担当=杉江松恋

血が滾る冒険小説『拳銃使いの娘』
2019年1月15日17:30

【今週はこれを読め! ミステリー編】

血が滾る冒険小説『拳銃使いの娘』
 血が滾る、としか言いようのない小説である。  信頼と愛情、そして闘争心と勇気。  ジョーダン・ハーパー『拳銃使いの娘』は、それらがいっぱい...
背中がぞわぞわする『ピクニック・アット・ハンギングロック』
2019年1月7日16:06

【今週はこれを読め! ミステリー編】

背中がぞわぞわする『ピクニック・アット・ハンギングロック』
 あけましておめでとうございます。  新しい年の門出だからめでたい気分になれる小説が読みたい、などと病膏肓に入ったミステリー・ファンは言わな...
年末年始に『償いの雪が降る』を読もう!
2018年12月27日17:04

【今週はこれを読め! ミステリー編】

年末年始に『償いの雪が降る』を読もう!
 間もなく2018年が終わり2019年になる。  それは平成という年号の切り替えへ向けた秒読みの始まりでもある。  この節目の年末年始に、ぜ...
黒人テキサス・レンジャーの闘い『ブルーバード、ブルーバード』
2018年12月26日11:52

【今週はこれを読め! ミステリー編】

黒人テキサス・レンジャーの闘い『ブルーバード、ブルーバード』
 朝から嫌なことがあり、感情を抑えるのに苦労しながら一日を過ごした。  心の中に怒りがあるとき、世界は滅亡の淵へと突き進んでいるように感じら...
破滅の作家ブッツァーティの短篇集『現代の地獄への旅』
2018年12月13日17:47

【今週はこれを読め! ミステリー編】

破滅の作家ブッツァーティの短篇集『現代の地獄への旅』
 ある日うっかり地獄行き。  ミラノの新聞社で記者として働くディーノ・ブッツァーティは、ある朝、編集長に呼び出される。地下鉄の工事現場で作業...
十代の頃の気持ちがよみがえる『誰かが嘘をついている』
2018年11月29日10:23

【今週はこれを読め! ミステリー編】

十代の頃の気持ちがよみがえる『誰かが嘘をついている』
 十代の生きづらさ、息苦しさについての小説だ。  カレン・M・マクマナス『誰かが嘘をついている』(創元推理文庫)である。  二〇一七年に発表...
過去に復讐される男のサスペンス『ホール』
2018年11月20日17:49

【今週はこれを読め! ミステリー編】

過去に復讐される男のサスペンス『ホール』
 過去は取り戻せない。  過ぎてしまった時間に刻み込まれた自分の行いは、いつか巡りめぐって我が身を縛ることになるかもしれない。それがわかって...
北アイルランド一匹狼刑事シリーズ第二弾『サイレンズ・イン・ザ・ストリート』
2018年11月11日09:49

【今週はこれを読め! ミステリー編】

北アイルランド一匹狼刑事シリーズ第二弾『サイレンズ・イン・ザ・ストリート』
 出勤時、すべての警察官が車の底に爆弾がとりつけられていないか確認する。そしてけっこうな頻度で実際に爆弾を発見してしまい、失禁しながら処理班...
ナチス殺人医師の虚ろな精神『ヨーゼフ・メンゲレの逃亡』
2018年11月5日11:26

【今週はこれを読め! ミステリー編】

ナチス殺人医師の虚ろな精神『ヨーゼフ・メンゲレの逃亡』
 スリラーの名手ウィリアム・ゴールドマンに『マラソンマン』(ハヤカワ文庫NV)という作品がある。ナチの残党が主人公を拷問する場面があることで...
小さな町の人々を描く群像小説『消えた子供』
2018年10月27日18:29

【今週はこれを読め! ミステリー編】

小さな町の人々を描く群像小説『消えた子供』
 私たちは目を逸らそうとする。  何から?  この世のどこかに不幸があるという事実からだ。  いや、この世のどこか、などと曖昧な言い方をしな...