大森望
原型は『ラブライブ!』二次創作。異色のSF作家・草野原々、早川書房から同社史上初の電子書籍デビュー! (2016年11月23日05:37)
16歳の新人作家、登場「『2分ぐらいここでしゃべれ』と言われて、『マジか!?』と」 (2016年11月18日19:52)
三島賞"不機嫌会見"の人の受賞スピーチは? (2016年6月24日19:56)
シリーズものに光をあてる新設の文学賞、第1回は『しゃばけ』が受賞! (2016年4月12日23:53)
ハルキ祭りの夜は更けて──『多崎つくる』発売カウントダウン・レポート (2013年4月12日19:04)
賢太、慎弥だけじゃない! 芥川賞会見の勇者たち (2012年2月6日14:08)
円城塔『道化師の蝶』攻略ガイド (2012年1月27日20:00)
伊藤計劃の遺稿を円城塔が書き継ぐ (2012年1月18日10:14)
第146回芥川賞、決定直前・全候補作チェック&予想 (2012年1月14日19:40)
第146回直木賞、決定直前・全候補作チェック&予想 (2012年1月13日19:37)
» 大森望 バックナンバー
本の雑誌特派員
2023年いちばんおすすめの文庫は、『死に山 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相』ドニー・アイカー著、安原和見訳(河出文庫)に決定! (2023年12月13日10:47)
【本屋大賞20回記念】"当たり前に存在している本屋大賞"であり続けるために (2023年4月3日17:23)
書評家4人の2022年解説文庫リスト (2023年2月17日12:07)
【訃報】目黒考二 逝去のお知らせ (2023年1月25日11:00)
元・本の雑誌助っ人が立ち上げた出版社・水鈴社が、新しい才能を求め「『はじめての』文芸部」を創設! (2022年9月27日21:24)
本の雑誌が2022年上半期ベストテンを発表! 1位は『捜索者』タナ・フレンチ(ハヤカワ文庫)だ! (2022年7月16日16:30)
西村賢太さんお別れの会献花のお知らせ (2022年6月9日20:43)
ゲラの厚さは50センチ!! 最強の鈍器本!橋本治『人工島戦記』はいかにして出版されたのか? (2022年1月20日12:00)
本の雑誌が選ぶ2021年度ベスト10が決定!1位は『嫌われた監督』鈴木忠平(文藝春秋)だ! (2021年12月10日10:42)
2021年一番おすすめの文庫は、小野寺史宜『ひと』(祥伝社文庫)に決定! (2021年12月8日16:45)
» 本の雑誌特派員 バックナンバー
杉江松恋
台湾私立探偵小説続編『DV8 台北プライベートアイ2』刊行! (2024年6月18日11:44)
荻原浩『笑う森』が無類におもしろい! (2024年6月12日11:00)
キング『ビリー・サマーズ』の静と動に掴まれる! (2024年5月24日11:05)
理屈を超えた恐怖がこみ上げる〜澤村伊智『斬首の森』 (2024年5月15日11:55)
余談が命のミステリー 〜ダン・マクドーマン『ポケミス読者よ信ずるなかれ』 (2024年5月6日10:15)
加速度的に面白くなる物語〜信国遥『あなたに聞いて貰いたい七つの殺人』 (2024年4月30日14:22)
黒木あるじの伝奇ホラー&ミステリー『春のたましい 神祓いの記』 (2024年4月24日11:55)
二度と戻らない青春のきらめきを描くミステリー〜アレン・エスケンス『あの夏が教えてくれた』 (2024年4月16日13:51)
幻の名作ヤーン・エクストレム『ウナギの罠』が登場! (2024年4月11日11:38)
危なっかしい23歳の疑似私立探偵小説〜ルー・バーニー『7月のダークライド』 (2024年3月13日12:12)
» 杉江松恋 バックナンバー
東えりか
中公文庫40周年記念フェア開始! (2013年4月30日18:58)
おすすめノンフィクション150本大集合 (2012年10月25日14:05)
HONZとWEB本の雑誌のコラボ開始! (2012年8月20日17:44)
驚異の新人・阿部智里登場! (2012年6月22日16:30)
読書家・児玉清の遺稿集『すべては今日から』 (2012年5月16日13:44)
捨て猫"でかお"の小さな奇跡『明日もいっしょにおきようね』 (2012年4月20日17:35)
オリンパスCEOの激白『解任』 (2012年4月12日17:55)
ホリエモンの獄中日記が面白い! (2012年3月15日10:17)
新人作家彩瀬まるの震災体験記 (2012年2月24日13:01)
女流だけの随筆集が刊行スタート! (2012年2月9日14:17)
» 東えりか バックナンバー
松井ゆかり
インドで少女たちのための学校をつくる〜レティシア・コロンバニ『あなたの教室』 (2022年10月26日12:24)
連鎖する不穏な家族関係〜遠田潤子『イオカステの揺籃』 (2022年10月19日19:13)
"異なる存在"の孤独を綴る〜君嶋彼方『夜がうたた寝してる間に』 (2022年10月12日20:08)
