『うどんのうーやーん』岡田よしたか

●今回の書評担当者●旭屋書店池袋店 礒部ゆきえ

いらっしゃいませ。
まいど、礒部です。

突然ですが、皆さんは"元気を出したいときに読む本"って、ありますか?

私は何冊かあります。
"元気を出したいとき"にも色々あって、それによって手に取る本も変わりますよね。

人によっては、本だけじゃないかもしれない。
音楽でも映画でも、食べ物でも、そういう力になるものを持ってると、心強いと思います。

難しく考えずに、なんとなく前向きになりたい!
そんなときに、私が読む本。

『うどんのうーやーん』岡田よしたか(ブロンズ新社)。

出前の注文が入り、うどんのうーやん、自らお客さんの元へ向かいます。

うーやん、道中、色んな食べ物が困ったり、落ち込んだりしているところに出くわします。

その度に、「かめへんかめへん、ここ はいり」と、どんぶりの中に入れまくります。

うめぼしも、たこやきも、その他いろいろ、とにかく入れちゃう。

なんて懐が深いんや、うーやん。

「まあええわ」なんて言いながら、じゃんじゃん入れまくる。

もはや何うどんなのかわからないくらい、中身が溢れそうになりながら、川も、山も、乗り越えます。

「わたるしかないやろ」、「のぼるしかないやろ」と。

なんて潔いんや、うーやん。

うーやんを見ていると、自分、ちっちゃいなと思います。

出会った食べ物たちも、あったかいおつゆの中に入ると、落ち着くみたい。

ちょっと一緒に入ってみたいな、そのどんぶりに。

そしてなんと言っても、うーやんの関西弁がいい味を出しています。

食べ物同士のかけ合いも、笑っちゃう。

以前、大人だけの絵本の読み聞かせの集まりで、この本を50代の男性に皆の前で読んでもらったことがあります。

人の声で読むうーやんも、なんだかこそばゆいけれど、嬉しい。
いつの間にか、皆で爆笑しながら、元気をもらっていました。

誰かと分かち合う読書も、ぜひ一度体験されてみてはいかがでしょうか。

え、そんな相手いないって?
よっしゃ、旭屋書店池袋店に来たらええがな。
礒部が読んだるやん。
みんな、ここ はいり。
あっためてあげようやないの。

まだうーやんのようにはなれないけれど、わたしのどんぶりには、少しだけでも、あったかいおつゆを入れておきたいと思います。

今日も、うーやんは山を登っているのかもしれない。

私もいっちょ、この山登ってみるかな。

« 前のページ | 次のページ »

旭屋書店池袋店 礒部ゆきえ
旭屋書店池袋店 礒部ゆきえ
1983年大阪生まれ。4年前に関東へ嫁いできました。今は池袋で働いています。慣れない東京、恋しい大阪。なんでスーパーにたこ焼きソースが置いてないねん。と泣きながら、今日も山手線で出勤します。