●担当者●未来屋書店宇品店 河野寛子

2024年2月15日更新

『日本のコスチュームジュエリー史 1950~2000』田中元子

 この本のメインとなる1950年代から2000年まで、ここ日本の装身具の変化は面白い。それは人々の気分がいかに移り気で、使い捨て上等の豊かな時代を楽しんできたかを、ここに載るアクセサリー達が物語ってい... 記事を見る »
2024年1月18日更新

『鬼の筆』春日太一

「お前は原稿用紙のマス目を使ってサイコロを振っている"映画の賭博者"だ!」黒澤明が言うこの橋本忍とは一体どんな人物だったのか。  映画好きには知られた脚本家だが、娯楽で映画を嗜む程度の私は名前を聞いて... 記事を見る »
2023年12月21日更新

『新版 一陽来復 中国古典に四季を味わう』井波律子

〝本書のタイトル「一陽来復」は、もともとは陰暦十一月、ことに、一年中で夜がいちばん長い冬至の日を指し、陰がきわまって陽がもどってくることをいう。〟(まえがきより)  本書は、中国文学者の井波律子さんが... 記事を見る »
2023年11月20日更新

『『源氏物語』の時間表現』吉海直人

私は古典をすんなりと読むことができません。 どのくらいかと言えば、源氏物語の原文が注釈付きであっても、わずか数行で明後日の解釈を導き出すほど、容易に物語を変えてしまいます。 今日ご紹介する本は... 記事を見る »
2023年10月19日更新

『機巧の文化史 異聞』村上和夫

 1976年、旅先でスイス製のシリンダーオルゴールに一目惚れしたのを機に、村上さんのからくり研究は始まる。その後、一枚のモノクロ写真をアメリカで見るのだが、そこには見たこともない日本のからくり人形が写... 記事を見る »
2023年9月21日更新

『津軽伝承料理』津軽あかつきの会

 津軽地方(青森県西部)は、陸奥湾を抱え、北は津軽海峡、西は日本海に面した豪雪地帯として知られる。しかし夏には一転、好天に恵まれ米の生産量も多い。  本書の「津軽あかつきの会」は青森県弘前市で活動する... 記事を見る »
2023年8月17日更新

『不気味の穴 恐怖が生まれ出るところ』伊藤潤二

 夏の風物詩にあがる怪談やホラー映画と並び、書店の夏も恐怖本を扱う機会がふえてくる。例にもれず、恐怖本コーナーを作るようになってからは伊藤潤二の漫画を必ず並べている。それは遠巻きに見るも手が出せない、... 記事を見る »
2023年7月20日更新

『ランスへの帰郷』ディディエ・エリボン

 作者のエリボンは1953年フランス北東部にあるランスの貧しい家庭に生まれた。生活の貧しさやゲイという自身のセクシャリティよりも、家族の発する労働者階級ゆえの話題や言動に嫌気を感じ、しだいにそこから抜... 記事を見る »
2023年6月15日更新

『詩とことば』荒川洋治

 昨夏から仕事の合間に歌の本を眺めだし、俳句、川柳、和歌へと身につくはずもない飛ばし読みの末、冬に入る頃には詩集を眺めていた。  これがどうにもわからない。読めるのだけど読みにくい。乗れたかと思えば滑... 記事を見る »
2023年5月18日更新

『香港 旅の雑学ノート』山口文憲

「香港」と聞くと、ひしめき合う看板群が頭に浮かぶ。日本にもある珍しくもないあのネオン看板に、興味が湧くのはなぜなのか。さっそく看板の項から特徴を見ていると、どうも自分の見方がズレていることに途中から気... 記事を見る »
未来屋書店宇品店 河野寛子
未来屋書店宇品店 河野寛子
広島生まれ。本から遠い生活を送っていたところ、急遽必要にかられ本に触れたことを機に書店に入門。気になる書籍であればジャンル枠なく手にとります。発掘気質であることを一年前に気づかされ、今後ともデパ地下読書をコツコツ重ねてゆく所存です。/古本担当の後実用書担当・エンド企画等