩が、無名人の書いた評論をテキストにしたって意味がない、と言ったときだ。私は、ふーん、そういう見方もあるんだ、と思っただけだったが、廣道はその先輩に反論した。

 興味のない著名人よりも、興味のある無名人のほうをテキストにするのは当たり前でしょ、と彼は言ったのである。あるいはその先輩は、同期の菊池仁の評論を私たちがテキストにしていたことに嫉妬していたのかもしれない。

 野間廣道は大学を卒業後に東洋シネマに入り、CFの世界で活躍したが、ずいぶん若くして亡くなった。ネットで調べてみると、「若き七人の侍」として彼を紹介している専門誌があった。

 それを購入しようかどうしようかと迷いながら、なおも調べていくと、思わず自分の目を疑ってしまった。何なんだこれは?
 そこにはこうあったからだ。

「映画展望 特集号 明治大学映画研究部 目黒考二/夏目漱石試論 昭和43年4月」

 ぼんやりとした記憶が、遠いところからゆっくりと蘇ってくる。そうか、個人誌だ。当時はサークルの機関誌以外に、みんなが勝手に個人誌を作っていた。そのすべてはガリ版誌だ。原稿は、サークルの先輩や後輩や同期の面々に依頼するのだが、同人誌ではなく個人誌というのがミソ。私も後輩たちのガリ版誌に依頼され、何度か原稿を書いたことがある。

 その古書店のリストには続きがあり、そこにはこうあった。

執筆 野間廣道 栃木裕 仙田弘 西田稔 萩原法英 傳健教 保科義久 目黒考二 あつたかずお 菊池仁

 ここに「野間廣道」の名前があったので検索に引っ掛かったものと思われる。古書価2000円というので購入した。

11808698711602.jpg


 送られてきたのはガリ版誌ではなく、孔版印刷で作られたA5版58ページの小冊子だった。奥付には、印刷所として「東雲堂印刷」とあり、私の生家の住所が記載されている。私の父が孔版印刷屋を営んでいて、「東雲堂印刷」とはその屋号である。どうやら父に頼んで印刷製本してもらったようだ。

「映画展望」という誌名なのに、映画評論は少なく、みんなが勝手にいろんなことを書いている。

 私の書いた原稿のタイトルは、

「フランケンシュタイン」の系譜〔邪道の正統派〕としての夏目漱石試論

 というもので、いま読むと、何を書いているのか、その意味がまったくわからない。それは他の人の原稿も同じで、野間廣道のタイトルは、

「インク・ブルー」アンド「エメラレルド・グリーン」−−あるいは逆子の美学

 というもので、これも意味不明な内容で、何を書いているものやらさっぱりわからない。簡単に理解できるものは書いてはダメ、と信じていたころなので、難解さを競っていたのか。思い出したのが「あつたかずお」君の書いた原稿のタイトルで、

水色地底舗道のピエロ群れ

 カッコいいなあと思った当時の記憶が蘇ってきた。中身はいま読んでもさっぱりわからないが。

 執筆者について少しだけ書いておけば、仙田弘はずっと後年、本の雑誌社から『総天然色の夢』を出した。萩原法英は本の雑誌社が新宿御苑にあったころ、近くの会社にいたので飲み屋で会ったことが数回ある。萩原、元気か。保科義久は卒業後にNHKに入り、ドラマ班に配属されて、活躍した。仙田も萩原も保科も、私の1年後輩である。

 あのころ書いた原稿の一つに、「グルグル・イルベーク」というタイトルの評論がある。後輩の個人誌に依頼された大学四年のときに書いたものだ。手元には残っていない。たぶん、いま読んでも意味不明の原稿と思われるが、出来れば読んでみたいと思うものの、雑誌名を忘れてしまったので探しようがない。今回の「昭和43年の映画展望」のように、奇跡的に古書リストに載ることがあるだろうか。大学生のガリ版誌だから、絶対に無理だよなあ、でも出てきたら面白いよなあと、妄想がひろがっていくのである。

3月9日 『暗渠パラダイス!』と『贋の偶像』

  • 文明開化に馬券は舞う―日本競馬の誕生 (競馬の社会史)
  • 『文明開化に馬券は舞う―日本競馬の誕生 (競馬の社会史)』
    立川 健治
    世織書房
    8,800円(税込)
  • 商品を購入する
    Amazon
    HonyaClub
    HMV&BOOKS
    honto

 高山英男・吉村生『暗渠パラダイス!』(朝日新聞出版)を読んでいたら、141ページで手が止まった。なんなんだこれは!

