2006年

『おすすめ文庫王国 2006年度版』

本の雑誌増刊

  2006年12月6日搬入

さあ今年も年末恒例・文庫祭りの季節がやってきた!

 お値段据え置き16ページ増の「文庫王国2006」は執筆陣も豪華絢爛、町田康秘蔵のオールタイムベストテンに加え、高野秀行が「旅に持って行きたい文庫」で登場し、トルストイのあの名作『戦争と平和』に年刊文...

『二人目の出産』

安田ママ

  2006年11月20日搬入
「お子さん、二人目は?」 なんの気なしに発せられるこの質問が、じわじわとボディブローのように効いてくる年齢。産むなら今が最後のチャンス。でも、仕事もある。やりたいこともある。それに、二人も子供を育...

『ONCE UPON A TIME』

椎名誠

  2006年11月6日搬入
   自分で撮った写真はそれぞれに伝えたいいくつかのメッセージがある。言葉を知らない者同士でも写真を通して何かを理解し合うこともできる。楽しいこと、悲しいこと、ゆったりすること、いきり立つこと、沸き立...

『本日記』

坪内祐三

  2006年10月19日搬入
 『三茶日記』のツボちゃんが帰ってきた! 三軒茶屋、渋谷、神保町。東京の街を今日もゆく。 圧倒的な知識量をもった「ツボちゃん」。その魅力がぎっしりつまった1冊です。古くて新しい、究極のブック・クルー...

『エンターテインメント作家ファイル108 国内編』

北上次郎

  2006年8月23日搬入

いやはや、すごいぞ、ぶっとぶぞ。書評家・北上次郎の集大成!

北上次郎最新刊! 文庫解説や新聞・週刊誌等に掲載された膨大な書評群の中から、傑作ばかりをセレクトした書評集成。 あるときは競馬評論家・藤代三郎──。またあるときは本の雑誌社顧問・目黒考二──。そしてま...

『よりぬき読書相談室 どすこい幕の内編』

本の雑誌編集部(編)

  2006年7月12日搬入
スカッとしたい! ドキドキしたい! じゃあ、何を読めばいい──? プロの書評家6人が、読書の悩みをすぱっと解決! 新刊から古典名作まで、てんこ盛りの面白ブックガイド!  「WEB本の雑誌...

『カフェ・ビエンチャン大作戦』

黒田信一

  2006年6月14日搬入

狭い日本を飛び出た男の、夢とロマンの大勝負。

やってきましたビアラオの国ラオス。その首都ビエンチャンにおれはカフェをつくるのだ。無理? 無謀? 冗談じゃないってんだ! やらなきゃ何も始まらない。金はないけど夢ならあるぜ! さあ、みんな来い、カフ...

『本屋大賞2006』

全国書店員が選んだいちばん!売りたい本

本の雑誌編集部(編)

  2006年4月5日搬入

エントリー書店員500人突破!全国の書店員が「いちばん!売りたい」本に選んだのは!?

☆2004年12月から2005年11月までの1年間に刊行された日本の小説の中から、全国548人の書店員が「いちばん!売りたい」本に選んだのは──リリー・フランキー『東京タワー』!! ...

『新・中年授業』

目黒考二

  2006年3月15日搬入

活字に埋もれてオヤジが吠える、暁の哀愁エッセイ!

わかってくれとは言わないが、これが(中年)男の心だ!「チョイ悪オヤジ」ブームもどこ吹く風、ふーんと遠目で見ながら今日も食って寝て競馬して本を読む目黒考二(書評家・北上次郎)の新刊がついに出たぞ!WEB...

『姿三四郎と富田常雄』

よしだまさし

  2006年2月15日搬入
昭和文学史上屈指のヒーロー『姿三四郎』!その作者・富田常雄の生涯を描く本邦初の評伝に「均一棚の魔術師」が書き下ろしで挑む!! 本の雑誌社2006年の単行本・第1弾! 2月の新刊は『姿三四郎と富田常雄』...