杉江松恋

2018年5月
謎解き作家の楽しい短編集『日曜の午後はミステリ作家とお茶を』 (2018年5月18日)
刑事ヴァランダー・シリーズ前日譚『ピラミッド』 (2018年5月12日)
北アイルランドの"あぶない刑事"?『コールド・コールド・グラウンド』 (2018年5月1日)
2018年3月
最後の最後まで裏をかかれる『乗客ナンバー23の消失』 (2018年3月30日)
探偵VS殺し屋夫婦の変幻自在ミステリー『アベルVSホイト』 (2018年3月26日)
心に鎧をまとった男の長い旅『マイロ・スレイドにうってつけの秘密』 (2018年3月15日)
えええっと声が出るミステリー『そしてミランダを殺す』 (2018年3月9日)
闘うキム警部がかっこいい!『サイレント・スクリーム』 (2018年3月3日)
2018年2月
時代遅れの強盗が大活躍する『ダウンサイド 強奪作戦』 (2018年2月23日)
残酷さと恐怖をくぐりぬけた者たちの物語『蝶のいた庭』 (2018年2月5日)
2018年1月
声なき人のための物語〈アイアマンガー三部作〉完結! (2018年1月25日)
馳星周が放つ真ん真ん中の山岳冒険小説『蒼き山嶺』 (2018年1月19日)
幻想作家ブッツァーティの短篇集『魔法にかかった男』 (2018年1月6日)
2017年12月
2018年は〈ミレニアム〉で始めよう! (2017年12月28日)
たまらない孤独と恐怖が襲ってくる田辺青蛙『人魚の石』 (2017年12月25日)
虚実入り乱れる異色恐怖小説『誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?』 (2017年12月15日)
静かに語られる死についての作品集『死体展覧会』 (2017年12月1日)
2017年11月
14歳の少女が挑む世界との知恵比べ『嘘の木』 (2017年11月24日)
「何をされるかわからない」フランス・ミステリー『黒い睡蓮』 (2017年11月10日)
扉の向こうの恐怖を描くJP・ディレイニー『冷たい家』 (2017年11月6日)
2017年10月
根源的な恐怖を描くグラビンスキの短編集『火の書』 (2017年10月27日)
埋もれた人生を探っていくインドリダソン『湖の男』 (2017年10月20日)
2017年9月
閉じた親子の愛情の物語〜エーネ・リール『樹脂』 (2017年9月29日)
犯罪小説マニアの至宝が帰ってきた!〜『ゴーストマン 消滅遊戯』 (2017年9月22日)
15歳が世界と出会うロード・ノヴェル『東の果て、夜へ』 (2017年9月15日)
結末まで目が離せない『ハティの最期の舞台』 (2017年9月8日)
スウェーデン・ミステリーアンソロジー『呼び出された男』を読むべし! (2017年9月1日)
2017年7月
警察捜査小説の原点となった犯罪実話集『彼女たちはみな、若くして死んだ』 (2017年7月14日)
2017年6月
謎多き作家ボストン・テランインタビュー (2017年6月8日)
誰にでも振りかかる「現代の悪」をつきつける『三つの悪夢と階段室の女王』 (2017年6月2日)
2017年5月
アイスランド発、新米警官の奮闘物語〜ラグナル・ヨナソン『雪盲』 (2017年5月19日)
2017年に絶対読むべきミステリー『コードネーム・ヴェリティ』 (2017年5月2日)
2017年2月
魅力的な絶望を描くデュ・モーリアの短編集『人形』 (2017年2月3日)
2016年12月
古典部シリーズ最新作『いまさら翼といわれても』 (2016年12月28日)
白井智之『おやすみ人面瘡』を怖いもの見たさでも読むべし! (2016年12月6日)
2016年11月
豪華絢爛地下冒険小説『ヴェサリウスの秘密』 (2016年11月24日)
2016年10月
凄まじくアナーキーな警察捜査小説『ノース・ガンソン・ストリートの虐殺』 (2016年10月27日)
謎解きのさみしさを宿した短篇集〜北村薫『遠い唇』 (2016年10月17日)
殺し屋オーラヴの魅力が詰まったネスボ『その雪と血を』 (2016年10月7日)
2016年9月
