">

バックナンバー

第18話 本の間で眠る窓
 通販に登録する本の奥付を確認したあと、ふとページをめくる。目次を見ていると気に... (22.08.06)
第17回 さよならだけが人生か?
 古本屋、銭湯、安い呑み屋に定食屋と喫茶店。違う町に旅行へでても、いく場所、店は... (22.06.29)
第16回 五月の夕暮れの匂い
 五月の夕暮れの匂いがした。なんの匂いだろうか。この季節に咲く植物の匂いに海の匂... (22.06.08)
第15回 夜を急ぐ
 朝、起きると花と目が合った。カーテンの開けはなれた窓からは燦々と光が降る。枕元... (22.03.27)
第14回 生き残ってしまった
 夜になると町はとても静かだ。いつもは酔客待ちのタクシーの行列が並んでいた通りに... (21.09.28)
第13回 新しい友と懐かしい友
 古本仕入の帰り道はいつもどこか寂しい。三万円で買った三菱のミニカにぱんぱんに積... (21.09.28)