 そこには1枚の写真が掲載されていて、次のようなキャプションが付けられていた。

「グライダーの試験飛行を板橋競馬場でおこなったときの絵はがきより。当時は今よりもずっとレースの開催頻度が低く、競馬場でさまざまな催しが行われた」

 この『暗渠パラダイス!』は、『暗渠マニアック!』(柏書房)に続く共著で、競馬場と暗渠の関係はその中の一つである。板橋競馬場の写真(いや、実際には絵はがきだが)で手が止まったのは、ずっと板橋競馬場が気になっていたからだ。

 現在の板橋区栄町を中心にしたあたりにあった(明治41年〜43年)板橋競馬場の場所は、私の生家に近いのである。そんなところに競馬場があったなんて信じられない。矢野吉彦『競馬と鉄道』に「板橋競馬」の広告が載っていて、「王子駅より人車20分」「板橋駅より人車10分」とあり、東武東上線の大山駅から近いのに、どうしてそんな遠方から人力車に乗るんだろうと思ったが、考えてみればまだ東武東上線が開通していなかったころである。ちなみに板橋競馬場は、明治41年〜43年と先に書いたけれど、実際に競馬が行われたのは明治41年だけで、しかも全部で11日間だけである。

 この「板橋競馬場」については資料がほとんどなく、写真を見たこともない。と、「サンスポZBAT!」に書いたら、それを読んだ立川健治氏(『文明開化に馬券は舞う』(世織書房)で馬事文化賞を受賞)が、資料をどさっと送ってくれた。それがあまりに膨大な量であったので全部読み終えるのには時間がかかりそうだが、その中に1枚の写真があった。中央新聞に掲載されたスタンドの写真で、それが唯一の板橋競馬場の写真だという。新聞に載った写真のコピーなので、残念ながら見にくいが、「唯一」なのだから大変に貴重な資料といっていい。

 そういうときに、この『暗渠パラダイス!』に掲載された絵はがきを見たのである。写真ではなく、絵はがきという点は残念だが、それでも往時を偲ぶよすがにはなる。

 立川健治氏の資料で、えっと驚いたのは、板橋競馬を主催したジョッケー倶楽部の理事長が長田秋濤という人間で、その評伝小説が中村光夫『贋の偶像』だという記述であった。なにそれ?

『贋の偶像』は1967年に野間文芸賞を受賞した作品だが、長田秋濤は明治の忘れられた文学者で、中村光夫はこの作品でその長田秋濤にスポットライトを浴びせたのである。

 関係ない話だが、実は私、中村光夫の授業を受けたことがある。中村光夫は明治大学で教えていたのだが、あるとき大教室の授業のとき、後ろの学生が「聞こえません」と大声で言ったら、「前に来い!」と怒ったことがあった。中村光夫はいつもぼそぼそと喋るので、たしかに後ろの席では聞こえにくかったろう。私はそれを知っていたのでいつも前のほうの席にいたのだが。当時の明治大学には、平野謙と本多秋伍もいた。高橋和己も短い間だが、私が在学中に明治で教えていたことがある。私は平野謙が好きであったので、卒論のゼミは平野謙を選んだ。閑話休題。

『贋の偶像』を読んでも、長田秋濤と競馬の繋がりは確認できなかった。フランスに留学しているときに、上流社会の集会場であった競馬場に出入りしていたこと。馬を2頭持っていたと新聞に書かれていること。板橋競馬が開催した明治41年には、文学者(あるいは政治家)としてのピークは過ぎていたこと。食えなくなって関西に移住したこと−−などを確認するだけであった。

 当時の新聞には、板橋競馬にはなぜか婦人の姿が多く、その中にはジョッケー倶楽部の理事長の愛人もいるのではないかとの噂を紹介されているが、長田秋濤はそちら方面にも活発であったようなので、なるほどと思ったりもする。いや本当にその理事長が長田秋濤のことなのかどうかはわからない。『贋の偶像』ではその時期、長田秋濤は関西にいたようなので、開催のときだけ上京したのか、それとも理事長職は名前を貸しただけなのか、詳細は不明。

 これ以上のことは私にはわからない。立川健治氏はただいま『文明開化に馬券は舞う』の続編をまとめているようで(その「馬券黙許時代の競馬」は2巻になるようだが)、それが完成すれば、もっと詳しいこともわかるに違いない。上梓は来年だという。おお、それまで元気でいたい。

IMG_0709.JPG



« 前の記事