懐かしくて新しい逸木裕のデビュー作『虹を待つ彼女』 (2016年9月30日)
悪夢の中のような非論理の論理『ラスト・ウェイ・アウト』 (2016年9月23日)
ヘレン・マクロイ『ささやく真実』の忘れがたい登場人物 (2016年9月15日)
2016年7月
倫理観を揺さぶるジョン・コラビント『無実』 (2016年7月12日)
2016年4月
独立独歩の精神で生きるヒーローの物語『ドライ・ボーンズ』 (2016年4月28日)
初めてでもマニアでも楽しい警察小説の金字塔 (2016年4月15日)
ヨハン・テオリン『夏に凍える舟』の"潜水艦浮上"に驚愕! (2016年4月4日)
2016年3月
知の好奇心に満ちたミステリー『プラハの墓地』 (2016年3月4日)
2016年2月
青崎有吾の痛快青春ビブリオ・ミステリー『図書館の殺人』 (2016年2月5日)
2016年1月
名アンソロジストが編んだ名手の逸品『ジャック・リッチーのびっくりパレード』 (2016年1月22日)
2015年12月
世界を股にかけた男の奇想天外幻想譚『ウィスキー&ジョーキンズ』 (2015年12月29日)
100年に1作の完璧な続篇『蜘蛛の巣を払う女』 (2015年12月21日)
2015年11月
ハメットの文体史をたどる作品集『チューリップ』 (2015年11月15日)
ルメートルのピカレスク・ロマン『天国でまた会おう』 (2015年11月2日)
2015年10月
リンカーン・ライムシリーズ最新作『スキン・コレクター』登場! (2015年10月11日)
2015年9月
戦場で「日常の謎」に挑むコックたち (2015年9月28日)
2015年8月
「虚栄心」を活写するルース・レンデル『街への鍵』 (2015年8月14日)
夏休みに読むべき究極の一冊はこれだ! (2015年8月8日)
2015年7月
『薔薇の輪』の謎にぐいぐい引っ張り込まれる! (2015年7月21日)
2015年6月
人間vs怪獣のノンストップ・スリラー『BLOOD ARM』 (2015年6月29日)
郷土の町立探偵ユニット〈竿竹室士〉が行く! (2015年6月22日)
日常にもやもやしている人は『エンジェルメイカー』を読め! (2015年6月12日)
ヒトラーの科学顧問を追う『クリングゾールをさがして』 (2015年6月5日)
2015年4月
予断のできないフランス・ミステリー『悪意の波紋』 (2015年4月3日)
2015年3月
『だれがコマドリを殺したのか?』56年ぶりの新訳登場! (2015年3月26日)
『ザ・ドロップ』に犯罪小説の真髄を見た! (2015年3月16日)
タイの犯罪報道記者ジム・ジュリー登場! (2015年3月9日)
2015年2月
超絶異能の名探偵・増田米尊見参!〜鳥飼否宇『絶望的 寄生クラブ』 (2015年2月20日)
フェリックス・フランシスの〈新・競馬シリーズ〉誕生! (2015年2月9日)
2015年1月
元法務大臣が書く警察小説『凍える街』 (2015年1月23日)
2014年12月
蓮丈那智が帰ってきた! シリーズ幻の続篇『天鬼越』 (2014年12月26日)
2014年11月
人類滅亡目前の世界の探偵小説 (2014年11月30日)
ケイト・アトキンソンの一風変わった探偵小説 (2014年11月24日)
謎解きに淫する読者は『フライプレイ!』を読め! (2014年11月2日)
2014年10月
葉真中顕『絶叫』に揺さぶられる! (2014年10月24日)
バンヴィルが書く新たなマーロウの物語 (2014年10月20日)
2014年9月
めくるめくアンチ・ミステリー『両シチリア連隊』 (2014年9月20日)
87歳のヒーローあらわる!『もう年はとれない』 (2014年9月12日)
2014年8月
侠気ある男と剣呑な美女の犯罪小説『ガットショット・ストレート』 (2014年8月25日)
全犯罪小説ファンは『ゴーストマン 時限紙幣』を読むべし! (2014年8月16日)
かつて何かに熱中した人へ送る『ナウ・ローディング』 (2014年8月1日)
2014年7月
ミステリー・ファン必読のサスペンス『火曜日の手紙』 (2014年7月25日)