"私"を変えてゆく短編集〜吉川トリコ『流れる星をつかまえに』 (2022年10月5日19:56)
夕木春央『方舟』の結末を見届けるべし! (2022年9月28日15:25)
服や小物から謎を解く〜『クローゼットファイル 仕立屋探偵 桐ヶ谷京介』 (2022年9月21日20:56)
元科捜研の鑑定人が向き合う事件の真相〜岩井圭也『最後の鑑定人』 (2022年9月14日20:19)
立場の異なる女性3人の対話〜飛鳥井千砂『見つけたいのは、光。』 (2022年9月7日15:15)
心を撃ち抜かれる短編集〜川野芽生『無垢なる花たちのためのユートピア』 (2022年8月31日17:31)
10代の頃の友人との再会〜尾崎英子『たこせんと蜻蛉玉』 (2022年8月24日12:57)
» 松井ゆかり バックナンバー
柳下毅一郎
タランティーノの映画遍歴『Cinema Speculation』 (2023年3月17日12:10)
ジョン・ウォーターズの初長編小説が登場!『Liarmouth: A Feel-Bad Romance』 (2022年6月20日16:59)
佐伯俊道の波乱万丈映画人生『終生娯楽派の戯言』 (2022年5月16日12:00)
» 柳下毅一郎 バックナンバー
牧眞司
特殊設定のロジックと交錯する感情〜芦沢央『魂婚心中』 (2024年6月19日11:59)
読書・翻訳・原稿・詩作・古書......五つの物語〜高野史緒『ビブリオフォリア・ラプソディ あるいは本と本の間の旅』 (2024年6月11日12:01)
地球と人間についての脅威と希望~日本SF作家クラブ編『地球へのSF』 (2024年6月4日11:50)
気候変動と新自由主義がもたらす荒廃〜ジョナサン・ストラーン編『シリコンバレーのドローン海賊 人新世SF傑作選』 (2024年5月28日14:55)
ドタバタから詩情豊かな作品まで〜池澤春菜『わたしは孤独な星のように』 (2024年5月21日11:55)
幻燈機が映す幽霊、VRに生きる魔女〜空木春宵『感傷ファンタスマゴリィ』 (2024年5月14日11:58)
いつもここに幽霊がいる〜ケヴィン・ブロックマイヤー『いろいろな幽霊』 (2024年5月7日12:23)
現代版『宇宙の戦士』 〜J・N・チェイニー&ジョナサン・P・ブレイジー『戦士強制志願』 (2024年4月23日11:55)
行き場のない余韻、不協和音としての愛~坂崎かおる『嘘つき姫』 (2024年4月16日11:50)
母から娘、四世代にわたる人類のサバイバル~高島雄哉『はじまりの青 シンデュアリティ:ルーツ』 (2024年4月9日12:02)
» 牧眞司 バックナンバー
田中香織
「思春期」の時間を丁寧にすくいあげる〜はやしわか『変声』 (2024年6月17日12:32)
ママ5人vs子供たちのフットサル対決に圧倒!〜末次由紀『MA・MA・Match』 (2024年5月13日15:00)
荒川弘『黄泉のツガイ』に飲み込まれる! (2024年4月15日19:05)
描きたいものを描くために〜史セツキ『日本の月はまるく見える』 (2024年3月13日18:54)
イラストレーターとAIロボットの暮らし〜中村一般『えをかくふたり』 (2024年2月20日19:33)
「被害者」と「加害者」を超えた物語〜川端志季『木洩れ日のひと』 (2024年1月12日19:02)
不思議に満ち満ちた「杳」をめぐる物語〜小松万記『幻想命名記』 (2023年12月28日11:46)
懸命な彼らのもがきとあゆみ〜泥ノ田犬彦『君と宇宙を歩くために』 (2023年12月15日12:00)
さまざまな時代の"縁"を描く連作短編集〜よしながふみ『環と周』 (2023年11月24日12:02)
主人公二人の「名前のない関係」〜岡畑まこ『縁もたけなわ』 (2023年10月13日11:40)
» 田中香織 バックナンバー
高頭佐和子
ヒロインの強い眼差しが心に残る〜桜木紫乃『谷から来た女』 (2024年6月24日11:30)
立派でも偉大でもない人々の姿が愛しい〜木内昇『惣十郎浮世始末』 (2024年6月17日11:52)
なぜ働くのか、どう働きたいのかを考える〜佐原ひかり『鳥と港』 (2024年6月10日12:27)
岸本佐知子の奇想天外爆笑エッセイ『わからない』 (2024年6月3日11:52)
ADHDと診断された作家の感覚と体験〜柴崎友香『あらゆることは今起こる』 (2024年5月27日12:17)
金子玲介の鮮烈なデビュー作『死んだ山田と教室』に夢中! (2024年5月20日11:42)
ストイックに「美」を追求する〜伊良刹那『海を覗く』 (2024年5月13日11:49)
人それぞれの「休む」が詰まったアンソロジー『休むヒント。』 (2024年5月6日10:53)
恩田陸『spring』の天才の世界に魅了される! (2024年4月22日10:55)
鈴木おさむの"小説SMAP"『もう明日が待っている』 (2024年4月15日12:51)
» 高頭佐和子 バックナンバー
TOP