記事一覧

第七回 王子-田端-谷存家-草加-春日部
 JR中央線沿線の高円寺に住むようになって、かれこれ三十年になる。長く暮らしているが、いまだに知らないことがいろいろある。  そのひとつがバス事情だ。駅前のバス停には練馬駅、赤羽駅、阿佐谷営業所、野方駅、五日市街道、永福町行などの関東バスが... (19.02.19)
第六回 日本橋-品川-庄野-小田原−下曽我
 上京してかれこれ三十年くらいになるが、東京の町もJR中央線沿線+東京メトロ東西線以外の沿線は、たまにしか利用していない。  東海道の品川宿、中山道の板橋宿、日光道中の千住宿などをちゃんと歩いたのもこの一年くらいのことだ。新宿は数え切れない... (19.01.31)
第五回 烏森-宮-恵那-塩尻-甲府
 郷里の三重・鈴鹿の家で東海地方の地図(三十年くらい前のもの)を見ていたら、愛知県名古屋市中村区烏森町が気になった。烏森は「かすもり」と読む。JR関西本線の烏森駅、近鉄烏森駅がもより駅。郷里から名古屋までは急行を利用するのでいつも通過してい... (19.01.11)
第四回 愛知川-五箇荘-草津-三条大橋-大津-大垣-桑名
 青空文庫に入っている劇作家の三好十郎の「歩くこと」というエッセイをよく読み返す。一九五二年に書かれた文章だ。頭が混乱したり、心が疲れたりしているときに三好十郎は外に出て、二、三時間歩く。途中、乗りものに乗ることも多い。 《歩くよりも乗りも... (18.12.25)
第三回 日永の追分-奈良井-塩尻-善光寺-小諸-岩村田
(......前回の続き)  十九時十七分には伊勢鉄道の鈴鹿駅に到着しているはずが、二十時すぎまでJR四日市駅で足止め。この日(十月七日)は鈴鹿サーキットでF1が開催されていて、伊勢鉄道の鈴鹿サーキット稲生駅が大混乱に陥り、その影響で電車... (18.12.06)
第二回 掛川-天竜二俣-浜松
 最近、なるべく酔っぱらいすぎないようにしている。酒が進むと街道の話ばかりしてしまうからだ。  出身地を聞いたら、即、街道の話。プロ野球の話をしていてもそうだ。  先日、飲み屋で千葉ロッテのファンに会ったとき、「ファームは埼玉の浦和ですね。... (18.11.15)
第一回 「街道病」にかかる
 深夜、日本地図を見ながら、二泊三日くらいの旅行の計画を立てる。ウイスキーの水割を飲みながら、街道沿いの文学館や郷土資料館を探し、電車の乗り継ぎ時間などを調べているうちに、気がつくと明け方になっている。  頭の中が街道のことでいっぱいだ。最... (18.11.02)