孤絶した世界の住人が語る『忘却の声』 (2014年7月7日)
路地裏をふらりと入る海外ミステリー入門書 (2014年7月2日)
2014年6月
謎解きと甘味のコージーミステリー (2014年6月29日)
100歳老人の飄々逃亡劇&年代記 (2014年6月21日)
「んなバカな」のぶっとびミステリー『駄作』 (2014年6月13日)
2014年5月
天才クェンティンの恐るべきサスペンス『女郎蜘蛛』 (2014年5月30日)
"カリブ海のメグレ"を目指す!『ネルーダ事件』 (2014年5月26日)
孤独な闘いを続ける刑事フォックス『監視対象』 (2014年5月19日)
2014年4月
おなかいっぱいゲップー!の恐るべき冒険物語 (2014年4月25日)
孤独な魂を描く犯罪小説『真夜中の相棒』 (2014年4月11日)
2014年3月
女王ウォルターズの魅力が詰まった中篇集『養鶏場の殺人/火口箱』 (2014年3月28日)
フレドリック・ブラウンのダメ男長編『ディープエンド』 (2014年3月20日)
バチスタ"本当に最後の事件"『カレイドスコープの箱庭』が出た! (2014年3月7日)
2014年2月
ひっそり奇妙で美しい短篇集『あめだま』 (2014年2月24日)
無性に面白く心から恐ろしい『もっと厭な物語』 (2014年2月17日)
世界初『隅の老人【完全版】』が出た! (2014年2月6日)
2014年1月
どんどん豊穣になる「ビブリア古書堂」の世界 (2014年1月30日)
盗み聞きだけで構成された『血の探求』 (2014年1月20日)
平賀源内が恐龍の謎に挑む『大江戸恐龍伝』 (2014年1月14日)
2013年12月
消えたブキニストを追うサスペンス『古書店主』 (2013年12月27日)
世界最高峰のユーモア・ミステリー『これ誘拐だよね?』 (2013年12月23日)
人類滅亡前夜の捜査行『地上最後の刑事』 (2013年12月14日)
がらりと姿を変える物語『眠りの庭』 (2013年12月6日)
2013年11月
貧乏お嬢さまのムキーッな奮闘記 (2013年11月30日)
下品で悪趣味で目が離せなくなる『フィルス』 (2013年11月16日)
スパーク短篇集『バン、バン! はい死んだ』にびっくり (2013年11月9日)
『三秒間の死角』の世界の覗きかた (2013年11月2日)
2013年10月
「今」読むべきミステリーブックガイド (2013年10月31日)
毒を抱えた鮮烈なデビュー作『オーブランの少女』 (2013年10月25日)
夢と現実が不思議にシンクロする『アリス殺し』 (2013年10月18日)
謎、語り口、キャラクター、三拍子揃った『イン・ザ・ブラッド』 (2013年10月11日)
がらりと変わった新版『笑う警官』を要チェック! (2013年10月4日)
2013年9月
意地っ張り警部のナチス前夜『死者の声なき声』 (2013年9月27日)
スーパー&ポテトが堂々完結!『戯作・誕生殺人事件』 (2013年9月20日)
ぞわぞわ恐怖の作品集『異形の白昼』復刊! (2013年9月13日)
"何かが違う" 道尾秀介『鏡の花』の精密な技巧 (2013年9月6日)
2013年8月
ポアンカレの曾孫が数学者殺人事件に挑む!『捜査官ポアンカレ 叫びのカオス』 (2013年8月30日)
すっごく面白い犯罪小説『ドッグ・ファイター』 (2013年8月22日)
さらなるドンデン返し!ディーヴァー第二短編集『ポーカー・フェイス』 (2013年8月16日)
第59回乱歩賞受賞作、竹吉優輔『襲名犯』見参! (2013年8月9日)
"もう一人のサカキ"の外伝『Another エピソードS』 (2013年8月3日)
2013年7月
変人探偵が2人!?『一つ屋根の下の探偵たち』 (2013年7月26日)
アイスランドの鬼才が放つ『緑衣の女』 (2013年7月20日)
犯罪小説史に残る大傑作『チャイルド・オブ・ゴッド』 (2013年7月12日)
読み出したら止まらない『骨の祭壇』がすごい! (2013年7月4日)
2013年6月
過酷な警察学校が舞台の『教場』 (2013年6月27日)
幻の長篇『生ける屍』が復刊! (2013年6月21日)
ダメ作家志望の探偵修行!?『ミステリガール』 (2013年6月11日)
ヒトラーはシャーロキアンだった!? (2013年6月5日)
2013年5月
地下を舞台にしたサスペンス『東京ダンジョン』 (2013年5月31日)
2012年8月
ブックレビュー革命元年の『文学少女図鑑』 (2012年8月3日)
2012年3月
「プリキュア5」ファンの冒険行 (2012年3月30日)
2012年2月
きゅーっとしみる「一人飲み」エッセイ (2012年2月10日)
2012年1月
立川談志の最後の日々 (2012年1月30日)
2011年12月
瀬名秀明の真摯な書評集『科学の栞』 (2011年12月22日)
ベストセラー〈ミレニアム〉の背景 (2011年12月6日)
2011年11月
講談社発売の幻のジュース「どりこの」 (2011年11月28日)
キャバクラ代は経費で落とせるか?〜『あらゆる領収書は経費で落とせる』 (2011年11月4日)
2011年10月
『花のズボラ飯』レシピ登場! (2011年10月24日)
日本相撲協会への最終通告『大相撲改革論』 (2011年10月4日)
2011年9月
「週刊ファイト」休刊の真相 (2011年9月27日)
「本の町」でレポ祭開催! (2011年9月6日)
2011年7月
「本について考える雑誌について考える」イベント開催! (2011年7月19日)
2011年6月
名手・秘田余四郎の一代記『字幕の名工』 (2011年6月28日)
大ベテラン編集者に動乱の時代を生き抜く知恵を借りる (2011年6月23日)
〈探偵ガリレオ〉最新刊登場! (2011年6月6日)
ロリコン塾講師の誠実な小説『ロンリー・コンバット!』 (2011年6月2日)
2011年4月
GWはトンプスン映画に行こう!〜『おれの中の殺し屋』 (2011年4月28日)
2011年3月
トリビア満載の楽しい理工学書〜『世界で一番美しい元素図鑑』 (2011年3月9日)
東野圭吾堂々の最新刊『麒麟の翼』 (2011年3月3日)
辻村深月が大化けする!〜『本日は大安なり』 (2011年3月1日)
2011年2月
ベンチャー企業TENGA創業記 (2011年2月22日)
森博嗣の新書でうねうねしよう (2011年2月18日)
津山三十人殺しの新たな「真相」 (2011年2月10日)
2011年1月
怪人作家・平山夢明の新刊二冊 (2011年1月28日)
市橋達也『逮捕されるまで』最速レビュー (2011年1月25日)
クリスティー文庫でAKB48商法!? (2011年1月17日)
2010年12月
第二回翻訳ミステリー大賞候補作発表! (2010年12月9日)
2010年11月
J・ディーヴァーの創作の秘密とは? (2010年11月17日)
2010年10月
~福井晴敏、ガンダムを語る~他、秋のミステリー作家大学祭講演 (2010年10月29日)
ネット時代のサスペンス『ロードサイド・クロス』 (2010年10月28日)
20年をへて〈魔獣狩り〉堂々の大団円! (2010年10月26日)
1ライター発の雑誌、新しい試みに注目! (2010年10月1日)
2010年9月
18歳以下のレビュー・コンクール開催! (2010年9月22日)
2010年8月
真夏にぴったり〈巷説百物語〉最新刊 (2010年8月3日)
2010年7月
第一回「電書フリマ」開催! (2010年7月12日)
子育て世代必読PTA小説〜『7人の敵がいる』 (2010年7月1日)
2010年6月
第10回本格ミステリ大賞授賞式 (2010年6月21日)
2010年5月
中毒性抜群〈粘膜〉シリーズ第三弾 (2010年5月28日)
電子書籍が文学フリマに登場 (2010年5月21日)
第10回本格ミステリ大賞決定! (2010年5月19日)
第4回『幽』怪談文学賞受賞作が決定! (2010年5月12日)
2010年4月
キムタクとこのミス1位作家がコラボ (2010年4月23日)
第一回島田荘司推理小説賞受賞作『虚擬街頭漂流記』刊行! (2010年4月19日)
TOP